上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
塔の岳&鍋割山~心臓破りの階段と戦う?の巻 : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

19日の木曜日に「入笠山」に行ったというのに、3日後の日曜日、またまた、山歩きに出かけた。
今度の行先は「塔の岳から鍋割山」。
今日もいい天気だ!
塔の岳山頂からの富士山

-- ◇ 塔の岳&鍋割山~心臓破りの階段と戦う?の巻 の続き --

今日のコース(2009年2月22日・日曜):8:45 大倉出発→9:05 観音茶屋→9:20 見晴茶屋→10:00 駒止茶屋→10:25 堀山の家→11:15 花立山荘→11:45塔の岳山頂 12:10出発→13:15鍋割山 13:50出発→16:10 大倉 

まず、同行のMさんとの待ち合わせの小田急電車に乗り遅れた。
駅のホームに着いたら、ちょうどその電車が出て行った。
ああ、あの時、歩行者赤信号でも渡っていれば、車もいなかったし、間に合ったよね~と後悔。
慌ててメールで「渋谷まで頑張って追いかけます!」とメールを打つ。
送信直前、「渋沢だ!」と気づく。「渋谷」に行ってどうする?である。
どう頑張っても、各駅停車は急行に追いつくわけもなく、すみません。

そんなこんなで遅れて
8時45分のスタートとなってしまった。
観音茶屋あたりまでは、ふふ~んな道。

ところが、見晴し茶屋過ぎあたりから、急坂になり石ころごろごろが登場。
階段


まっ、ここまではガンバレマス。
そ~、駒止茶屋あたりから、富士山も見え始め、
富士山
ガンバリマス度がアップする。


右には表尾根も木々の間から澄んだ空と一緒に見えている。
表尾根




堀山の家を過ぎた平なところで、休憩。
腹ごしらえ。朝、急いでいたのでバナナ1本じゃ、持たない。
おにぎりをしっかり食べて備え十分。

いよいよ、うわさのあいつの登場だ。
「心臓破りの階段」とも言われる、花立山荘前のきつーいあいつだ。
花立前の階段

登っても登っても終わらない。
登っても登っても、階段は続くよ、どこまでも。
なんだかだんだんと腹が立ってきた。

「こちとら、子ども3人も産んだんだ!
産みの苦しみってやつを3度も味わっているんだぞ~!
あの苦しみに比べたら、なんだ!こんな階段」と
開き直って、ガンガン登ってやりました!
いえ、いえ、
ヒーハーヒーフー言ってやっと登った。
今、思えばなにもそんな産みの何とやらまで、持ち出さずともと、思う。

やれやれ、花立山荘に到着。
雪化粧した富士山もみえて、登り終わった人々が一息入れている。
ここで少し一休みし、塔をめざせ。

惜しくも?
やっと階段卒業かと思ったら、
今度は雪やら氷が溶けた泥んこ田植歩きが続く。

ぐじゅぐじゅな「馬の背」とか言う狭い尾根もおっかなびっくり通り抜け、
遥か先の上を見ると、塔の尊仏山荘が見えている。
いや~、まだ、もうひと山登るんかい?な、溜息。

しばらく登り、またしても階段かよ~。
でもでも、頂上は待っていてくれた。
11時40分、
わ~い、着いたよ~。塔の岳山頂
塔の岳山頂

山頂を1周、るんるんでまわります。
富士山も蛭ヶ岳も丹沢山も、ぐる~っと大展望。

小腹がすいたので、おにぎりを食べ、
鍋割山を目指す。
鍋割山陵
鍋割山陵、大丸、小丸の静かな尾根歩き。


大丸尾根
ブナの美しい道が心を穏やかに導いてくれるよう。


1時間ほどで鍋割山到着。鍋割に来たら、やっぱこれでしょう!


鍋焼きうどん
鍋割名物鍋焼きうどん
今日は、南瓜・蓮根の天ぷら、しめじ、えのき、葱、油揚げ、半熟玉子、なるとが3枚だ。



人も鹿もいない山頂。
鍋割山頂



風もさほど強くないので、寒気の外でふ~ふ~言って食べるうどんは格別だ。
最後にとっておいた半熟玉子をじゅるじゅうると食べると、お腹ん中はほっかほっか。


元気と暖をもらって、さあ、もうひとがんばりだ。
午後1時50分に出発。、ぐんぐん下って、二俣で一息。
それから、なが~い西山林道を辿って、大倉バス停着 4時10分。
ああ、今日はよく歩いたなあ。
いつもなら、温泉といきたいところ。
帰りの電車に鶴巻温泉があるが、わざわざ下車してまで寄りたくないので、
家に帰って、「湯布院温泉」の素を入れた、えせ温泉で疲れを癒した。






◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  02/24 15:46 | edit
おにぎり2個と鍋焼きうどんかあ・・・
苦しくなかった?

きぬさん、歩くの早いなあ。私は最近大倉尾根行ってないけど、
絶対3hじゃ無理です~


[ぜいぜいさんへ  ]          ◇ きぬ | URL |  02/24 17:23 | edit
うん、あまり、苦しくなかったと思う、、、今は。最後のおつゆまでずーずーでした。
でも、お腹いっぱいになって、瞼がとろん、眠くなりました。
お腹がすくとヘタレになるので、山では炭水化物をたくさん取ります。
ですから、山行って体重減ったことはないようです。

3hでは早いのかどうか、わかりませんが、
また、登ってみたいような、もうしばらくは勘弁してくれっ!なような
複雑な気持ちです。


[ ]          ◇ fu-co | URL |  03/03 15:58 | edit
きぬさん、こんにちは!
先日はお会いできて嬉しかったです。今後ともよろしくお願いします!
2月に塔の岳と鍋割山ですか?タフですね!
大倉尾根はこれまでに2回登り、一回下りに使ったことががありますが、けっこうしんどいですよね~私、鍋割山はまだ登ったことがないのです。鍋割山荘のうどんもおいしそうですね!やっぱり頑張って大倉尾根登ってみようかな!!


[fu-coさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  03/03 18:05 | edit
こちらこそ、お会いできましてとってもうれしかったです。かねがね、花や山の写真を拝見に伺っていたので、もしもしもしも、
機会があれば、お話してみたいな~、ご一緒できたらな~っと願っていたのです。
今回、fu-coさんが、勇気を持って参加表明できたのは、もしかしたら、きぬのおいでおいで光線に引かれたのかもしれませんよね。

大倉尾根はやはり階段がネックですよね。
でも、西山林道から鍋割山に登るコースも静かでいいですよ。
「鍋焼きうどん、鍋割うどん」と呪文を唱えながら登ると、大変ご利益ありますよ。
これからもどぞよろしくお願いいたします。



管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/80-a215bb67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。