上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
初冬の西沢渓谷 : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

マチルダさんと、11月中旬に行く約束だった西沢渓谷、当日の朝、私の吐き気頭痛でドタキャンしてしまい、
「面目ねぇ」ってことで、再度、こだわって西沢渓谷に12月2日(火)にリベンジ。

つらら

紅葉の賑わいもとっくに過ぎ、冬の到来を告げているかのように、
つららが陽にあたって、キラキラしていた。



-- ◇ 初冬の西沢渓谷 の続き --

前の晩、もう今度は頭痛くなりませんように、気持ち悪くなりませんように、お天気よくなりますように、と祈って寝た。

果たして、

当日、
多摩地区は曇り、上野原あたりで小雨、

ところが、なが~い笹子トンネルを抜けたら
絵文字名を入力してくださいjumee☆peace1
やっぱりね、日ごろの行いが~ と言いたいところだが、
自慢できるような善き行いは思い当たらない。
が、よかった~。感謝である。

ちょっと手前の広瀬ダムに寄り道。
広瀬ダム
正面の「木賊山」には雪が降りている。



午前10時到着、市営の西沢渓谷駐車場に車を止める。1台だけ止まっていた。
西沢大橋
国道140号線、雁坂トンネルへと続く西沢大橋、下から見ると、こんなだったんだね。

林道を歩きだしたら、何と、ヒールの靴に、スカート姿の若いお嬢さん二人が帰ってくる。
まさか、その格好で行ったんじゃないよね~と思って、声をかけてみたら、
途中までで引き返してきたとのこと、
「ですよね~。」と、お互い、うなずく。
こっちは帽子、マフラー、手袋、登山靴姿のおばちゃん二人。
渓谷入口には、12月から冬装備で入山ください、と看板があった。
12月からは「旧森林軌道」は通行止めとなって、七ッ釜五段の滝からの折り返しとなっている。


三重の滝 
三重の滝
すっかり、枯れた景色、渓谷には、岩を跳ねる水の音だけが響いている。


静かな渓谷


所々凍って滑りやすい岩、気をつけて歩く。
渓谷を往復して今日は誰にも会わなかった、
こんな中途半端な時期に来る人などいないのかもしれない。
空気はキーンと張った冷気を含み、
岩肌には透き通ったつららが下がっている。こんな時期の渓谷歩きもいいものだ。

落ち葉
霜に濡れた落ち葉がワックスかけたように艶めいている。



竜神の滝
竜神の滝
水の色が10月に訪れたときと(10月23日・紅葉前の渓谷)違って見える。
もっと、澄んだ青だったように思うが、
冬の水の色は「蒼」といったように少し黒を含んでいるように見える。
紫外線のせいだろうか?

そんなことなど話しながら、登って行くと
七ッ釜五段の滝に到着。

通行止め
やっぱりあったね、通行止め。横っちょに置いてあるので、行けそうだが、
ここから折り返し。

降雪
11月末には雪が降ったそうで、まだ少し残っていた。


橋の上から
七ツ釜五段の滝



折り返しからの水の流れに沿って下る岩場は滑りやすく、注意が必要。
行きとはまた違った景色。
途中の陽だまりで水の音に耳を澄ませ、おにぎりを食べる。
あとであったかいソバでも食べたいね。

穏やかな林道沿いのせせらぎ
林道


ネトリ(子酉)橋から吊橋が見えた
吊橋
危うそうな気配がするので

笹をかきわけて入口を探してみると

あった!

吊橋

手前の看板には
「この吊橋は腐っているところがありますので危ないです。
渡って落ちても責任は持てません。」
とか書いてある。

こんな状態なのに、通行止めにしないのか!と正直思ったよ。

駐車場に戻ったら、1時半、うちの車だけになっていた。
お天気が良くても、渓谷は山の陰となってかなり冷え込んでいた。

温かい猪豚ラーメンといきたいところだったが、みちの駅みとみは定休日。
蒟蒻館で蒟蒻ラーメンを食べる。

帰りに「白龍閣」日帰り温泉に浸かる。
露天に入るが、対岸の道路から丸見えではないかと、気がかりになるが
まっ、いいか~と、入る。(はじらいもなくなるお年頃か?)

誰か通ったら手でも振ってみようと待っていたが、残念ながら?誰も通らなかった。
(敬遠されたかな?)

帰りの中央道、府中あたりで事故渋滞、予定より30分遅れで帰着。
マチルダさん、寒い中ありがとう、
枯れた渓谷もよかったでしょ、でも、新緑、紅葉の時期もご一緒しましょうね。

きょうのコース12月2日(火):自宅7時出発→待ち合わせ7時半:広瀬ダム9時40分→西沢渓谷駐車場10時→七ツ釜五段の滝11:40→西沢渓谷駐車場13時30分→蒟蒻館・白龍閣14時/16時→勝沼インター→自宅帰着18:30








◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[No title ]          ◇ ぜいぜい | URL |  12/06 11:41 | edit
冬の滝もき~んとしていていいですね。
凍った滝も見てみたいな。

明日はよろしくです。
私の携帯をご連絡したいので、私のHPの(ぜいぜいの山へ行こう)の一番下のブルーの封筒のアイコンがメールになっていますので、そこにきぬさんのメルアド送っていただけますでしょうか。よろしくです。




[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  12/06 18:38 | edit
先ほど、青い封筒にメルアド送りました。
うまくついたかな~。

西沢渓谷の氷瀑、見てみたいものですね。
でも、滝に辿り着くまでが大変そうです。アイゼンやピッケルも必要なんですよね。




[Re: 初冬の西沢渓谷 ]          ◇ Shima | URL |  12/11 00:13 | edit
こんなつららがもう出来てるんですね!
それにしても、ヒールでスカートとは!
引き返してくれて良かったよ~
この腐った吊り橋は渡る勇気無い!
渡りっこないから、通行止めになってないのかしらね。



[Shimaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  12/11 15:05 | edit
つらら、透き通っていてきれいで、純水100%って感じでした。石けんにもいいかもよん。
ヒール、スカートのお二人さん、西沢渓谷の評判聞いて立ち寄ってみたのかもしれませんが、「これじゃ~無理って」苦笑いしてました。

腐った吊橋、驚いたよ~。もう、当然「通行止め」の看板あってもおかしくないのに、「渡るのはあんたの自由ですが、、落ちても責任はもてませ~ん、」って、判断はお任せ!
???な不思議な吊橋でした。



管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/58-209b9a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。