梅仕事~梅酒編 : 楽しみ : heavenly blue雑記帳

収穫
今年もいよいよやってきました! 
梅仕事のシーズン
もぎたてフレッシュな梅の実、ほんわか梅の香が薫ります
-- ◇ 梅仕事~梅酒編 の続き --

梅もぎ
今年の梅仕事の初っ端はまず「梅もぎ」から 
本沢梅園で「梅もぎ」の一般公開が期間限定で行われる情報をゲットしたので、出かけて行きました。
竹竿やポリバケツを持った家族連れでにぎわっていました。

                       梅実る
                       青く瑞々しい梅の実が生っています。
                       先週がピークだったのか、梅園の入り口辺りの木はほとんど収穫済み。
                       梅の実探して奥の方まで行きましょう。
              
梅拾い?
 高いところの実は竿で落としたのでしょうか、梅拾い?風景
                             
                             青梅
                            さあ、収穫してきた梅はきれいに洗って、
                            たっぷりの水に1~2時間つけてあく抜きします

ホジホジ
水気を取るため日陰に干して乾かして、竹串でへたをホジホジします
(布巾などで拭いて水気を取るよりも干したほうが美味しくなるそうです)
ホジホジは面倒でも梅仕事には欠かせません、ホジホジ取りが要 エグ味がとれてまろやかになるようです

去年の梅酒
去年漬けたブランデー梅酒を一杯やりながらの、ホジホジタイムはいい気分です

                           梅仕事準備万端
                            さて、準備は整いました

漬け込み
小さい瓶にも漬けて漬かり具合を眺めるのもいいかも

                            漬け込み2
                             ウィスキーでも漬けてみましょう

完了
2~3日程飾ったら、冷暗所へ仕舞って、熟成を待ちます。でも、ときどき取り出して、混ぜるとよいようですね。
梅酒造りの達人曰く、「梅を漬ける」ではなく「梅を仕込む」と・・・だから「梅の実」を取り出すタイミングが大事だそうで
6か月から1年位が梅のエキスが浸出されてちょうどよいとか
私は「入れっぱなし派」 でも、今年は「半年派」「一年派」も試してみようかな
1~2年ねかすとまろやかな味わい深い梅酒になるそうですが、果たしてそこまでじっと待つことができるかどうか

まあ、そんな梅酒造りですが、調べてみるとあれこれと「こだわり」や方法があって、これだ!っていうことはできませんね。
とにかく、今年も季節の恵みをいただけることに感謝です。


◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ


[ ]          ◇ のろやま | URL |  06/20 09:14 | edit
もう、梅の時期ですね。
覗いてみよう。
床下に入れっぱなしの去年の梅干しはどうなってるかなー


[のろやまさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/23 13:54 | edit
>床下に入れっぱなしの去年の梅干しはどうなってるかなー
きっとまろやかに美味しくなってなっていることでしょうね。
梅干し用の梅も黄色くなってきたので、準備中です。


[梅の季節やね ]          ◇      河童 | URL |  06/24 22:39 | edit
梅醤油もいいかもよ(^_^)


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/24 23:11 | edit
へえ、梅醤油っていうのもあるんですね。
今度作ってみます。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/433-077e99ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)