上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
東京の秘境でお蕎麦をどうぞ : スポンサー広告 : 楽しみ : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

甲州古道
そこは甲州古道沿い、遥か徳川様の時代、幕府直営の山林を巡検に来られたお代官様一行も
この家で休憩したという
森の中に佇む築400年お蕎麦屋さん
-- ◇ 東京の秘境でお蕎麦をどうぞ の続き --

払沢の滝の駐車場前の看板に「峠の茶屋」まで車で15分、見晴らし抜群!頂上までGO!という
看板文句につられて行ってみることにした。
つづら折りの山道を登っていく
途中、ああ、こんなとこですれ違いたくないわあと思わせるような
ガードレールも柵もない道あり
やがて峠の茶屋に到着 お休み処におじいさん一人店番をしている
ここは「時坂峠」 「ときさか」では「とっさか」と読むそうな

峠の茶屋 
こりゃまた、けっこうな山奥まできたんだなあと緑に包まれた山々の景色を眺める
するとまたもや「看板」を発見
                  「そば処 みちこ」 ここから5分 土日営業 と書いてある
ええ、ここが最奥部だと思っていたので、まだ奥に「蕎麦屋~?」
しかも名前が「みちこ」 スナックかバーじゃないわよね 蕎麦屋らしからぬネーミング
ほんとにやってるんかい?と面白がって行ってみることにした
未舗装の道を進んでいくと、有った・・・蕎麦屋がじゃなくて 駐車場らしき広場
あら、結構車が止まっているではありませんか

森の中へ
車を降りてさらに5分、森の中へとことこ歩いていきますと

                                 ああ、ありました!ありました
                                 古民家

峠の茶屋 そば処みちこ 
入口

                         中は古民家を改装した落ち着いた雰囲気です
                         店内
                         
店内
                                 奥には糸車が置いて有りました
                                 遠い時代にタイムスリップしたような風景
                                 囲炉裏で燻したような懐かしい匂いが微かにします

庭
縁側のそばの卓に座ってのんびり、山の空気を吸います
真夏なのにヒンヤリ、涼風が通り抜けていきます
ここは遠く懐かしく また訪ねたいあの場所に似ているような気がしました

                  手打ち蕎麦
                  手打ちの二八蕎麦、薪で焚いた大釜で湯を沸かして茹でるそうです
                  山菜の天ぷらもありますが写真は無し(映りが悪かった)
                  コシがあるしっかり風味のある蕎麦です 

葛切り
デザートは葛切り
ヒンヤリして、葛がモチモチして美味しいこと

縁側に腰かけると、虫の声が聞こえてきます、もう、蝉の声ではないんですねえ
東京の山奥でたまたまみつけたお蕎麦屋さん、こんな発見はとてもうれしいものですね
営業は4月から11月までだそうですので、木々が色づく頃にまた訪ねてみましょう                               
◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ


[> また訪ねたいあの場所 ]          ◇    河童 | URL |  08/27 22:05 | edit
四万川のことかな(^o^)


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/01 18:40 | edit
>四万川のことかな
梼原です、縁側に座って通る風がほんわかと梼原のことを思い出させてくれました
時が止まったようで日々の生活の匂いがするんです。
ミーコの声がどこからか聞こえてきそうでした


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/439-a221ef3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。