上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
高川山~一大事編 : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

さて、さて、富士急田野倉駅で急行の待ち合わせをし、「赤坂駅」へ。
都合により、一切写真はありません。



-- ◇ 高川山~一大事編 の続き --

初めて乗る富士急行線、車窓に映る景色を眺めながら
「大月市秀麗富嶽十二景」を想う。、
高川山山頂の掲示板にはこう書いてあった。


大月市域の十八の山頂から望む美しい富士山を市のシンボルとし、
併せて、ふるさとの自然をそのまま後世に伝えようと意図したものです。

これら十二景山頂からは前山を従えて十二単を着たような富士山を望めるのが特徴です。


 1番山頂………姥子山(うばこやま・1,503m)
 2番山頂………牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま・1,995m)
 2番山頂………小金沢山(こがねざわやま・2,014m)
 3番山頂………大蔵高丸(おおくらたかまる・1,781m)
 3番山頂………ハマイバ丸(はまいばまる・1,752m)
 4番山頂………滝子山(たきごやま・1,590m)
 4番山頂………笹子雁ヶ腹摺山(ささごがんがはらすりやま・1,358m)
 5番山頂………奈良倉山(ならくらやま・1,349m)
 6番山頂………扇山(おうぎやま・1,138m)
 7番山頂………百蔵山(ももくらさん・1,003m)
 8番山頂………岩殿山(いわどのさん・634m)
 9番山頂………高畑山(たかはたやま・982m)
 9番山頂………倉岳山(くらたけやま・990m)
 10番山頂……九鬼山(くきさん・970m)
 11番山頂……高川山(たかがわやま・976m)
 12番山頂……本社ヶ丸(ほんじゃがまる・1,631m)
 12番山頂……清八山(せいはちやま・1,593m)

テーマを決めて山に登るのもいいな~とも思う。
例えば「日本百名山」など、でも、遠いところもあるし、
もう少し、身近なところから、、、

ならば、「山梨百名山」とかこの「富嶽十二景」などあたりからがいいかもしれない。

車中、Hさんとそんなことを話しながら、次はどこがいいかしらね~。


赤坂駅に到着。
さあさあ、温泉風呂

タクシーを呼ぼう。

あれ~、なんか、微妙にザックが軽いような。

底のほうにあるかな~、デジイチクン絵文字名を入力してください

う~ん、見当たらないな、逆さにしてももちろんでてきやしない!

ええっ!
まさかkao05

置き忘れた?
どこに?
え~っと、、、え~っと!え~っと!!
思い出せ、自分!
たぶん、田野倉駅で切符買ったときに、どこかに置いたかも?

田野倉駅に連絡してもらおう、、
しかし、駅室のドアを叩くが、
赤坂駅は無人駅だった。

じゃ~、さっき切符受け取った駅員はどこへ。

ああ、あれはきっと、乗ってきた電車の車掌さんがホームに降りて受け取ったんだよね
と、どうでもよいことは思いつく。
そんなことより、カメラの在り処を思いつけ!って、我ながら、情けない。


機転の利くHさん、大月駅に電話してみようよ、
田野倉駅の電話番号は掲示されていないから。

なんとまー心強い、
自分の頭の中は真白。

震える手で携帯を打つ。
大月駅から田野倉駅へ連絡して
探してもらったがなかった。がっくり

あの~、もしかしたら、電車の中かも、

大月駅員「何時の電車ですか?」
きぬ「え~っと、たった今の電車です」

大「ちょうど2本あるので、どっちですかね、」
き「そなことわっかりません。」

なんとか、乗った電車がわかり、車掌さんに連絡取ってくれるとのこと。

き「あの~、わたしの携帯番号わかりますか?」
大「ハイ、今、伺いましたよ」

ああ、何しゃべっていたのかも、わからん。

Hさん、「温泉どうします?」
き「行きましょう」

ということで、タクシーを呼ぶ。

しばらくして、
携帯が鳴る。

えっと、えっと、、、
祈るような気持で出る。

大「ありましたよ。」
き「あああああありがとうございます」

富士急行線の皆様、お世話掛けました。
お礼にURL貼らせていただきます

迅速な対応に感謝。
温泉の帰りに「大月駅」で受け取ることになる。

これで、心おきなく温泉に浸かれます。
Hさん、皆さん、お騒せしてすみません、

芭蕉、月待ちの湯へ。
明るく広い浴室と、低温、中温、高温、露天がある。

一大事も無事解決、、露天で「ふぁ~~」たはー

湯あがりにビール、酎杯で乾杯。

おいおい、いい気分になってうっかり「大月駅」に寄るのを忘れないようにね。

きょうのコース:自宅6:50→中央本線・初狩駅9:45スタート→登山口10:00→山頂11:00/12:00→松葉入13:00→田野倉駅13:30→芭蕉月待ちの湯14:20/16:00位→自宅19:40

帰りの電車は「トーマスランド号」に乗車。
ああ、カメラなく、残念。トーマス号は上の富士急行線のURLにでてます。

あの、帰りにはちゃんと大月駅に寄った。
駅員さんから「カメラは首からぶら下げておいたほうがいいですよ~」と。
「はい、以後、気をつけます。」jumee☆sweat2Rb



◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[No title ]          ◇ Shima | URL |  12/25 15:45 | edit
やっちまったな~!

きぬさんのあわてぶりが目に浮かびます。
一人じゃなくて良かったね。

やっぱり電車の旅も良いね~
乗ってしまえばす~いすいだもん。
 



[Shimaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  12/25 21:16 | edit
はい、そのとおりです。
でも、無事に戻ってきて、本当に幸運でした。

降りてすぐに気がついてよかったです、もし、もっと後なら、どうなっていたかわかりません。でも、忘れないのが何よりなので、反省です。

向かい合って座るボックス電車はやはり、旅気分がでます。
つい、リラックスしすぎました。v-390


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/65-e121fb57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。