秩父ドライブ~橋巡り(2)雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)編 : ドライブ : heavenly blue雑記帳

軌道修正いたしまして、小鹿野町から両神村に入り三峰口を目指し、途中道の駅両神温泉薬師の湯
に立ち寄りますが、とんとお店はやっておらず、でも、立派な二輪車置場の建築途中。
一見足湯かなと思ったんだけど。

無事三峰口分岐を右折し、国道140号線に乗る。
秩父街道の方ではなく、大滝道路を走行していくと、
車窓から見えるのはなに!
ループ橋

-- ◇ 秩父ドライブ~橋巡り(2)雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)編 の続き --

と、にわかに、車内は色めき立つ。

これはもしかしたら、案内に出ていた「ループ橋?」
ループ橋 車窓から
これはすごいですぞ。

ぐんぐん登りはじめ、しばらくはループ感を味わいながら走行していくと、できたばかりのような真新しい展望箇所らしきものがあり、駐車場も整備されている。

「滝沢ダム」とある。定礎には2008年3月竣工とあるから、まだできたてのほやほやのようだ。

さてループ橋はダムからはからこう見える。
ダムから

ループ橋の正式名は「雷電廿六木橋」らいでんとどろきばしと読む。
かみなりがとどろくとは、これはもう、天下無敵な名前。
雷電の由来は秩父地方の「でえだんぼう」という巨人伝説にちなんでいるとのこと。
廿六木(とどろき)はダムに沈んだ集落の名前。
せめて、橋としてその名を残しておこうということなのだろう。

下流側が大滝大橋(345m)、上流側が廿六木橋(270m)を真ん中の展望台あたりで繋いで一体化構成されているものだそうで、途中の展望台カメラマークのついているところから見ると、ループしているこの橋の全体像が見れそうだ。

今回、そんなことはつゆ知らず、パスしてダム展望台まで来てしまった。次回は立ち寄ろう。

滝沢ダムは堤体140m、荒川水系中津川に建設された多目的ダム。
ダム湖



そのダムの人造湖がこれ、秩父紅葉湖前にて
奥秩父もみじ湖の碑とふらんチャン



ループ橋
ここからはループ感が感じられないが、右端のこんもり緑あたりがカーブを描いているはずだ。


ループ橋
優美でスマートな橋脚は太さ6.5m、高さ30mから50mもあり、橋の魅力を一段とアップさせている。


橋は分たれているものを繋ぐために架けられている、本来の用途以上に、その景観や設計を見ると、なぜか心躍る。


さて、滝沢ダムを後にして、中津川大橋を右折し、中津川三峰口停車場線を辿って中津峡をめざす。
◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ


[No title ]          ◇ Shima | URL |  09/30 22:54 | edit
お~詳しく調べたね。
そうそう雷電廿六木だった。
最初にスルーしてしまった展望台に行けば良かったと後悔してたんだ。展望台から戻れば、何回もループ橋走れたのにね~
今度は行こうね!


[shiamaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/01 05:03 | edit
心残りは雷電廿六木橋のループしている全体像を見逃してしまったことですよね。
この橋は建築物としてもデザイン的にもユニークなので様々な賞をとっている注目の橋だなんだそうです。
全然知りませんでしたけど。
リベンジですね~。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/37-63ab8047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)