上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
石割山~大平山 富士に向かって歩く : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

5月9日(土)かねがね歩きたいと思っていたコースを歩いてきた。

*コース:石割神社赤い鳥居の駐車場9:30スタート→石割神社・御神体廻り10:00/10:15→石割山山頂10:30→平尾山11:15→大平山12:00/13:15→飯盛山13:30→
長池山13:43→ホテルマウント富士14:00→
石割神社赤い鳥居の駐車場14:30→石割りの湯14:45 

富士見美人
富士見美人? 
モデルは同行のSさん、淹れたてコーヒーを飲みながら真白き富士を見るの図。
-- ◇ 石割山~大平山 富士に向かって歩く の続き --

分県ガイド「山梨県の山」(長沢洋著・山と渓谷社)に富士山に向かって歩く爽快な草尾根と紹介されていて、そのコースを今年3月にたけさんが歩かれたレポをみて以来、いつか歩こうと思っていた。
連休も明けて、世間は「連休疲れ」で週末は高速も富士五湖方面もたぶんすいてきているだろうからとふんで、「富士山を目指すお薦めのコースがあるから、行きませんか」と友人たちを誘った。

平野から道志みちに入って少し先の左側の道端に赤い鳥居があったので、すぐ入口も分かり無事に石割神社駐車場に到着。黄色い太鼓橋を渡って赤い鳥居をくぐると、
石割神社赤い鳥居と橋

天まで届くような400段の石の階段が待ち受けていた。
天に続く階段
「あは~、ご利益に与るにはこれくらいの苦労はしなくちゃだね」とハーハーヒーヒー言いながら
階段を上って行く。階段端にはたくさんのオオタチツボスミレが「ホレホレがんばりなされ!」と
微笑んでいるかのよう。ここは本日1番のきついところだ。

階段が終わり、少し歩くと八合目の石割神社。
石割神社


ご神体
石割神社の御神体の大岩は「石」という字に割れていることからついた名前だそうで、「無病息災」など様々なご利益があるとのこと。

さらに、この二つに割れた岩の隙間を三回通れば幸運が開かれると書いてある。
しかし、悪いことをした人は岩に挟まれてしまうとも書いてあるので、ヒヤリとしますが(身に覚えが?)、
いやいや誰でも一つや二つ、叩けば埃の出る身、と、ここはひとつ、神様のお慈悲におすがりいたしましょう。
石割神社
と大急ぎで三回、たくさんの願いを秘めて廻る。
やはり狭い割れ目は少しドキドキするなぁ。


神社から平坦な道を少し歩き、登山らしくなった道を登ると石割山山頂。
石割山頂
「おお~、富士山でっか~」とみなで大喜びしますが、
まだまだ、もっと「でっか~」にあえるんだよと、記念写真を取り、先を急ぎます。

山頂の草上の家族
草上の家族
老柴ワンもシートの上に座っておにぎりを食べていた、微笑ましい風景だ。



さあ、富士山を目指して歩こう。だんだんと大きくなる富士を真正面に仰ぎながら
平尾山からの尾根歩き
さらにいくつかの上り下りを繰り返してパラグライダーの基地を越えて、
そして目を上げると
大平山からの富士
そこには湖水を従えた「でっか~富士」がどどん~と待っている。大平山山頂到着。


歩いてきた稜線を振り返る
歩いてきた稜線
石割山もはるかに。


なぜにこうも富士にときめくのか。
地元の多摩川の河原から「富士山」が見えた朝は、同じことの繰り返しのような日々も
何か意味をもっているかのように、いい日になりそうに思えてくる。
それが、きょうは一日中、富士山にお目見えの日。ほんと、長沢さんの本にもあったが、
今夜は夢にまで富士山が出てきそうだなぁ。


富士と山中湖を眺めながらのトン汁のお昼。
トン汁おかず鶏と卵の煮物、漬物、煮豆など。


景色
若いカップルが語らいながら、この風景を眺めていた。
いいなあ。

パラグライダー基地では、風を待つ人が
パラグライダー1


さあ、風を受けて
パラグライダー2


そーれ、風に乗って
パラグライダー6


ふわり、ふわふわ、山の彼方へ
パラグライダー7


食後のコーヒー飲みながら、まったり、ほっこりと富士を山中湖を
ただボーと眺める至福のひととき。
さあさあ、そろそろ出発だ。
目を上げれば富士
富士に向かって歩く


足元の緑の草地にスバルのように瞬くフデリンドウ
フデリンドウ


緑のシャワーを浴びながら、飯盛山、長池山を越えてホテルマウント富士まで歩く。
緑のシャワー



当初の計画では湖水を巡る「ふじっ湖号」循環バスを利用して石割神社駐車場へ戻る予定だったが、タクシー利用で石割神社駐車場へ帰着。


富士山を真正面に向かって歩いていると、このまま富士山にまで
登っていけそうな気がしてくる。
日ごろのグチグチやモヤモヤが一気に晴れるような、清々しい山歩きとなった。
◇ コメントを書く/見る(12) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  05/15 21:17 | edit
階段はちとしんどいけど、いいコースだなあ。
富士山を見ながらの歩きって気持ちいいよね。
丹沢だって富士山見えそうで山頂まで行かないとなかなかみられないんだよね。
そのくせガスってる方が多いときてる。
幸せな時間だったね~


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  05/15 23:52 | edit
いいコースなのに、以外と人に会わないところもよかったですよ。
大平山からは誰にも会わなんだな。
歩きながら、富士山見てると、富士山のパワーに癒されるようでした。
ガスってる丹沢もぜいぜいさんの写真見ると、神秘的な雰囲気でいいな~と思います。






[ ]          ◇ はっしー@土曜出勤 | URL |  05/16 12:36 | edit
下まで富士山見えててすごいですねーv-405

ま、場所がどこだかわかってないんですけど・・・v-388


[はっしーさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  05/17 07:02 | edit
はっしーさんは土曜出勤でしたか、私はPTA活動でした。現金なものでせっかくの天気のよい山日和な土日に出勤や用事があると、ブーブーですがv-16、昨日みたいに曇や天気悪かったりだと、どうせ山行けないから、まっ、いいかーv-391なんて、つい思ってしまいます。

石割山は富士五湖の山中湖畔にあり、山梨百名山の山にもなっています。石割神社は縁結びのご利益もありますので、いつかはっしーさんもいかがですか?やせてモテモテになりますよう、でもくれぐれも時計方向に3回廻ってくださいね。


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  05/17 22:30 | edit
ここ実は今週狙いでした・・・なんだよあの風と雨(笑)
お家で過しちゃいました^^;
タイミング逃した~!
悔しいからこのレポで堪能します(^_-)-☆



[食う寝るさんだ~すさんへ  ]          ◇ きぬ | URL |  05/18 06:42 | edit
せっかく狙っていたのに残念でしたね。ここは私のお気に入りスポットになりそうです。「へこたれそうな時」に来たら元気になりそうですし、山頂から「バ○ヤロー!」とか叫んでみたらすっきりしそうです。
ぜひ、お天気の良い日にいらっしゃってください。
あっ、それから石割神社詣りもお忘れなく。くれぐれも廻るのは時計方向に3回ですよ。


[ ]          ◇ まきくま | URL |  05/20 23:37 | edit
あ、あれ? ネコになってる!
この辺りの山行きたいのは山やまですが、なんだかあんまし縁がなくて歩けてません。
いい感じですねえ。
でもなんでだろ、1人でいく山じゃないような気がして、なんとなく。。。
ラブラブお弁当持って出かけたいなあ。。。。


[まきくまさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  05/21 22:35 | edit
>あ、あれ? ネコになってる!

そうなんです、季節も変わり衣替えでもと思ってテンプレート探してましたら、やっと、お茶間系にゃんこが見つかりました。ブログ内容とはあまり関わりなくても、まっ、いいか~と、採用させていただきました。

>でもなんでだろ、1人でいく山じゃないような気がして、
らぶらぶ弁はもう作れません(遠い昔のことで忘れました)が、なかよし弁(三色弁当)なら作れそうですので←(意味不明?)、いつでもお声かけてくださいね。


[ ]          ◇ Shima | URL |  05/24 19:03 | edit
山を頑張って登ったら、富士山があった。
う~ん、最高でしょうね~
やっぱり富士山は、こうやって眺めるのがいい!


[Shimaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  05/25 08:04 | edit
でっかい富士山目の当たりにしての、おひるごはんは
最高に爽快でしたよ。
山中湖の全体像も見えて、白鳥の姿しているっていうのも
納得でした。


[はじめまして ]          ◇ めろん | URL |  05/26 12:53 | edit
富士山に向かって歩くすてきなコースですね。
とても気持ちよさそう。



[めろんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  05/26 23:43 | edit
めろんさん、こちらこそ、はじめまして、
コメントありがとうございます。

富士山に向かって歩くこのコースはお奨めですよ。
不思議なものですね。富士山を見ると、なぜか気持ちが晴れ晴れとしてくるって言うのは
なぜなんでしょうね。
季節を変えて、また訪れてみたいコースです。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/99-0391070d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。