上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
富士を見下ろす山~山梨百名山・白鳥山 : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

杉林を行く
山路を行く

次はどこの山に登ろうかと選ぶ時には、いろいろなワケがある。

花が見ごろ、展望がいい、緑が美しい、富士の眺望がいい
○○さんがいい山だと言っていた
ブログで紹介されていた等、
季節や気分,想いで様々である。





-- ◇ 富士を見下ろす山~山梨百名山・白鳥山 の続き --

たまたま、ネットで見つけた「なんぶの湯」
そこの食事処にあったメニューに

一品料理  山デニ モモーにゃ コメーにゃ 

アッ、なんだろ、山デニって?モモーにゃ、コメーにゃって何??

と気になった。

ここはひとつ、行って確かめて来よう


そうだ「なんぶの湯」に行こう


ま、温泉だけというのも聞こえが悪いので
ついでに近所の山にも登ろうと云うわけで
探してみたら
山梨百名山の山々があったあった

候補:貫ヶ岳 篠井山、高ドッキョウ、白鳥山、思親山など

さあてどこにしようか?
どの山もそれぞれ特徴があって面白そうだが、
ここは
名前もオシャレで
標高567,7mと申し分ない?高さの
「白鳥山」(しらとりやま)が有力。
6月5日(日)白鳥山山行決定



国道52号線を興津方面へ万沢トンネル手前の横道から
随縁カントリーへの山道に入り
一気に300mまで登る
駐車場、トイレもある白鳥山は森林公園として整備されている




 
池代コース
さあ、まず、山頂を目指す前に準備運動だ
外環1100mのグルリップ池代コースを歩こう



ストック背負って
ストックも背負って準備万端
登る気たっぷりだ



杉林
少し靄がかった杉の植林道を歩く
人もなく、静かな林間に鶯の声が響く



えびね
えびね  たぶん自生ではないだろう


富士川が見えるという展望台からも樹木やガスに邪魔されて
麓が垣間から少しだけ見える


難所
一周30分ほどの周回コース
ここが最大の難所、ロープ、梯子階段
さあ、ここは気合いを入れて
登っていただくことにしましょう




吊り橋
綱の橋も渡りましょう


あ、わたし?、
えへん
普段から運動してますんで、アスレチックは間に合ってますです




白鳥山登山口
駐車場に戻り、車道を少し戻り
本日のメインルート、白鳥山登山口へ
うたい文句は
・山梨百名山
・恋人たちの聖地
・関東富士見100選地


道標
「富士山を見下ろすコース」
これはまた、ずいぶんと大きくでたものだ!
山梨百名山一、低い「白鳥山」が
日本一の山を見下ろすとは
ね~・・・・



登山道
整備された登山道
桜が植樹されており、将来は山頂へと続く桜並木となることだろう
山頂まではあっという間の12分ほど、
歩きやすい遊歩道となっている


山頂標識
山頂標識
晴れていたらさぞかし、南アルプスや富士の眺望に感嘆の声をあげたことだろうが
出るのは、苦笑い

山頂には狼煙台もあり
狼煙台謂れ
狼煙台謂れ
ここ白鳥山の由来は「城取り山」からきたという説もある

甲斐の国の最南端に位置し駿河の国との境にそびえる白鳥山
武田氏が砦を築き富士川沿いからの侵略を見張った地とされている
異変があれば、狼煙を上げたであろう




モニュメント
たぶん、このハートから富士山が見えるはずなんだろうけど
山頂にいるのは
オジサン二人組、富山から来たらしい7人ほどの中高年パーティ
あはは、ここは聖地です




富士川沿岸
富士川沿岸、雨も降り出しそう
さあ、下山してお腹も空いたので早く「なんぶの湯」へ行こう


なんぶの湯の泉質はPH10.3という
国内でもトップクラスのアルカリ性単純泉

ぬるぬるしている割には、湯切れがさら~っとして
心地よい

最短登山のおかげで
まだ、時間もあることだし
帰り道、温泉のハシゴで
みたまの湯」に寄ろう
ここは夜景とお食事処「見晴らし亭」が秀逸


甘甘娘
甘甘娘(かんかんむすめ)とネーミングされたとうもろこしのおさしみ


夜景
露天からは撮影できなかったので
休憩所からのガラス越し


曇り空で星は見えない
宝石のように地上の星々が瞬く
あの光線の元には生活があり、明日がある


あああ~、うっかりした
肝心要のなんぶの湯の「モモーにゃ、コメーにゃ」はどしたの?

だって、食券販売機から頼んでもいない券が4枚も出てきちゃうわ、
4品以上は覚えられないわ
注文用紙に赤丸を付けたりで
おおわらわ



あ、いつもそんなもので
また、行かなくっちゃですねぇ。

◇ コメントを書く/見る(8) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  06/08 22:53 | edit
温泉のはしご、ぜいたくですね~
こんな休日もたまにはいいね。


[良い遊山と存じます m(__)m ]          ◇ 河童 | URL |  06/09 06:27 | edit
そうそう贅沢ですよ。
このゆとりこそ大切なんでしょうね。


[はしご ]          ◇ 岐阜ぺんぎん | URL |  06/09 13:11 | edit
温泉のはしご

いいですねぇ

蕎麦屋のはしごも

一番好きなのは もちろん 『はしご酒』かな!?

富士山を 見下ろす 山 気になります


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/09 19:33 | edit
>温泉のはしご
違う泉質の湯比べが実感できておもしろかったです

>こんな休日もたまにはいいね
そう、たまには・・・・ですよね


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/09 19:41 | edit
>ゆとりこそ大切なんでしょうね
週日はまったくゆとりない生活なんで
遊ぶ時は、ゆとりたっぷりです


[岐阜ぺんぎんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/09 19:49 | edit
>富士山を 見下ろす 山 気になります
今回は富士山が見えなかったので残念でしたが
果たして、見下ろせるのか?
また、いつか確かめに行ってみたいと思います。

このところ、はしごが続いておりますv-426


[ ]          ◇ 月夜亭まま | URL |  06/10 01:57 | edit
またまた店終わりに見ております。緑の写真に癒されます…。(^-^) ♪



[月夜亭ままさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/10 09:11 | edit
お疲れさまです、
こちらこそ、月夜亭のユニークで温かい陶器や
カウンターの向こうの大魔王&ままさんに
癒されております。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/233-8eeea552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。