いつか晴れた日に・・・②雨のち晴れ!~リベンジ西岳~編笠山 : 八ヶ岳 : heavenly blue雑記帳

青空と氷レモン
青空に氷れもん

明けの明星(ルシファー)は、今日の快晴を
告げているかのように東の空に
その優美な光を放っている

うん、きょうは期待できるよね!
「あした天気になあれ!」の願いは
いつか、雨のち晴れ!
-- ◇ いつか晴れた日に・・・②雨のち晴れ!~リベンジ西岳~編笠山 の続き --

と、まあ、ルシファーな夜明けには
ちょっと似合わないかもな
インスタントみそ汁「ひるげ」を飲んだら
編笠山頂を目指そう。

でっかい岩岩の上をぴよんぴよん飛んで
樹林帯にはいり、20分も登れば


もう編笠山頂
編笠ラバだ~ス
久しぶりの編笠にハグ中の「あみがさ・らぶ・だ~す」さん




静かに陽は登り、世界を染め上げていく
雲海のスクリーンに映る山の翳
雲海のスクリーンに山の翳を映し
淡く脆い雲の海はどこまでも拡がっていく



遙かな富士
雲の海の遙か彼方には富士が
ぽっかりと浮かび



権現、阿弥陀、八つの山々
八つの山々が黒々と浮かび上がる



編笠に日は昇る
陽は眩い光を振りまいて




眩しい朝日
堂々と立ち上がってくる

雲の海は少しづつ薄くなって
浅い底をみせるように
下界を表してくる


極上の時間を楽しんだら
戻って朝ご飯にしよう


青年小屋とテン場
樹林を抜けると青年小屋とテン場が見えてくる
こんな眺めもいいもの
なぜか、懐かしく思えるような



雲ひとつない編笠山
テン場に戻ってからもしばらく
一人でぼや~っと空を見上げていた

空の青さを見つめていると
私に帰るところがあるような気がする


ふっとそんな詩(谷川俊太郎の)がよぎる


さあ、撤収してサクサクと下るよ~
西岳への登り返しも
さほどつらくも感じず
再び西岳へ


雲に抱かれる
ぐんぐんと白い雲の腕が伸びてきて
山は雲の懐に抱かれる


西岳から
またたく間に雄姿が覆われていく



トンボ飛ぶ
トンボの群れが果てしもなく広い空を
飛びまわっている
いったいどこからやってきたのだろう



しばしの休憩後、もと来た下山路へ。。。のつもりだったが
きぬ隊長、痛恨の下山路間違い!!を犯してしまったのだった



山頂からの下山コースは2か所あったようで
不動清水コースを行くはずが
寸分も迷わず、立場川キャンプ場コースへ歩を進めてしまった。。



が、そうとは知らぬ、二人はとっこことっこと
急登を調子よく下って行った


kuu「ピストンはつまらないっていう人もいるけど
   行きと帰りの景色が変わって見えて
    ピストンもまんざらじゃないよ
と、写真を撮りながらおっしゃる


  (天の声:そりゃ、そうだ、行きと帰りの道、違っているんだから、
       違って見えてあたりまえだ)


きぬ「ほら、この大きな岩、行きにもみたしね、
   この花もここい咲いていたよ、写真も撮ったよ」

   (天の声:ほんとか?ほんとにみたのかい?)


だが、さすがに急坂を終わると余裕が出たのか、
「こんなとこ、通ったっけ?」
行けば行くほど
「こんなのみたかな~?」
      
   (天:早く地図を見ろ!)

帰り道こんな樹林も
帰り道こんなススキの道も

通った覚えがない!!確信

やっと地図を広げる

「おりゃ、西岳山頂から、下山のコース、間違えてるよ、きぬさん」

「げえ~~」

「すんませ~~ん」

ということで
対策会議を開き、、
林道を使って、「不動清水」を目指すことになる。

ああ、また、これが長い長い林道歩きだった
林道の名前は忘れもしない「広原柳川林道」

歩いても歩いても
林道歩き
カーブのその先にはまた、道が続き、
またその先にはカーブ、またその先には・・・
激しく落胆。


景気づけのため
   「歩こう、歩こう、わたしは元気 歩くの大好き、どんどん行こうとか
「線路は続くよどこまでも」を歌ってみる

「あとどのくらいかな~、まだかな~」

kuu「地図見るのこわい」


と迷走な下山路でありました。

心も崩れ落ちる寸前、やっと、ゴールのゲートが見えた時は
「西岳~編笠グルリップ、健脚お薦めコース、完走バンザイ

で、出たところは、不動清水ではなく、造林小屋前のもう一つのゲートに。

ゴール
みれば、うちの車が止まっている

不動清水までの30分ハショレテ儲かったっと喜ぶ
その前に

山の教訓:一歩踏み出すその前に、下山路は必ず確認いたしましょう

まだ、続く
◇ コメントを書く/見る(12) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 八ヶ岳


[あーぁ ]          ◇ K林@一休み | URL |  08/27 12:41 | edit
>>何事も無かったようね...チョット期待してたんですけど...
>あい、続編の「雨のち晴れ」をご覧いただければ、、、
ということで、早速見てみれば...もう... (@.@)
このコンビに平穏な山登りは似合わない気がしてきましたよ。


>まだ、続く
って? ぇー! (楽しみ...)


[やっと!! ]          ◇ akemi | URL |  08/27 12:49 | edit
晴れたんですね。
だから、ちょっと歩きたかったんですか?(笑)
…それにしても。
間違えて行ったのが、とんでもない方向じゃなくて良かったですね。



[k林さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/27 20:18 | edit
>このコンビに平穏な山登りは似合わない気がしてきましたよ。
いやいや、k林さん、今度、平穏な山登りに連れていって
くださいまし。

続きは、至って平穏な世界をご案内しますので、
ご安心を。


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/27 20:27 | edit
やっと、やっと、ですよ~
>ちょっと歩きたかったんですか?(笑)
はい、ちょっとだけで、もう十分でした。

>とんでもない方向じゃなくて良かったですね
はい、なんとか歩ける範囲でよかった。
これを機会に山頂から下山するときは
十分に気を付けます。


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  08/27 20:54 | edit
いろいろ楽しい山でしたね。
久しぶりに快晴だったように言われるけど、前回の2山行が雨だっただけやんね!
あとは全部良い天気だつv-390

ま、迷コンビなのは確かだけんども~
今回もいい出会いがあり、楽しかったですね。
またいきましょう。
たまには晴れ狙いで日帰りもありかな?(弱気)


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/28 14:42 | edit
やっと、このたび、青空の似合う男登場でしたね。
遠い飲み屋もよかったし
編笠山頂からの展望は期待していた以上で
朝日が雲の海を空を
静かにゆっくりと
浮かび上がらせていく様子が
とっても心に染みました。



[ ]          ◇ ロビン | URL |  08/28 22:08 | edit
どこをどう間違えたんだろ? 不思議ちゃん
いやー きぬさんは皆をよろこばそうと思って
1山行に1コは必ず何かやってくれる・・・
あれっ 以前いたな、そんな人が。

でも西岳もなかなかいーやつだったっしょ?
雪のときがまた素晴らしいっす


[ロビンさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/29 00:37 | edit
>どこをどう間違えたんだろ? 不思議ちゃん
あの、言い訳がましいですが、
ちょうど、不動清水への下山口前に
若い中高生がたむろしていて
それを何とはなしに避けたようで
つい、目の前の道にふらふらと
踏み出してしまったようです。

西岳の道、静かでしたが
結構登りがいありましたよ。
雪のときもいいのか、行ってみよ。


[林道・・・ ]          ◇ ホッシー | URL |  08/29 20:00 | edit
思ったよりちゃんとした林道ですねー。
林道に出るたびに「猫バス来ねーかなー」とか、「めーちゃんはビョーキのおかあさんにどーだこーだ・・・」って話してましたー。

そうそう。トンボが沢山でしたね。

追伸:山頂に2時間半いました。。。^^;


[ほっしーさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/29 22:25 | edit
はい、りっぱな林道でやんした。
ダンプが来ても大丈夫でしょう。
この辺りは林道が錯綜しているようですね。
「銀銘編笠林道」なんていうもありました。
お酒の銘柄みたいだよね。
猫バスかあ、まっくろくろ介もすきですよ~。



[ ]          ◇ kumi | URL |  08/31 22:35 | edit
は~い、、、
>山の教訓:一歩踏み出すその前に、下山路は必ず確認いたしましょう、、、

その前に、登り口も確認しなくちゃだワン・・・なJJよ。

編笠の上からの雲海すてきだわね。


ルートをまちゃがっちゃってもさ、迷コンビなら、それをも楽しむ勢いで乗り越えられうわよね~♪

これをソロで体験してみそ。。。
滅入るわよ~。






[kumiちゃんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/01 07:54 | edit
>その前に、登り口も確認しなくちゃだワン・・・なJJよ
そいえば、あのとき登山届、書いたのわたしだったのに
まぁ~ったく気がつかなかったわん。
つい、目の前の道に進んでしまう癖、
よくかんがえよぉ、プチ反省中。

で、今は、猛烈に長野のあのお山に行きたい行きたい。
まっててねぇ。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/196-056f1dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)