上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
尾瀬をあるく : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

尾瀬をあるく

2011年7月17日(土)~18日(月)
1年ぶりの尾瀬へ出かけた


山あるきをはじめたころはまだ
尾瀬は山の範疇に入ってはおらず
「夏がくれば思い出す遙かな尾瀬 遠い空」という歌で知っていた地名
風光明媚な観光地としてしか認知していなかった


あれから「尾瀬」は何回目になるのだろう


緑の絨毯の尾瀬ヶ原の木道をポクポクと歩きまわり
原を渡る爽やかな風に吹かれた初めての尾瀬

晩秋の至仏山から眺めたセピア色の尾瀬ヶ原

尾瀬沼では散々苦労したウッドデッキ上のテント設営

朝靄漂う神秘の尾瀬ヶ原を燧ケ岳から見下ろす感動

今では
そんな一コマ一コマがたいそう懐かしく
「遙かな尾瀬 遠い空」に想いは繋がっていく
-- ◇ 尾瀬をあるく の続き --

富士見下から
9時過ぎ、富士見下スタート
大清水からの予定だったが尾瀬沼での予約が取れず
富士見峠から長沢新道のコースとなる
久々のテント装備のザックの重さに
先行きの不安を覚えるが
あえて言葉にせず

「ああ、あじ~~い」と
滴る汗を拭い拭い
日陰を探してはヨロヨロと
長く単調な登りを
ただひたすら登っていくしかない
おまけに砂利道ときていて
足に響く

富士見下は標高 1173m
富士見小屋は標高1863m
標高差は690m
あら、これは手ごわいぞっと
山登りだ~い


途中、田代原で大休憩
もうここいらまでで十分なんじゃないのぉという日和見心に
封印して
キスゲの原を夢見ながら
また、重い腰をあげる



山と青空と白い雲
樹林の切れ間から見える
空の青と山の緑と雲の白さと
時折沢からそよいでくる涼やかな風に励まされ
ジグザグ折れ曲がった林道を登っていく


ようやっと見えてきた
アヤメ平の稜線
アヤメ平の稜線

富士見小屋着
      豚汁など啜りながら一息入れて




アヤメ平へ
もちろん、アヤメ平にも寄ってこよう


ワタスゲ果穂
ワタスゲ果穂がポワポワとそよいでは
「ようこそ、今年も来たね」とご挨拶



富士見田代、燧ケ岳と小沼
富士見田代の小沼と燧ケ岳
燧ケ岳のビューポイント
雲が出てきた、夕方には一雨来るかもしれないね



風吹き渡る1
谷間から吹き上げる風は
柔らかく心地よく
人の心と体を優しく包み
いまだ知らぬ世界へと
連れ出してくれるようだ
風を集めて誰かに届けたいね!



天につながる道
天空に延びる路はどこまでも果てしなく
限りあるこの地上から無限の天空に向かって
ジェットコースターに乗って
飛び出すよう



麦藁帽子
強めの風が吹き
麦藁帽子がふわっと飛ぶ

麦藁は風に乗り
山の谷間を縫って
誰かの元に届くといいな!
こんな素敵な風を誰かにも
感じてほしい!
そんな夢をみた

アヤメ平はかつて「天上の楽園」と讃えられていた
昭和30年代の尾瀬ブームによって
観光客によって裸地にされてしまった
そして、今、緑を取り戻すために
植生再生活動中だ

アヤメ平のその美しさは
今、少しづつ回復している

道
天空の回廊から
さっき、ヒーヒー行って登ってきた道が
深緑の山肌に煤けたように白く見えた
今来た道を振りかえると、
まだもうちょっと遠くまで行けそうだよと
そんな気がしてくる

一旦富士見田代に戻り、
横から長沢新道に入っていく
やがて木道は切れて
岩や根っこの出た道を下っていく
次第に勾配はきつくなり
鬱蒼とした木々の間からは
青空が少しのぞいているが
やや、飽きたなあと思う頃
沢音が聞こえてくる
もうすぐ、そこは尾瀬の原・中田代



竜宮十字路
竜宮十字路到着
さあ、ここから見晴のテン場までもう少しだ
キスゲのビタミンカラーに元気を分けてもらおう


下田代の尾瀬小屋のテラスベンチで乾杯
テント設営直後
俄かに土砂降りの夕立と雷
ふう、間にあったね

あり合わせの食材で
遅めの昼食だか早めの夕食を準備する



ホヤランプのあかりと蚊取り線香
ホヤランプと蚊取り線香
周囲のテントから尾瀬を楽しむ賑やかな声が聞こえる
ランプのシュウシュウという音が眠気を誘う
今夜は星空は望めそうにもない
シュラフに包まってホヤを観ていたら
いつのまにか眠ってしまう


翌朝
未明、周りのテントから朝餉の準備をする
ゴオゴオとガス音が響いてくる


お茶タイム
おはようの一杯を。。。


高知のお茶
まずは、高知の和宏さんからいただいた「高知のお茶」を
尾瀬の美味しい水で淹れたいなともってきたのだ
爽やかです~っとした香りが広がり
高知のみんなの顔が浮かぶ


お茶タイム
抹茶もね

早々とテントを撤収し
朝靄漂う原へ向かう

朝靄の木道
原はまだ醒めていない
朝露が草に留まって木道の人の裾を濡らす


朝靄立ち込める
ほの暗い原の帳が開かれる
尾瀬の朝靄は大好きな風景



靄が薄れる
靄薄れる
山々が姿を表わす



アヤメ群生
アヤメの群生
緑の布地にアヤメの刺繍


中田代方面へ
キスゲの原へ行こう



キスゲの中で
キスゲの中で人々は
温かな感動の声をあげ、語らう



キスゲと木道とカメラマン
キスゲの中を行く



さあ、そろそろ、
行きはよいよい、帰りはこわい長沢新道を辿って帰ろう
富士見小屋1863m
竜宮十字路1405m
標高差   458m
がんばれ~~


途中でたけさんに出会った
嬉しいばったりに力を得て
また、木道を登って行こう

富士見小屋
あっぱれ!富士見小屋
ここまでくれば、あとは一気に下ろう


=おまけ=
今回は道迷いもなく、忘れ物もなく
失くし物もなく、穴にも落ちず、横転もせず
無事にこの山行も終わるかと・・・



ところが、どすこい
帰り道、右手が熱く腫れだす
ありゃ、りゃ
昨夜ぶよだか、ぶゆに刺されたようだ
蚊取り線香4つも焚いた結界をものともせず
虫避けも塗っていたにもかかわらず
刺されたきぬがよほど間抜けなのか
アルコールぷんぷんの方には目もくれず
歳をくってはいても女のほうがよいのか?
ああ、おばちゃんの血はさぞ、うまかったことだろう


尾瀬のぶゆはおばちゃん好き?なのか?


結局、だんだんとひどく腫れ上がってきたので
しかたなく医者のお世話になった


ああ、なんともやれやれ
やっぱり
無事に終わったためしがない
◇ コメントを書く/見る(20) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[流石尾瀬 ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  07/22 08:12 | edit
今後の尾瀬 気になりますが

集まるんですねぇ~
予約なんですネ
それも 満杯!って

涼しげに見える画像も 実際は…

花三昧ですね

キスゲに アヤメ

実際に この眼で見てみたいなぁ~
けど 人が少ない 静かな尾瀬が好きです


[あやめ ]          ◇ わい | URL |  07/22 10:05 | edit
いいですね この前櫛形山で見れなかったので見たいです

尾瀬行きたくなりますね


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/22 20:57 | edit
尾瀬は確かにたくさんの人がいますし
木道なので渋滞しやすいですが
朝早くとか夕方になれば
静かになります。

アヤメ平は人も少なく
昼寝に最適な風が吹いてますよ
四季折々の尾瀬
訪ねたいです


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  07/22 20:58 | edit
ども、レポUPですね~

なかなかいい日を当てて、爽やかな湿原遊山でしたね。
抹茶も美味しかったです、いつもありがとうです。

ブユに刺されたあとはいかがですか?、ひどくならなければいいのですがv-393
また遊んでくださいね!


[わいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/22 21:17 | edit
櫛形山のアヤメも近年、
株が減少しているらしいですが
どうなのでしょうか。
今は「なでしこ」が話題ですが
「アヤメ」も日本女性の気高さの雰囲気を
もっているように思います。

尾瀬のアヤメ平も
いつか群生する時がやってくると
いいですね。



[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/22 22:07 | edit
爽やかな風と可憐なキスゲの尾瀬でした。
暑さと重さでくじけそうにになりましたが
あきらめず、がんばって?よかったです。

さて、ブユ刺されですが、抗生物質入りのクリームの
おかげでだいぶよくなりました。
ちょっと調べたのですが、
ブユも蚊もメスだけが刺すのだそうですよ。
じゃ、なんで、世紀の逝け麺の食う寝る氏を
襲わなかったんだろうかv-403




[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  07/22 22:11 | edit
花の尾瀬はほんとにいいね~アルコールばっかりじゃなくお茶も楽しんで、時間をゆったりと使うのがきぬさん流だね。

虫さされその後いかがですか?ブヨ刺されのあとはいつまでもひどいからお大事に、ってか、うちが夏行ったときは見晴しにブヨいなかったなあ。。。


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  07/22 23:38 | edit
>じゃ、なんで、世紀の逝け麺の食う寝る氏を
襲わなかったんだろうか

そんなんオイラが相手を選ぶからにきまってるやん(^^♪
ブユなんて、メスでもごめんだす~・・・わははっ


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/22 23:49 | edit
尾瀬の美味しい水は
高知のお茶の旨みや香りをより
引き出してくれましたよ

虫刺され、腫れはひきました。
お医者が言うには
年を重ねると
免疫力が低下して
ひどくなることが多いとか。
はっきり、「年とると」と言わないのが
哀しいですね。

ブヨは綺麗な水にしか住まないそうなので
ブヨがいるということは
自然が保たれているという証明とも
いうわけですね
この夏は虫対策にも注意していこうと
思います


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ しあわせなあの方 | URL |  07/23 08:57 | edit
>そんなんオイラが相手を選ぶからにきまってるやん(^^♪
おほほ、そう、ぶゆだって
相手を選んだことでしょうv-396

思い当りました、わたし、きっと
ぶゆにこの「美しさゆえ」に嫉妬されたに
ちがいありませんよね
(ああ、遙かな尾瀬・・・遠い目)


[ ]          ◇ 焼鳥大魔王 | URL |  07/24 15:09 | edit
いやーキスゲの黄色がいいですね~!!癒されました。


[ ]          ◇ 井上ウッド | URL |  07/25 02:00 | edit
なにげにキスゲの時期に行った事がありません。やっぱキレイですね~。今年はアタリですか?
2年ぶりに僕も富士見下から予定たてよーっと。


[焼き鳥大魔王さま ]          ◇ きぬ | URL |  07/25 08:29 | edit
キスゲの黄色は
元気をくれるビタミンカラーです。
尾瀬に行くまでは結構大変なのですが
来た甲斐があったな~っと思いますよ。



[井上ウッドさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/25 08:42 | edit
>2年ぶり富士見下から
たけ小屋の晩秋の尾瀬宴会の時ですか?
あの時、私は至仏山に一人で登っていたんですよ~

富士見下は結構きついルートですね
帰りはザック軽いはずなのに
なぜかいつも
重い!不思議です


[ ]          ◇ たここ | URL |  07/31 16:39 | edit
ばったりきぬさん、こんちゃ!

富士見下ルート、慣れるとおの林道はなんでもなくなっちゃいますよ。下りはいつも足痛ですが。。^^;

久しぶりに山で山友にあえてうれしかったです。しかも長沢ですからね笑。沼まで歩きましたがさすがに人が少なかったです。翌日の雨の尾瀬もよかったです。


[たここさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/02 19:57 | edit
ほんとにお山で知り合いにばったりこは
とっても嬉しいものですね
今回は特に
憧れの「たここさん」だったので
嬉しさ倍増でした。

富士見下ルート、下りはやっぱり足が痛くなりましたよ。
御池ルートからの入山もしてみたいなと思います。


[ ]          ◇ まゆ太 | URL |  08/02 20:07 | edit
きぬさん、こんばんは!
きぬさんのレポ読んでたら、尾瀬の気持ちのよい風が吹いてくるような気になりましたよ^^
うん。さわやかだ~
尾瀬満喫な2日間でしたねー
#5月のサイテイレポに今さらジローなコメントをさせていただきました。
返信なしで構いませんので、おひまなときにでも読んでやってくださいまし。


[まゆ太さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/02 23:58 | edit
こんばんは、
今回の尾瀬はキスゲ狙いでしたが
ぴったんこでした。
それに、アヤメ平はまさに天空の楽園といえるような
素敵な風が吹いてました。
たしか、まゆ太さんたちもこの週の後に
尾瀬でしたね。
駒ちゃんに会えなくて残念でしたね~。
私はこの土日、駒ちゃんに会ってきましたよ。
「駒ちゃん一人、哀愁の尾瀬テント」の話に
笑い転げました。


[ ]          ◇ えび | URL |  08/04 00:46 | edit
うーん・・・
尾瀬、キスゲ・・・いいぞ、いいぞ!
ってテンションv-162v-162だったんですけど

ブヨかぁ・・・v-164v-164
あたくし、ブヨはアナキラフィシーショック起こしてしまうんで
ダメですわーーーーー。
腫れますよね?熱いですよね?硬いですよね?
そして痛くて歩けないですよね?
ストック使って会社行きますよ・・・


[えびさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/05 09:14 | edit
尾瀬でブヨに刺されたのは私だけのようで・・・
ブヨも人を選ぶようであります
美女しか狙わないようですから、
えびさんはもう、恰好の餌食です!!

別にブヨに血なんかたくさんあげたって
かまわないんです。
かゆみと熱、痕が残らなければ
好きなだけあげます
先日も木曽でやられました。
もう、虫避けなんて頼りになりません。
どうすりゃ、いいんですかね~


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/240-527e27e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。