月を待つ : 楽しみ : heavenly blue雑記帳
2011/09/16(Fri)   月を待つ : 楽しみ

葉っぱの虫
綱島家の縁側にて(江戸東京たてもの園


夜半
我が家の雑草生い茂った庭から秋の虫たちの声が聞こえてくる


リリリリリッとアオマツムシ
ルルルルルルとミツカドコオロギかな?
時折、小さく
チチチとカネタタキ



  
-- ◇ 月を待つ の続き --

月を待つ
吉野家のお月見 (江戸東京たてもの園)



12日の月曜日は仲秋の名月の十五夜
蒼い空にぽっかりとまんまるなお月さまが浮かんだ

翌日は十六夜(いざよい)



月を待つ
吉野家のお月見 (江戸東京たてもの園)

そしてその翌日は立待月(たちまちづき)
 立って待っているうちに月がのぼるから

そしてそのまた翌日の月は
 居待月(いまちづき)
 立って待つにはちと時間がかかるので
 座って待つとしよう

そのまた翌日の月は
 そう、きょう、9月16日は旧暦の8月19日
 寝待月(ねまちづき)
 月がのぼるのが遅くて
 こりゃもう、寝っころがりながら待つことにしよう
 虫の声でも聞きながらね



そして明日は
 だいぶ、夜も更ける頃にのぼるから
 更待月(ふけまちづき)
 起きていられるかなぁ


そして下弦の月となる



囲炉裏
綱島家の囲炉裏(江戸東京たてもの園)

古来、日本は「待ち」の文化をもっていた



月を待つ
人を待つ
季節を待つ
時を待つ
人は様々な想いを巡らせ待つ時間を愉しんだ


そして
思うようにならないことにも
どうしようもないものにも
じっとしているしかないときにも
いつかは、やがてはと、待つことの意味が
みえてくるかのように



待たなくても済む便利な今の社会
待つことができない急かされる社会


急に夜来の雨が草を激しく叩く
それでも虫の音は止まない


明日の月はなにをして待とうか


                         
                         ※2011年9月11日(日)江戸東京たてもの園散策
◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ


[う~んっ ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  09/18 00:10 | edit
むづかしい…



(笑)


[ ]          ◇ かっちゃん♨ | URL |  09/18 18:15 | edit
待つことの意味さえ不要な難儀が辛い時もありますが、

何かを待つその刹那を愉悦できる術があれば幸せです♪

まあ、所詮我々凡人は煩悩がイニシャティブを持っているのですよ(笑


[私は・・・・ ]          ◇ 河童 | URL |  09/19 16:46 | edit
 私を待っているものは
お酒が原因で・・・・。

 いえいえ、こんな所で

月を待ちながら飲むお酒も最高だろうなぁ~♪


[岐阜ぺんぎんさんへ  ]          ◇ きぬ | URL |  09/21 07:21 | edit
う~~ん、お返事も
むづかし・・・・
v-398



[かっちゃんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/21 07:50 | edit
かっちゃん、♨でしたか~。

刹那~極めて短い時間を大切に生きよ!というのが本来の意味
だそうですが・・・・・、

最近、肩凝るんですよ
きっと、変に力はいっちゃっているのかな~


四×九+八×九(四苦八苦)・・・百八つ
除夜の鐘でも除けませんね~~



[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/21 08:02 | edit
月見る河童・・・絵になるぞう
おおっと、
月見酒

きょうは台風雨なので
月見蕎麦
海苔の村雲が粋ですよ


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/247-bdb7242f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)