上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おひなさんの話 : スポンサー広告 : 日ごろの事 : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

京雛
京都のお茶屋さんから月刊誌が届いた。
さっそくページを開くと凛として厳かな御顔のひな人形の写真
「???あら、なんか変 違和感がある」


-- ◇ おひなさんの話 の続き --

と、うちのおひなさんをみたら
                 お雛様
           
そうか、男雛と女雛の位置が違うんだわ
「あらまあ、また、間違えちゃったかいな」
やだ、ずっと何十年も向かって左が男雛、右が女雛と並べてたぁ

ところが、その月刊誌に「お雛様の飾り方は、関東と関西で違うって本当?」というコラムがあり
日本では古来、左が上位とされてきた、陰陽説など諸説あるが
御所では天皇の玉座は北を背にして南向きに座られるので、日の昇る東が左側となり
日没の西は右側となることから、古から左側の上位に男雛が飾られたとか
じゃ、どうして関東では逆になったの?
て、明治の時代になり、文明開化で西洋では右が上位ということに倣い
洋装の天皇陛下が向かって左、皇后は向かって右に立たれたということで
今や、日本も右が上位となって、おひなさんの位置も変わったということだそうです。
しかし、京都人のこだわり、古式に則ってということで、今も昔も変わらないとのこと。
ふうん、そうだったのねえ、とうなずいたのでした

そういえば実家のしまいっぱなしになっているお雛さま、うっかりしてたなあ。
今飾っているのは、古い帯をリサイクルした手作りの小さなお雛
箱からぽんと出せば即飾れる手軽さについ・・・・ね
来年こそはちゃんと飾ってあげようとしみじみ思ったきょうこのごろである。(忘れなければ、である



                  
◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 日ごろの事


[ ]          ◇ マスタ~ | URL |  03/02 00:04 | edit
うちは、男雛は左だったな~


[マスターさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  03/03 20:22 | edit
飾った人が京都とか関西出身だったのか、代々、男雛は左で飾ってきたのでしょうかしら?
お人形やさんとかで聞いたら、基本的にはどちらでもいいのだそうです。
特別な決まりとかないようですよ。
見慣れていて自然に感じるほうでいいんじゃないかなあと思います


[ウチはどっちだったか? ]          ◇      河童 | URL |  03/04 19:41 | edit
子供の頃
妹のお雛様は
二人っきりだったことは憶えています。

 天平のをとめぞ立てる雛かな 水原秋櫻子


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  03/12 19:07 | edit
ごめんなさい、御返事うっかりしてしまいました。
>どっちだったか?
そうですよね、私も根拠なく男雛は向かって右、女雛は左って目で覚えていただけなので無意識でした。
こんな年になっても、お雛さまを飾ると、春が待ち遠しい気持ちでウキウキしてくるものです。



管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/416-6ca64f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。