上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
2012帰郷~ふるさとは遠きにありて・・・ : スポンサー広告 : 楽しみ : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

ふるさとの道
檮原の道


友人たちは
ほんまかいな?な気持ちを漂わせて「江戸っ子きぬさん」と呼ぶ
所以は、いちおう、三代さかのぼっての東京生まれということのみ。
産湯を浸かった地は今では24時間眠らない歓楽の街となってしまった



そして育った地は東京近郊の祖父母と暮らした小さな町
数年前に墓参の折に寄ってみれば
かつて暮らした家は跡形もなく
少し色あせた茶色の今どきの住宅が建っていた。
そして、玄関にかけられた小さな表札には
見知らぬ名前が書かれていた。
わかってはいたことだけれども
もう、ここには何も残っていないことをこの目で確認した。
そう、ここには二度と来ることはないことも
確信した。
寂しいというよりも、「これでいい」という思いだった。



-- ◇ 2012帰郷~ふるさとは遠きにありて・・・ の続き --

高知空港上空から
2012年6月15日午後12時10分
波立つ太平洋から緑の田園風景へと視界が変わる
間もなく、飛行機は高知空港に降り立つ

ロビーには素足にサンダル、頭には手拭いを巻いたあの人が
大きな腕を広げて待っていてくれる
そして
ロビーじゅうに響き渡るような大きな声で
「おかえりなさぁい~」と
駆け寄ってくる
そんな光景を思い描く


一年前、この地に降り立ったとき
「おかえりなさぁい」に
少し、戸惑った


「ただいまあ」と言うには
ずうずうしいような、おこがましいような、
そして照れみたいなものがあった
ただそれだけではないけれど
まだ、何も知らないこの地に遠慮があった


ブログで見たあの家に行ってみたかった



ふるさとの道
緑濃き檮原を縫う道


生まれ育った場所は残っていても
帰りたい場所はそこではない


どこにいても
いつも心にある場所
「ふるさと」


さあ、いよいよ、搭乗出口

あっ、見えたぁ
前を歩く人の頭ごしから見える
大きく振られた手は4本


って、ことは・・・
今日はおやすみを取れないかと思っていたtochikoさんもいるんだ


「おかえりなさぁい」の声が聴こえる


おおきな声で言おう

「ただいまぁ」



空港での撮影写真がないもので
季節はずれの鯉幟
なぜか時季はずれの鯉幟が立つ道の駅にて
鯉のしっぽをつかむ男とその一行


さあ、はじまる「2012帰郷」


<追記>
このたびの四国帰郷遊山は、あまりにも盛りだくさんで
濃い中身となりそうな予感
そこで
同行の「食う寝るさんだ~す」氏と
分担することにした。
食う寝るさんだ~す氏には名誉ある「グルメぶちょお」として
食い物編をお願いした
(いや、無理くり、振った)

ということで
つづきはこちら→食う寝る’S Bar 「2012帰郷 室戸へ」
そんなわけで、たぶん、しばらくは口福な「ぐるめぶちょお」編が続く模様、よろしく
◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ


[おかえりぃ~♪ ]          ◇ 河童 | URL |  06/22 16:31 | edit
 この大切な家族の帰郷を
どんだけ楽しみに待っていた事か(^0^)/


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/22 19:58 | edit
毎日指折り数えて
出発の日を待ちました。
あっという間の4日間でしたが
ここが「ふるさと」
そういう思いが増々強くなりましたよ。
待っていてくれる人がいる幸せに包まれました。



[ありがとう ]          ◇ tochiko | URL |  06/22 20:29 | edit
自分の生まれ育った土佐の高知
そしてその最深部の梼原を故郷と思ってくれる友人が居る。
なんて幸せなことでしょう。

 山の中で暮らした幼い日
大人になって故郷とこんなふうに関わることが出来るとは
想像もしませんでした。

 そんな大切な友人ができたことに感謝しています。


[No title ]          ◇ ぜいぜい | URL |  06/22 21:47 | edit
ふるさとっていうのは場所じゃないんだね~
結局人が作るんだね。
なんか、しみじみいい文章です。

さて次は食うちゃんか。


[tochikoさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/22 21:57 | edit
こちらこそ、感謝です。
tochikoさんがこはるちゃんを連れて
登っていく坂道の先にはお母さんの待っている家があること
ただそれだけでも、心が潤い、安らぐのです。

水田に写る稲の緑の色が
眩しかったですね。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/22 22:42 | edit
>結局人が作るんだね。
ほんとにそう思います。
帰りたい場所です

>さて次は食うちゃんか。
グルメぶちょおの出番にお任せして
しばらくは、楽ちんさせてもらいます


[はじめまして ]          ◇ のろやま | URL |  06/24 02:30 | edit
初めまして。のろやまです。
素敵な素敵な、心の故郷のおすそ分けをいただけたように感じます。
日本人には、帰れる心の故郷が必要なのでしょうね。


[良いですねぇ ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  06/24 17:47 | edit
良いトコですね故郷 古里

都会に居ると経験出来ない 体験が出来る事に 感謝ですね

高知人の 心に感謝ですね
僕もいつか 帰りたいと思っていますが…


[のろやまさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/25 19:01 | edit
はじめまして、コメントありがとうございます。
河童さんから、「のろやま」さんのことはうかがっておりまして
なんだか、はじめてではないような気がします。

「おかえりぃ~」と言ってくれる人とその場所があること
ほんとに幸せものだと思います。

のろやまさん、今後ともよろしくお願いします。


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/25 19:07 | edit
「海の恵み」「山の恵み」はもちろん
今回は「心を潤してくれる」出会いや体験ができて
感謝でした。

行ったばかりだというのに
また、帰りたくなってしまいます。
ぺんぎんさんもまた、ぜひ、帰って
たくさんの恵みや出会いに触れてほしいとおもいます。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/284-5f3eb40c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

   ◇「2012帰郷、室戸へ」|By 食う寝る’S Bar | 06/22
6月15日 早朝の羽田空港にいる。 いよいよあの場所へ帰郷できる日だ。 台風4号の接近で、すでに宮崎行きの便は搭乗見送りの案内が 電光掲示板に出ていた。 不安な気持ちを抱えながらも、朝か...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。