続・久々の・・・山歩き~赤岳へ : 山歩き : heavenly blue雑記帳

花々
久々の山歩きのコースは
美濃戸口から北沢コースを辿り赤岳鉱泉にて山小屋泊、文三郎尾根を上り赤岳山頂から地蔵尾根を下る
高山に咲く花々も「おひさしぶり~」っと歓迎してくれたように思えた


-- ◇ 続・久々の・・・山歩き~赤岳へ の続き --

霧煙る山道
時折、雨が落ちてくる中、合羽着たり、傘を差したりと霧煙る山道を行く

                  赤岳鉱泉テン場
                  鉱泉テン場もどんよりムードか
                  しかし、ここでトシちゃんsanaeさん隊とバッタリ・・・映像なし一気に宴会モードも上昇

では早速、今夜のメーンイベント 鹿肉の解体ショー?
kさん自ら手際よく捌いてくれる
鹿肉と猟師kさん
                      それでもって、こいつで焼こうというわけなんです
                      ユニセラ
                      担ぎ上げたあなたに拍手

             夜中、ざあざあ雨降る


文三郎尾根を上るが霧の中
毎度のこんな感じに
                ため息が出たころ


流れる
風が霧のカーテンを揺らし 兆し射し込んでくる
空と雲と峰々のダイナミックなショータイムに包まれる

さあ、いよいよだね
赤岳山頂へ
八ヶ岳連峰の最高峰「赤岳」標高2899m 山肌が赤褐色であることから「赤岳」

                     チョウノスケソウ
                      岩肌に咲くチョウノスケソウの傍らで休憩

山頂
山頂 赤岳南峰 神社あり             北峰には赤岳頂上荘
                         赤岳頂上荘

地蔵尾根を下る
地蔵尾根を下る

               赤岳展望荘へ
               やがて赤岳展望荘にて昼食
                  ~意外な揚げたててんぷら蕎麦 美味しかったよ

ウルップ草咲く
前庭にはウルップ草 行者小屋も見えてきた


富士
樹林帯に入る前、山波に浮かぶ富士のシルエット
彼の山もさぞ賑わっていることだろう
山で見つける富士の姿はことさら、なぜかうれしいもの
急がず焦らずゆっくりと巡った「夏山赤岳登山隊」
山の空気を存分に吸って深呼吸




◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ kumi | URL |  07/23 10:08 | edit
あら、きぬさんがお山に帰って来たわ
ほんに久しぶりの山歩き
仲間と楽しんだことでしょうね♪
よかったワイワイv-410


[kumiちゃんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/23 20:19 | edit
コメントありがとう、とってもうれしいです
久しぶりでしたが、山歩きってやっぱりいいなあ~って心から思いましたよ。
行くまでは「あーだこーだ」と心配がありました。
でも、無理なら、途中で待っていてもいいんだものっと、腹をくくったら
楽になりました。お花や空や雲や山に、そして人に励まされたいい山歩きでした。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/352-dce23548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)