上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
灯火親しむ秋 : スポンサー広告 : 日ごろの事 : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

灯火親しむ
風も涼しくなり
秋の夜長に本を読むによい気候になったという

「灯火親しむ」といっても
夜ともなると眠気が押し寄せ
居眠りしてしまったりと
なかなか「灯火親しめず」な読書状況



つらつらわらじ4
待望の「つらつらわらじ4」が出た

という情報を監督さんからいただき
さっそくアマゾンで注文して
もう、何回か読み返している


備前から江戸への参勤交代の道中も半ば
いよいよ、壮大な富士がみえてくる
お殿様の真意を測りかねていた若き家臣も
やっとその真意に気づく

次巻の5が楽しみだわ



のぼうの城
予告篇を見て
11月の公開を楽しみにしている映画は
「のぼうの城」


原作は
「のぼうの城」和田 龍
ベストセラーだったということだが
知らなかった

秀吉の関東攻めで唯一落城しなかった
「忍城」をテーマにした作品

「水の城 いまだ落城せず」は
同じ「忍城」をテーマに違う作家が書いたもの
視点の違いから描いた
各人物像が面白い

戦国時代の忍城はこちら→忍城


夏も終わる頃、涼風とともに
ここ20年分くらいの「やっかい」ごとが
徒党を組んで押し寄せ
水攻めにあったようなありさま
のほほんとしていられないよ・・・・ねえ、どうする?



不幸中の幸いというのかどうか
以前より時間が取れるようになったので
本でも読み
居眠りして
心の充電でもしておこうか・・・

あ、
放電かな?

風で季節を知るこの頃






◇ コメントを書く/見る(12) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 日ごろの事


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  10/04 10:43 | edit
和ろうそくいいね~

私の読書は最近睡眠導入剤となっています。
今は、地図に関する随筆読んでます。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/04 19:05 | edit
この和ろうそくの灯は
芯が太いのか、とても明るいです。
燃えるとき、かすかに「ジジジ」とか「チチチ」と音がします。
風もないのに揺らぎます。
って、自分の鼻息だったv-403

地図に関する随筆ね、
さて、どんな本だろう?
睡眠導入剤、なので、いつもおんなじページを
行ったり来たりです。


[ ]          ◇ みっちー | URL |  10/05 12:23 | edit
のぼうの城は、私も大好きな作品です。
特に「のぼう様」陣営の武将の
個性豊かな所が良いですね。

映画の「のぼう様」は野村萬斎なんですね。
個人的には、香川照之みたいな
芯が太い俳優が適している気がします。


[みっちーさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/05 16:20 | edit
わあい、みっちーさんも、この本読んでいたんですね
なんだか、嬉しいものですねv-411

>映画の「のぼう様」は野村萬斎なんですね
予告編ではまるで「バカ殿さま」みたいな感じでした
野村萬斎はやはり、「陰陽師」の安倍晴明のイメージが強いので
どんな「のぼう様」になるか楽しみでもあります

>特に「のぼう様」陣営の武将の個性豊かな所が良いですね。
イケメン若侍の「酒巻靭負」の役は
みっちーさんが適役だと思いますよ。


[ ]          ◇ 河童 | URL |  10/08 21:58 | edit
>「のぼうの城」
 私も久しぶりに観たいと思った映画です。

 ウチにも四国内子町の和蝋燭が・・・
確かあったはず (笑)


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/09 06:56 | edit
のぼうの城、11月2日からの公開が楽しみですね

内子町の和蝋燭は櫨の実を絞った
木蝋で丁寧に手づくり生産されているそうですね
そんな和蝋燭からは
木の物語がきこえてきそうです



[ ]          ◇ 監督 | URL |  10/09 19:12 | edit
>風もないのに揺らぎます。
ははは、笑ろた。つまらん反応ですんまへん。


[監督さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/09 22:20 | edit
>ははは、笑ろた。つまらん反応ですんまへん。
いえいえ、反応してくださってありがとうv-410

「のぼうの城」の本のカバーのイラストは
「オノ・ナツメ」なんですよ
オノ・ナツメさんの他のも
今度読んでみようかと思っています
「ふたがしら」あたりが面白そうです


[ ]          ◇ 監督 | URL |  10/10 00:23 | edit
えと、私、なんにでも結構入れ込む方なんで「ふたがしら」「さらいや五葉」「リストランテ・パラディーゾ」そのほか名前忘れたのも、実ははもう読みました。それぞれに面白いと思いましたが、絵のタッチも語り口も「つらつらわらじ」が一番好きですね。ただ、続編出るまで間隔が長すぎて待ちくたびれるってか、前回までのストーリーを忘れちゃうのが困るっす。


[監督さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/10 06:49 | edit
そうでしたか、もう、あらかた読んでしまわれたのですね。
今度、どれかを読んでみますね。

>前回までのストーリーを忘れちゃうのが困るっす。
はい、同じく、
なので3巻を読んでから、すぐ、4巻を読みましたよ。
ほんと、5巻、いつ出ることやらです




[心に ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  10/10 13:09 | edit
蝋燭の灯りで読書なんて 本来の日本人の心をもっていらっしゃる!?

心に余裕がないと考えつかないです

蝋燭を使うのはお経をあげる時位だなぁ~


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/11 08:17 | edit
>蝋燭の灯りで読書なんて
一応、読めますが、
字を読むには疲れちゃいますねぇ

お経のとき
おばあちゃんちではパラフィン仕様の
ろうそくですねえ


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/303-beecbb5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。