上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
紅葉狩りイン箱根~箱根美術館編 : スポンサー広告 : 美術館、博物館 : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

強羅公園西門から出るとすぐお隣が「箱根美術館」

箱根美術館

11月中は普段は非公開の「石楽園」も散策できる。

-- ◇ 紅葉狩りイン箱根~箱根美術館編 の続き --

車を移動して箱根美術館の駐車場に入れるが、こっちは無料だった!(強羅公園は有料困った。)ああ、損したな~、こっちから入ればよかった~、事前の調査不足だったので、しょうがないか。

箱根美術館駐車場は広大で第5まである。山ひとつ分くらいあって、驚いた。
さすが、あの熱海MOA美術館の姉妹館というだけあって、MOA美術文化財団はお金もちだな~としみじみ実感した。

この箱根美術館は岡田茂吉が創立したもので「美術品は独占すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、娯しませ、人間の品性を向上させることこそ、文化の発展に寄与するという」信念のもとに蒐集、昭和27年、強羅に開館された。


入場口にはチケットを買う人で大行列だったが、共通券なのでチェックだけでスルー。


中に入ると、苔庭の灰緑と赤と黄が映え、際立たせるように、彩られていた。

箱根美術館 太鼓橋
太鼓橋と紅葉の苔庭



紅葉の散策路
紅葉の道




見事な紅葉に目を奪われる
紅葉の庭




苔庭の落ち葉
苔の上の落ち葉




燃えるようなもみじ
紅葉


今のシーズンは庭がメインのようになってはいるが、本館には縄文時代から江戸時代までの陶磁器も展示されているので、鑑賞する。

2階のロビーの大きな窓から見える景色は明星ヶ岳
山肌の箱根大文字も見える、8月には灯され、花火の打ち上げなども行われ、盛況なようだ。
明星ヶ岳


係り員の方に伺ったところによると、紅葉は一日の中でも様々に色を変えるという。

箱根美術館
日の向きが変わると、また違った趣の苔庭になる。


しばし、紅葉を堪能し、次は日帰り温泉、強羅・宮城野温泉「勘太郎の湯」に向かう。
貸切独り占め状態で、露天に浸かり、のんびり青空を流れゆく雲を眺める。


風が吹くと落ち葉の雨が湯船に降り注いでくる。
体の懲り、心のリキミがさらさらと解れていく。


帰りは箱根口周辺は混雑しているだろうからと、御殿場インターから帰ることにするが、ここも工事のための車線規制で、一部大渋滞となる。
乙女峠からは、夕暮れの大きな富士を楽しみながら下る。

紅葉と温泉の気まぐれ散策、大混雑で驚いたけど、2008年紅葉狩りを楽しんだの巻。

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 美術館、博物館


[No title ]          ◇ Shima | URL |  11/24 10:46 | edit
苔も美しいし、もみじの紅葉がすんばらしい!
やっぱり秋には一度こういうのを見たいですね。
この秋私は見てないもん…
は~よか、よかv-398


[Shimaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  11/24 14:00 | edit
ぜひぜひ、来年は例の団体さんをお連れしてくださいな。11月半ばごろが紅葉シーズンですが、深緑の苔と新緑の木々のシーズンもよさげです。

わたしもこの紅葉を見れたので、満足でした。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/54-e6360605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。