上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
楽しみ : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

観覧車
出入りの新聞屋からもらった「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」の入園券
よくよく見たら3月31日までの期限付き、1枚1700円もするしろもの、期限切れで無駄にしたらもったいないということで
午後から雨模様という微妙なお天気の中わざわざでかけた
もしかしたら桜も咲いているかも・・・という淡い期待を抱いて


 桜まだ開花せず の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

菊咲一華
里山の斜面には寒さに震えるように春の妖精たちが風に揺れていた。
お彼岸なのにどん曇り、春の光が待ち遠しく思いながら山道を登っていく。
 続・城山かたくりの里花歩き2 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

カタクリ開花
先週末薄曇りの中、城山・カタクリの里に出かけた
城山カタクリの里は個人所有の山林で、カタクリの咲く春だけ一般公開される
慎ましく春の光を待つ「春の妖精・スプリングエフェメラル」の群生の里である

 城山カタクリの里花歩き の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

花
明日は雪模様の予報に買い物は今のうちにということでスーパーに立ち寄った
手にはもういっぱいの荷物にも関わらず、つい、半額に釣られて花を買ってしまった
近頃はわざわざ花屋さんの店先を覗くことも少なくなった、
季節に関係なく、聞いても覚えられないような新種の花が並び
プレゼント御用達感があって覗きにくくなっていた
それというのも花に目が留まるという余裕というものもなかったのかもしれない
買い物ついでに食卓にも花を・・・・ってことで気軽にスーパーで花を買うというのも
ありかも知れないねぇ
30有余年も前のクラックガラスの花瓶を引っ張り出してきた立春の夜

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ
2014/12/20(Sat)   NAOTの靴 : 楽しみ

ロゴ
河童さんのところで紹介されていた「NAOTの靴」→こちら
きれいなフォルムで履きやすそうな靴だなぁっとずっと気になっていた
年がら年中「地球にけっつまづいている」身としては、歩き方が悪いのか、それとも靴が悪いのか。。。と責任転嫁
足にフィットした靴に出会うのはなかなか難しいものだ

 NAOTの靴 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

ホテイ草ともみじ葉
小春日和な午後、小さな庭の水たまりのような小さな池のそばでひなたぼっこ
やることは山ほどもあるんだけど、なんとなくやる気が起こらないそんな日

 水のある風景 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

竹鶴
最近は月曜から土曜日の毎朝8時はテレビの前に座っている
朝の連続テレビ小説を楽しみに見ているからだ
話題になった「あまちゃん」の頃はまだ見ていなかった。
どんなものかと1、2度見ることは見たが、話が途中からだったので流れがつかめず続かなかった。
その後の「ごちそうさん」は第1回目からしっかり見た。
おもに大阪と東京の文化と味覚の違いをテーマにしていたので、結構興味深く見ていた。
その次は「花子とアン」
「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の物語
かつて中学生の頃に夢中になって読んだ「赤毛のアン」シリーズ
懐かしく思えて、つい、またもや朝の忙しい時間をテレビの前に座ることとなった。
そしてこの9月29日から「ニッカウィスキー」創業者の「竹鶴政孝」がモデルの物語「マッサン」が始まった。


 朝の連続テレビ小説「マッサン」 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ
2014/04/10(Thu)   桜舞い散る : 楽しみ

葉桜1
春の楽しみは「お花見」
お弁当を食べて、お酒も飲んで、歌なんかもちょっと歌っちゃたりして、春うららな一日を過ごすのがいのちの洗濯
ああ、今年も桜を愛でることができたね・・・そんなささやかな感慨も混じった春の宴
 桜舞い散る の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

ガス灯館
快晴の休日 東京小平の東京ガス ガスミュージアムに久々に訪れた

 ガス ミュージアム の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

黄葉散歩
そのうちに晴れ間がでてくるだろうからと紅葉を求めて出かけた
     秋と呼ぶにはもう遅い12月も半ば、初冬の趣の候
 初冬の紅葉散歩 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

見晴らし台から
高知県立牧野植物園・見晴らし台から高知市内を望む
昨夜来からの激しい雨は午後にはしとしと雨に変わった

        土佐はいつも「お帰り」やき・・・と河童さんは言う

いつしか、低く連なる山々を覆う雲には薄日が差し始めてきた

その土地に生まれ育ったわけでもないけれど 「ただいまぁ~」といって帰る場所がある
そしてその場所には「お帰り」と言ってくれる人たちがいてくれる
使い古した言葉だけど「ありがたいことだなあ」としみじみ思った

 帰る場所~土佐帰郷2013晩秋抄 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

                ブルーフレーム
                冬の暖房は炬燵一筋で頑張ってきた
                暑さにも寒さにも強い女であることを自負してきたが
                (ただ、鈍感なだけなんじゃないのとも言われる)
                しかし寄る年波のせいか、寒さがちょいと身に染みるようになってきた
                そこで今年はニューフェースの登場とあいなった
 この冬、期待のニューフェイス~今夜はビーフシチュウ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

013_20130518071709.jpg
いたずらっ子でお転婆 ちょいとシニカルなリトルミィのカルーセル
 くるくるまわる の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

読書   読書


近頃は
もっぱら、中古本を注文している
届いたからといって全部、読んでいるわけでもなく
「置いておく」という本が増えてしまった
「置い読」というわけだ






 読ん読、置い読 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

曲げわっぱ
待ちかねていた駿河漆器の曲げわっぱの弁当箱が届いた
静岡県の若き職人塩澤佳英さん作のものだ


予約満杯で来年になるかなあとあきらめていたが
思わぬほど、早く届いた


塩澤さんはこう言っている

     ボクの仕事は
     ヒノキを切る
     ヒノキを曲げる
     うるしを塗る
     以上。

     単純そうですけど
     奥はふかい

     いまだに底がみえません



                        曲げわっぱ
木の風合いを生かした塗りとその形が
とても美しい
使い込んでいくたびに愛着が湧いてくる品だと思う
使うのが楽しみだ



「使い込んでいく美」
かっこよく言えば「用の美」とでもいうのかな

                             

               銅卵焼き器
               毎度お世話になっている銅の玉子焼き器
               だんだんと年季が入ってきました


星野銅銀銅壷店の品物
銅職人の星野さんは「道具、物について」の三原則があるといっていた

     まず、形がいい
     それから、丈夫なこと
     使いいい


     そして、手で作ったからってそう馬鹿ばかしく高いものは
     本物じゃないと思う
     



道具や物を選ぶとき
この三原則は
私の基本となっている

そう、価格もあまりにも突拍子もないものには
まず、心が動かない


「もの」を通してココロが
伝わる
そういう「もの」にこれから、いくつ出会えるのかな?


                             つづく

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

弘法山からの展望
2012年11月18日(日)秋恒例のボジョレーオフ会
展望台から大山がよく見えた
参加メンバー:わっきーさん、こーへーくん、ピンクベアさん、山猫さん、
       ぜいぜいさん、食う寝るさん、きぬ


前日までの仕事の影響か当日朝、
天気はいいのに体調悪く起きれませんで
大遅刻!!
しかも、乗る方向の電車を間違え
振出しに戻り
余裕をかまして「箱根そば」に立ち寄ったものの
熱くてふうふうしてたら
電車が思いのほか早く来てしまったので
五分の二ほど残して飛び乗った
ああ、もったいないことをした


「だから、無理だって言ったでしょ!」


はいはい、そんなわけで
みんな私が悪いのです


                       弘法山登山口
ということで、集合場所の鶴巻温泉から登らず、
いや、登れず
直接、山頂を目指すこととなった
去年のあてにならない記憶を頼りに
登山口を無事探しあてた



展望台
結構な登りを行くこと、30~40分ほどで
展望台のある宴会場へ到着



ボジョレー
遅れたお詫びも早々に
わっきーさんの鍋焼きうどんと
ボジョレーに預かります

                              ピザ
ぜいぜいさんの手づくりの熱々山ピザ


           パウンドケーキ
ピンクベアさんの奥さん手作りのパウンドケーキ
                              パウンドケーキ
ほんのり洋酒の香りが漂い、美味しかった


こーへーくんと
どんぐり拾い
ビニール袋一杯の収穫(でも。晩のおかずにはならんねえ(ー_ー)!!
しばらく遊んだら
そろそろお開き



下山
わっきーさんとこーへーくん

                  乾杯
下山後の2次会は、これも昨年、好評だった?「庄屋」宴会
他にも登山客が大勢来て
「庄屋で遭難、わはは~」なんて会話が飛び交っていた


                  船盛り
おお、見事な船盛り

青空のした
秋の午後、強烈な陽を浴びながら(あちかったね~)
今年のボジョレーヌーヴォーをまったりと味わい
わいわいと登ったり下ったり
楽しい一日


小田急線のホームで
急にぶり返し
ワインの飲み残しで
薬を飲んだ
効くかな ああ

ぜいぜいさんのレポは→こちら


◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ
2012/10/02(Tue)   秋の風物詩 : 楽しみ

秋の味覚といえば、サンマ
ということで
焼き立てサンマを食べようと散歩に出かけた

サンマは秋刀魚とも書く
秋の月夜にサンマを獲った時
魚体が刀のように美しく見えたということから
きているという
そういわれると確かに
細めですらっとした姿が
月夜に光っている様子が眼に浮かんでくる




サンマ焼き器
炭火の煙に伴って
香ばしい匂いがあたり一面に立ち込める


よくよく見れば
排水側溝のコンクリを利用したサンマ焼き器
ナイスアイデアですね



焼きサンマ
次々と
程よい焦げ目のついたサンマが
手際よく焼けていく




焼きサンマ
さあ、じゅうじゅう焼き立てのサンマを
召し上がれ!
おろしもついてるぞ
塩加減もちょうどよく
うまぁ~~い

あらま~
あちらの席では

白いご飯を詰め込んだタッパー持参で
サンマをつついているよ


ああ、おいしそう
白いご飯が欲しくなった



今夜は中秋の名月
けれども午後からは台風17号の接近で
あらら、残念


名月の夜
あいにくの暴風雨となって
見えない名月
「雨月」という



お月見セット
まあるいチーズケーキを見立てて
屋内お月見


チーズケーキ
その後、お月様をパクリと食べた



雨が窓を叩きつけ
風が唸っている

野分
野の草をなぎ倒すほどの強い風
風が草を分けるという


日付も変わる頃
風の音が止み
窓を開けてみると
天心に
ポッカと浮かんだ月が
煌々と緩やかに
光を放っていた

もう10月になる



◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

森林鉄道
木曽の赤沢自然休養林にて

かつて、切り出した木曽檜を運んだ
木曽森林鉄道王滝線の一部区間を保存運行している
 2012夏山~その天候不安定につき・・・トロッコ列車に乗って の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

河原

土曜日、仕事で遅くなり
遠出の気力もなく
8月最後の日曜日は
河原でお手軽デイキャンプ
 8月最後の日曜日 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

迎え火
木曽の元宿場町の路地に
小さな火がぽっかりと
揺らいでいた

 その天候不安定につき・・・木曽のお盆 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

馬籠宿

その天候不安定につき
進路を北ア方面から
木曽へと変更
木曽駒さんのお世話になる事となった


いまだ夜も明けぬ頃、中山道 木曽路馬籠宿から妻籠宿へ

 その天候不安定につき・・・木曽宿場町を歩く の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

三溪園

土曜日は仕事だった

そして
明日はかねがね憧れていたあの山へと
行先まで決めてはいた
なのに
毎度の様々な都合にて

季節の風物詩
「早朝観蓮会」に出かけることとなった



 早朝観蓮会~横浜三溪園 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

飛来峰から望む
飛来峰から南湖、堰月橋(えんげつきょう)を望む

思わぬことから積年の「こんぴら参り」が叶い

そして、讃岐うどんめぐりの途中に
これまた、思いもかけず
憧れの香川県高松市の「栗林公園」(りつりんこうえん)を
尋ねるという、とびっきりのおまけがついた


と、まあ、今年の運をすべて使い果たしてしまったかのような
うれしいたのしい
讃岐めぐりは続く



 2012帰郷~讃岐編 栗林公園、東の空へ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

加美代飴
こんぴら名物「加美代飴」のお店にて、和宏さん
参道を挟んで大きな傘を広げ、左右に並ぶ飴屋
境内での営業を許された由緒あるお店である

さて、「食う寝る’S BAR」での予告篇
讃岐編はきぬさんのブログ heabunly blueにて近日公開される予定
というわけで
本日公開な讃岐「こんぴら参り」


河童さん「明日はろくべえさんとかおさんが讃岐うどん巡りに
      連れてってくれるよ」

きぬ「讃岐? 金比羅参りは一生に一度の夢です」
     (もしかしたら、二度あるかもしれませんが)

河童「へえ、じゃ、ろくべいさんに話しておくね」

と、まさかの、ほんとの、ひょうたんから「金毘羅参り」


はてさて、はるばる東国から空を飛び、金毘羅さんへお参りの話
 2012帰郷~讃岐編こんぴら参り の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

グイミ
水田へ行く途中
グミ(グミ科のグミ属の総称)の実をみつけた
tochikoさんは「グイミ」と呼んでいた
赤く熟した実はかすかな甘みと
酸味がある
一粒もいで口に入れると
最後にじわ~っと渋みが口の中に残った



食う寝るさんだ~す氏の2012帰郷」~檮原へ(グルメ編)⇒こちらから
バトンを受け取ったものの
さてバトン持ってうろうろ、
本日、やっとバトンスタート、幾分遅れての「檮原にて」
アイガモ草取り部隊の活躍編


 2012帰郷~檮原にて「檮原アイガモ草取り隊」活躍編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

ふるさとの道
檮原の道


友人たちは
ほんまかいな?な気持ちを漂わせて「江戸っ子きぬさん」と呼ぶ
所以は、いちおう、三代さかのぼっての東京生まれということのみ。
産湯を浸かった地は今では24時間眠らない歓楽の街となってしまった



そして育った地は東京近郊の祖父母と暮らした小さな町
数年前に墓参の折に寄ってみれば
かつて暮らした家は跡形もなく
少し色あせた茶色の今どきの住宅が建っていた。
そして、玄関にかけられた小さな表札には
見知らぬ名前が書かれていた。
わかってはいたことだけれども
もう、ここには何も残っていないことをこの目で確認した。
そう、ここには二度と来ることはないことも
確信した。
寂しいというよりも、「これでいい」という思いだった。



 2012帰郷~ふるさとは遠きにありて・・・ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

本日の最終目的地は集いの家である
渋滞回避のつもりが
高遠城址公園方面へナビは導く
あら、いやに空いてるじゃない!
なら、せっかくだから桜見物


桜枝
咲いてる咲いてる
誘われて
老若男女が桜に酔う






 高遠桜、再び の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

散策
江戸と京の都を結ぶ重要な街道であった
旧中山道六十九次
三十四番目の宿場町 奈良井宿
うららかな春の陽ざしのもと
ゆらゆらのんびりと歩いた



 木曽路・奈良井宿にて の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

府中郷土の森
春の便りに誘われて
百草園から
府中へと
足を延ばした
 梅めぐり~その2府中郷土の森 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(8) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

百草園
やっと、やっと、春の便りが届いたので
春分の日
和散歩に出かけた
 梅めぐり~その1百草園へ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。