山に向かう~新春その2本編~鐘の鳴る小屋へ : 山歩き : heavenly blue雑記帳

雪のくろがね

山に向かう新春その2、1月7-8日
冬の安達太良山を目指すが
ある事情にて
山頂は見送り

かぁんかぁんと鐘が鳴る小屋へと
早い到着となる
-- ◇ 山に向かう~新春その2本編~鐘の鳴る小屋へ の続き --


安達太良高原スキー場
安達太良山方面は雪煙で靄っている
山頂付近はさえぎるものない稜線なので
難しいだろうねぇってことで


スキー場脇を通り抜け、くろがね小屋への登山道を辿る
ショートカットの旧道を行く


雪の笹舟
展望もなく、単調な雪道
笹の舟に乗かった雪は


砂糖菓子
ザラメをふぅんわりとまぶした和菓子のようで
「笹小雪」とでも名付けようかね



勢至平
急登の旧道が林道と何回か交差して
勢至平
今は風もなく静かな雪の原に
薄雲を通った光が
ぼんやりと降る

思ったよりも雪が少なく
やっぱり、スノーシュー、わかん 要らんかったねぇ
と、サクサク、先人の踏み跡を辿りつつも
時折、細かな微かな雪の塵が舞い
心地よく頬をなでていく
今日の道は「くろがね」日和



小屋着
そろそろ雪道にも飽きた頃
くろがね小屋着


達磨ストーブ
到着1番手
寒かったでしょっと真っ赤な達磨ストーブが待っていてくれた
受付はまだまだだから
ゆっくりと冷えた手をかざして暖をとろう


一息したら、お昼の土鍋らーめん
土鍋らーめん土鍋らーめん
火器は床に置いての自炊
ケッ飛ばさないように!


お腹も落ち着いたら
さあさあ、お湯だよ


くろがね温泉
くろがねの湯(岳温泉元湯)

単純酸性泉、秋に来た時に
少し硫黄臭のある、白く濁ったここの湯のとりこになった
神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症、五十肩に効くという
忘れ物症にも効くのかなあ?



窓から
窓を大きく開け放って
空を見上げると
雲が青地を緩やかに流れて広がっていく
天上の湯でただぼけ~っとする
いいなあ

つらら
あっ!つららだ


お湯に入ったり、本を読んだり
あれこれ焼いたり煮たり
食べたり飲んだりと
ストーブの傍で新年会?

謹賀新年
謹賀新年

やがて次々と小屋に山頂の方からら下の方からと
人々が入ってくる
自炊組が断然多く
小屋食組はなぜか遠慮がちだ

いただいたり差し入れたりと
話も弾む時間が始まる


9時消燈
夜間は強い風が小屋を揺らす
ゴオゴオとその音は
白い山々が唸っているように聞こえた


朝は雪模様、風も強い

二本松納豆納豆たらこごはん
朝食はシンプルに
土鍋ご飯に二本松納豆とタラコ


さあ、そろそろ下山
ま、皆さんが踏み固めていただいた道をあてにして
出発はラストにしよう


小屋番さん「えらくゆっくりな出発だねぇ」

     「あのね、雪装備満載なザックを忘れてきてしまったもんで」

小屋番さん「おやおや、 ザックをザックリ、忘れたぁ!」


      
くろがね
小屋番さんの「また、おいで~~」を合図に出発



先発者の踏み跡にはずいぶんと助かったものの
帰りの道は思いのほか厳しかった
オーバーグローブの無い手は
凍傷になるかと思ってしまうほど
冷たく痛かった
懐手をして耐えた
雪のつぶてが顔を叩くたびに
後ろを向いてしばらく待った

ハイキングコースだからといって
雪の山道を見縊ってはいけないことを
心の中で反芻しながら
下を向いて歩いた


ふと明るい空気を感じ
目をあげる
青空
ああ、と、ほっとして
懐から手を出し
ストックを握る




青空の麓へ
前を行く団体さんをさあ、
追い越して行こう
もうここまでくれば
スキー場までもうひと歩きだ





◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[新年草々 ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  01/21 08:14 | edit
しでかしましたね

普通なら あり得ない



けど おかげ様で
初笑!


そんな場面に 遭遇したいなぁ(笑)


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/21 09:45 | edit
まさかのまさっかさまにディザイアv-341でした

忘れ物クィーン、草津の湯でもくろがねの湯でも
治せませんかね

さて、今年こそ、遭遇いたしましょう





[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  01/21 22:08 | edit
安達太良山って雪の時期はお天気状態が厳しくて、なかなか山頂踏めないみたいですね。
くろがね小屋いいね~やっぱ泊まってみたいなあ。
ってか、ザック忘れたの?


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/23 08:07 | edit
お湯に浸かっていたら
青空が見えてきたので
もしかしたら、山頂行けたかも?なんて思っちゃいましたが
やはり、雪装備が不十分なので
やめておいて良かったと思いなおしました。

>ザック忘れたの?
うん、うちに確認の電話してみたら
玄関に転がっているよ!でした。


[良い遊山と存じますm(_ _)m ]          ◇ 河童 | URL |  01/24 05:01 | edit
新雪が綺麗ですね。
>土鍋らーめん
本場土佐の鍋焼きラーメンを次回ご馳走しましょう!


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/24 07:15 | edit
本場土佐の鍋焼きらーめん、楽しみにしています
いつか、ここにも河童&とちちゃんを
お連れしたいです。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/264-590bdd26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)