上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
三方分山 1422m~精進湖畔キャンプ氷編 : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

子抱き富士
子抱き富士~精進湖畔から

当初は上高地で寒さを楽しむ会の予定だったが
天候を見て、変更。
どこにしようかと考え、マイブームの山梨百名山
精進湖畔を起点に三方分山からパノラマ台を
結ぶ樹林と展望を楽しむ周遊コースとなった。




-- ◇ 三方分山 1422m~精進湖畔キャンプ氷編 の続き --

今日のメンバー
1月8~9日 晴れ
今日のメンバー:ビビさん てんちゃさん 食う寝るさん きぬ
さわやな青空のもと、すこやかさわやか笑顔の4人組は湖畔をスタート



小林商店
小林商店
湖畔道路を渡り、精進集落へ
かつて駿河と甲府を繋ぐ中道往還の宿場町だった
昭和の情緒が残る店舗兼住宅の小林商店
平成15年まではおばあさんが営んでいたそうで
近所のこども達が立ち寄る駄菓子屋として親しまれていた
いまでは、招き猫が代わりに店番をしているが
営業はしていないようで
戸の鍵は閉まったままだった。




兜造りの家
古い兜造りの家
すでに忘れ去られたような家屋や
今も住んでいる気配もある家など
懐かしさが漂う道だ




精進の大杉
諏訪精進神社の大杉 天然記念物
看板には
      目通り 約10m  樹高40m
      樹齢  約1200年  枝張り 東西18.8m 南北19.5m

大きすぎてカメラに収まらず
大木は千年余の時を駈け
ここを行き交う人々、住まう人々を見守り続けてきた
高く広がる枝を幹を見上げる

 

山道
やがて民家もたえ、落ち葉の山道となり
いくつかの沢を渡渉して行く


道しるべ
みちしるべ
本日の山行の隊長を任じられたきぬ
しっかと三方分山への方向を確認し
皆を導く



山頂標識
40分ほどで三方分山山頂



山頂からの富士
富士の側は伐採されていて富士見処



木々の間に南アルプス
パノラマ台に続く尾根道には
ブナの木々の間から南アルプスの白き連なりが
目に眩しく
右手に目をやれば
富士の雄姿
贅沢な展望に思わず足が止まる


しかし、このコースは思いのほか登れば下り、
下れば、また登り
精進峠、根子峠を辿り



パノラマ台
やっとやっと着いたパノラマ台  この間2時間弱ほど



本栖湖方面
本栖湖を望み


精進湖方面
精進湖を望み



樹海
緑深い樹海を望む
総面積2726ヘクタールの青木ヶ原樹海
864年に長尾山から噴き出された溶岩流は
一つだった湖を西湖、本栖湖、精進湖と三つの湖に分け
20億トンもの溶岩はゆっくりと1000年余の時をかけ
冷却され風化していき
その上に静寂に包まれた原始の森を育んでいった。
しばらく、展望と時の流れを感慨深く味わう



落ち葉の下山道
さあ、落ち葉の絨毯を踏み踏み下山だね



パノラマ台入り口
1時間ほどで
湖畔道路沿いのパノラマ台への入り口着
停めておいたてんちゃ号にて
湖畔キャンプ場へ戻る
きぬ号に乗り換え、河口湖温泉寺温泉で汗を流し
スーパーで今夜のお楽しみの買い物
お腹空いていたのであれこれ手にしてしまう
そんなに食べれるのか

わあ~~い
今夜はキャンプだ ホイ!!
焚火
キャンプファイア


BBQ
BBQ 大好きなホタテも満載



息も凍る湖畔の宴会
空を仰げば
オリオンの三ツ星ベルトも燦然と天を飾り
シリウスはサファイアのように瞬く
火はほんのりと揺らめく

マスター特製のホットワインの薫りが
馨しい
今日はオレンジスパイス入り

宴もたけなわ
そろそろ休もうかね
ビビさんは自前テントへ
我ら3人は女神さまの豊かな懐へ
潜り込んだ


シアター
※注 メガミッドはフロアレス、モノポールの簡易テント

凍てつく空、湖、深く深く万物は眠りにつき
そして
女神さまも耐えきれず、緩く儚く夜の闇の中に
3人を包み込むように崩れていった(らしい)



朝日
翌朝7時起床
湖に陽が昇り始める



温泉
朝から温泉にて染みついた煙を落とす

さあ、今日のコースは
山に行こうという提案もあったが
きょうはまったり系でお願いしますということになり



西湖いやしの里根場
西湖いやしの里根場へ遊行


いやしの里と富士
富士と古の民家


本日も晴天なり
◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[KY(危険予知) ]          ◇ ホッシー | URL |  01/22 12:32 | edit
>ビビさんは自前テントへ
偉いwww
2010年夏に知り合ってからでも、幾度となく倒壊しているテント話・・・
キャンプいーですねー!
ホタテがウマそう。。



[ホッシーさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/22 18:33 | edit
>>ビビさんは自前テントへ
あ、その、いや、予知じゃなく、ご自分の都合でつ。

>幾度となく倒壊しているテント話・・・
あ、その、いや、そんな話ありましたっっけ?

ほたてお好きですか?
ワタシ、ホタテきにゅっていうくらい好きです。
で、今度、キャンプしましょう
でも、テントは別にしますかね


[本日も晴天なり? ]          ◇ とち@今日も氷結 | URL |  01/23 20:26 | edit
YGくんとの設営講座から
止まらない女神ちゃん伝説。
寒い季節の野外キャンプも
たき火と炭があれば身体もあたたまりますねー。
久しぶりの(←?)メンバーで楽しそうです。
そうめっちゃ爽やかやん^^
今度一緒にキャンプしましょう!
で、その時は女神ちゃんとは別で(爆)


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  01/23 22:31 | edit
また一つ女神伝説ですね。ほんとに笑えるわあ。


[とちさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/24 07:57 | edit
はい、関東はきょうもあすも晴天なり。
そうそう、擬似円筒凹多面体もキャンプファイアに参加でした。
湖畔も氷結状態でしたが、
マスターの激で必死で拾ってきた枯れ木や
松ぼっくりであったかでした。
松ぼっくりって立派な燃料だったんですね。
ぜひ、とちさん、河童さんとも
いつかキャンプだホイ!
果たしてその時、なにが起こるか?
楽しみにしています。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/24 08:00 | edit
あい、倒壊の女神さまは
いつかあなたの元にも訪れることでしょう!


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  01/24 15:19 | edit
女神ちゃんv-47には何の罪もない・・・・v-390


[数々の・・・ ]          ◇ 河童 | URL |  01/25 02:43 | edit
 風雪を耐えたビバーグで
我々の身体と荷物を護ってくれた女神さまが
そこで倒れようとは・・・・・合掌。   (苦笑)

 それにしてもいつもながらの見事な遊山(爆
早くご一緒したいじょ !!


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/25 08:32 | edit
>女神ちゃんには何の罪もない・・・・
はい、それもこれも
みな、氷点下のあの夜のせいでつ・・・か?


[河童さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  01/25 08:35 | edit
はい、遥々、河童隊のもとから
関東へやってきた女神ちゃん
厳しい修行中です。

>早くご一緒したいじょ !!
はい、その時には
そつなく、おもてなしいたします
が、ポカは覚悟していてくださいませ。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/214-2ba2b499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。