錦秋の木曽駒ヶ岳へ1~ロープウェイ篇 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

千畳敷ホテルを望む
駒ヶ岳RW駅ホテル千畳敷から登る


春になれば、いつ桜が咲くだろうか?と
心騒ぎ
秋になれば、いつ木々が色づくのだろうか?と
心待ち
四季折々の変化を楽しみ
それらに心を養われ
想いを繋げてきた日本人



10月三連休の6日(土)7日(日)
秋色に染まった木曽駒ヶ岳2956mに登る
今年の→7月の木曽駒リベンジを果たそうと
遥々四国からは河童さん&tochikoさん、和宏さん、猟師Kさん
そして、Yちゃん、さよちゃん、食う寝るさん
隊長はもちろん、我らが木曽駒さん
総勢9人の賑やか紅葉狩り遊山一行


-- ◇ 錦秋の木曽駒ヶ岳へ1~ロープウェイ篇 の続き --

しらび平ロープウェイ乗り場
菅の台バスセンターから
バスで30分ほど、バスを降りたとたん
RWの整理券が渡される


先にバスで到着したはずの
河童隊はどこ?と探すと


寛ぎ中
あらま~、登山靴も脱いじゃって
寛ぎ中(だって2時間半待ちさ~)
ザックから、次々と力水(ビール)が湧いてくる
小屋で飲もうねえ
って、言ってるけど・・・・・




RW
河童隊はお先に空中散歩へ出発


RWから
約1時間後、我らもやっと空に舞い上がる

ゴンドラの上昇をするすると追いかけてくる霧

千畳敷カールの紅葉は見事に真っ盛り
待たされて疲れた人々から
ひゃあ、ああ、おお
悲鳴ともため息ともつかぬ声が上がる
「待った甲斐があったねえ」



千畳敷の紅葉
紅葉三昧と行きたいところだが、
ここはまずは河童隊に追いつきたいところ
そうさ、明日見ればいいさ
だって、もう、午後4時も過ぎたあ



登る
急げ急げと
乗越浄土を目指して
八丁坂を飛ばす
ぜ~ぜ~
久々の急登は堪えるよ



宝剣山荘
霧に咽ぶ宝剣山荘
河童隊が待っていてくれた
ありがとう



中岳もいつのまにか通過し

駒ヶ岳頂上山荘
駒ヶ岳頂上山荘の暖かそうな灯りを見送り


木曽駒ヶ岳山頂も通過
神社の影が空に揺らいでいた


闇の行軍
目指すは「頂上木曽小屋」
ここには北御所ルートから登った木曽駒隊長とYちゃん、さよちゃんが
待っていてくれる
こんなに遅くなっちゃって
心配しているだろうなあ
首を長くしてるだろうなあ(駒ちゃん、もう、首長美人になってるかも)


あっ!ああ、あの灯りは?
そう、首長駒ちゃん、いえ、木曽駒隊長だ!

嬉しくてホッとした瞬間・・・転んだ
(高名の木登りとはよく言ったもの)・・・「徒然草」だったけ?


途中まで出迎えに出てきてくれた
こちらもヘッデンで合図を送り
「こまちゃ~~~あん」と叫ぶ

こうして無事に河童隊一同
「頂上木曽小屋」に到着した
こんな遅くの到着は顰蹙ものかもしれない
今回ばかりはお許しをいただき
小屋の方々に暖かく迎えてくださった


夕食
美味しいカレーをいただき


ホットステーション
山のホットステーションな時が始まる
錦秋に染まった山の感動を分かち合い
共に歩く楽しさは二倍となる

みんなの笑顔が声が心に染みわたっていく


夜、雨の音が屋根を叩く
ああ、明日はどうかなあ
と、気にかけながらも
心地よい疲れにいつの間にか眠ってしまった
◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[お疲れ様でした ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  10/10 13:04 | edit
最高の景色に 最高の仲間
素晴らしい時を過ごされたようで 良かったです

続きも楽しみにしてます


[ ]          ◇ とち | URL |  10/10 21:00 | edit
きぬさん
ありがとうございました。
いやぁ
待った甲斐があったね。
この紅葉も長い下りもみんなと歩けたからよけいに楽しかった♪
いただいた封筒は大好評で
秋らしい絵に感動したり癒やされたりしています。
今度は絶対に購入しますので
販売してくださいね。
そんで作ってくださった方によろしくお伝えくださいね。
また一緒に笑おうね。


[ ]          ◇ 河童@飲み会でちゃんぽん | URL |  10/10 21:14 | edit
 終わってみればまたやりたい。


 私は愛の水中花  松坂慶子



[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  10/10 22:12 | edit
仲間とのお山ってなんて楽しいんだろうって思わせる山行だったんだね~
なかなか日程が合わないので一緒に行けないけど、楽しさは充分つたわりましたよ~


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 07:17 | edit
>続きも楽しみにしてます
ありがとう、ございます。
昨晩は、やるっぞ!っと、PCの前に坐ったんだけども
船漕いで、撃沈でございました。
さて、今夜こそはやるぞお・・・と
今はそんな気持ちです。
が、果たして。


[とちさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 07:28 | edit
ほんとに、待った甲斐があった木曽駒ヶ岳でしたね。
2時間半待ちって、聞いたとき、
「あらまあ、時間もったいなあ」って思っちゃったけど
2時間待ちも仲間と一緒なら
話に花咲く、まったりタイムとなりましたね。

「封筒」喜んでくださってありがとうございます。
励みになります。伝えておきますね。

あのぉ、セブンイレブン事件、不思議でしたねえ。





[ちゃんぽんイケ麺な河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 07:46 | edit
>終わってみればまたやりたい。
そうですそうです、今度はどこ行こうか、
そんな気持ちです

愛の水中花・・・作詞は「五木寛之」だったんですね
松坂慶子のバニースタイル懐かしいですね
お望みなら、きぬも・・・・
あ、お呼びでない



[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 07:50 | edit
そうそう、山下りてきてから
四国河童隊と
ばっちりばったりだったんですよね。
会えずに残念でした。

そろそろ、例のシーズンですねえ。
楽しみにしています。


[ ]          ◇ 木曽駒 | URL |  10/11 09:21 | edit
きぬさん、楽しかったねぇ~~~。
最後の最後まできぬさんらしさを楽しませていただきました(笑

初日のRWの混み具合はどうなることかと思いましたが、終わってみたら、感動のお山になりました。
これも日ごろのきぬさんの行い・・・・(ヤメトコ

翌日は、ぜぜさんのバッタリもあって最後まで楽しい三連休でした。

またどこかでご一緒してくださいね。



[木曽駒さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 23:18 | edit
いつもいつも、そして今回も
お世話になりありがとうございました。
「頂上木曽小屋」とてもあたたかくていい小屋でした。

RWは混んでたけど
待った甲斐がある景色に
うっとりでした。

最後の最後に、またもや
水騒動を起こしてしまい
お手数をかけました。

これから桂木場コースのレポも書きますね
ほんとロングでしたが
山歩きの醍醐味、楽しさ、感動を
味わわせていただきました。

こちらこそ、またご一緒お願いします。
あ、駒ちゃん、筋肉痛ならなかった?

私は久々の歩き、即日筋肉痛でした。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/304-10e698fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)