上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
夏休み自由研究・親子で立てようピラミッド?~木曾駒の麓で : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

やまゆり荘看板
やまゆり荘の看板の上にあった切絵


世は夏休みも真っ盛りの7月31日から8月1日
こどものころは、怠惰な日々にすっかり宿題の存在も忘れ果て
遊びまわっていた時期だったな。
このたび、
河童さんのご厚意によって譲ってくださる「メガミッド」(宴会型テント?)を
受け取りに行くことになった食う寝るさん。
「御嶽山」登るんなら、行きます!と。
いうことで
まずは目指せ!御嶽山。
-- ◇ 夏休み自由研究・親子で立てようピラミッド?~木曾駒の麓で の続き --

明け方に降った雨、やな予感。
しかし、登山口では
御嶽山
こんな御嶽山が「おはよ、よく来たね」


おお、行けそうだ!!
鳥居をくぐって
鳥居をくぐって足取り軽くスタートだ。



と、ところが
標高があがるに従って
次第にガスが立ち込め、
しまいには雨も降り出す。

ガスガス

く「さあ、隊長さんどうしますか?」

き「えっ?私が隊長なんすか?
  う~ん、あと、もう少し登って様子を見ましょう。」

雨がバサバサ、合羽を着よう!

にわか隊長「はい、もう、下山します!(きっぱり
      また、来ましょう。」
とっとことっとこ下山。


走る車窓から
走る車窓から。
御岳スカイラインを下ってくると
御岳ダムの水面に映る空と雲と山々
う~ん、正直ちょっと恨めしいな、思わず,
チッ!
でもきっと、山頂はガスガスさ、なんも見えやしないね
と、負け惜しみを言ってみる。
でも、次に待つ、河童さんたちとの再会に心が弾みだす。


道の駅三岳
道の駅三岳に会ったヘンなもの
関西電力がかつて使ったタービンらしい、
記念として置いてあるらしい?

棧(かけはし)温泉ですでに到着していた河童さんチームと合流。
はじめましての
自称お笑い系かっちゃんと猫娘さん。
微妙な自己紹介をし、よろしくです。


棧温泉、ひなびたいい温泉
窓から渓谷の景色を一人堪能した。


くるまや
混みだすおひる前に
木曽のお蕎麦やさん「くるまや」へ。


木曾駒別邸にて戦い前の一休みをする河童さんたち
戦わない我らは、かつての宿場町の匂いが幽かに残る
町並みを散策する

さあ、目覚めた獅子たち?
背中は語る
哀愁漂う背中は何かを語る
いけてるオヤジたち、足どりがすでに勇足か千鳥足?


木馬
ひのきの里の木馬引き、この丸太を引いてタイムを競うらしい
重そうです
山で切り出した木を山の麓におろす作業で、木馬と呼ばれる橇のようなものに乗せた。
この仕事は大変な力が必要で、また、しかも木馬を引く加減が難しく、かつては命懸けだったと
聞いた。




いよいよ、熱き我が河童チームの登場
レース中
出だしは快調
コーナーに、いささかてこずり
さらに、恒例のハプニングも起こり
苦戦の末、ゴールイン。
ホワイトアウトなチームの皆さんだった。

しかし、思いっきりのいい見事なブービー賞を獲得。
はるばる、関西から関東から木曽を目指し
堅い絆で結ばれたチームの面々
戦い終わって
なにものにも代えがたい笑顔で
うん、ちょっとうらやましかったな。


木曽の夕暮れ

戦い終わって日が暮れて、
木曽の祭りの風がす~っと
通りぬけて往ったような気がした。

温泉で汗を流したら
山道を辿って(車で)木曾駒荘へ。
ところがどこかのよっぱ~なお方の
道案内でなかなかたどりつけませぬ。グルグル。
きぬ・・・河童号に駈けより、
     「どうもダメみたいです」
     「あはは~~」

そんなこんなで夜の山道走り抜け、やっとこさ木曾駒荘へ。
あとから帰った木曾駒さんも
どうしたの?遅かったねぇ。
えへへ

すでに、先発隊、宴もたけなわ
猪も鶏も豚も牛もあるよな~BBQの網の周囲に駈けよる
ほら、焼けたよ、はい、お皿に取り込み
おなかにお肉が染みわたっていく
木曾駒さんが用意してくれた「シルクビール」
嬉しくて2杯も飲んでしまったし
ちょっと転んでトロ箱を壊してしまったけ。

花火も始まり
1輪貰った線香花火のぱちぱちと落とす火が
「祇園精舎の鐘の音・・・・」を想い起こさせ、
記憶の中で回り灯篭のように
静かに巡りだす。


あちらこちらで笑い声、歓声の飛ぶ中、
シュラフに潜って
御嶽山のこと、木馬引きのこと、祭りの風のことを
想いながら、眠りについた。



自由研究編
翌朝、
賜った「メガミッド」を試し張りしましょうと先生がのたまう。
ほ~い、と車から持ち出し、
渡そうとしたら
く 「きぬさん、張ってミソ。」
き 「ドシタラヨカンベ」
そな、ご無体な、
ポールを持って唖然としたその時、

河童チームの最年少、一番いい男(としておきます)のYGくんが
「お手伝いいたしましょう、」(母上!とは言わなかったけども)
こりゃ~、木曾駒で王子様に出会ったぞ!
助っ人登場に気を良くして大発奮。

しかし、張る順番を知らぬ素人親子
まずポールをYGくんがテントの中で支えている間に
母がテントを廻りながらペグを打っていくという方法


夏休み自由研究、親子でたてよう!
夏休み絵日記~自由研究・メガミッドを立てよう!
協力しあう母と子の健気な姿に廻りも感動?


このピラミッドならぬメガミッドはまず先にテントの四隅か対角線にペグを打ち
真ん中にポールを押し立ててれば
自然に立つという至って簡単なものだった。

もう一度やってみたら、簡単に一人でもできるものだった。
でも、二人で汗水たらして
学んだメガミッド設営
YG「また、一緒にテント立てましょう!」と。
果たして次回はいつか?
きっとその時はもっとうまく張れるよね。
再会を約束した二人であったかも?


こうして夏休み絵日記の1ページを飾った木曾駒の麓のひとこま
詳しい様子は食う寝るさんのブログに。掲載中。
一行はお世話になった木曾駒さんにお礼をいい、
開田高原へ、大目旅館のお蕎麦を食べ
やまゆり温泉に浸かって
名残惜しくもまた再会を期して
それぞれの場へと
車を走らせた。
またね。



◇ コメントを書く/見る(16) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  08/07 09:57 | edit
御嶽山は残念だったけど、また来いってことだよね。
ほんわか楽しげな様子が伝わってきます。
食う寝るさん、河童さんのブログともども、それぞれの思い入れの木馬だったね。



[こうして ]          ◇ akemi | URL |  08/07 11:36 | edit
2人のレポを見比べるのも楽しいなぁ~。

>まず先にテントの四隅か対角線にペグを打ち
真ん中にポールを押し立ててれば自然に立つ

なるほど~~~!!!
そりゃそうですね!でも気付かなかったですよ!
私も難しそうだなぁ~と思ってました!(^^;)


[ ]          ◇ かっちゃん@katsu13 | URL |  08/08 01:11 | edit
楽しい二日間をありがとうございました♪
皆さん濃い~キャラばかりでとっても和みましたよ(笑)

>ところがどこかのよっぱ~なお方の
>道案内でなかなかたどりつけませぬ。グルグル。

大丈夫!登山ではきぬちゃんに絶対ルートファインディングは
頼まないのでご安心ください(笑)

それよりなにより次回の山行が楽しみです!
ボケたらツッコミますので~♪


[ラッキーエビス中♪ ]          ◇ とち | URL |  08/08 21:19 | edit
高遠でお初にお目にかかれてから
こんない早く再会の時がくるとは思ってませんでした。
しかも脱衣所(笑)
マスターはともかく河童号チームもよっぱな面々ですみません。
レースの時はいろいろとお心遣いありがとうございました。
木曽駒さんときぬさんに甘えてばかりでした^^;
御岳山はまた行ってみたい山です。
いつか一緒にお願いします・・・ってついて行けるのか?
きぬさん
これからも宜しくお願いしますね~。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/09 08:00 | edit
はい、あきらめず、また、御嶽目指します。
きのうは八つの天狗でしたが、
御嶽が見えました。やはり、雲の上に堂々と乗っかって立派なお山で
待っててね~と呼びかけました。

来年あたり、ぜぜさんも
コスチューム部門で参加いかが?
最強になります。


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/09 08:06 | edit
メガミッドテント設営、やってみれば、なんだ!でしたが
「自分で考えてやってみそ」と言われて、
悩みましたが、時間はかかっても
取り組んでみると、
きぬのボケた頭もこのところ、いささか賢くもなったような。
マスターの特訓?には感謝です。

雪山でも、メガミッドなら、アイゼン付けたまま、
中に入れるので便利だそうです。


[かっちゃんさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/09 08:17 | edit
>皆さん濃い~キャラばかりでとっても和みましたよ(笑)
って、それはお・た・が・いさまでございます。

>大丈夫!登山ではきぬちゃんに絶対ルートファインディングは
頼まないのでご安心ください(笑)
げっ!でもですね、
あれは、某さんが隣で迷ナビをしてくれてまして
右・・・あら、ちがうか?
こっちかな?とか、v-31
もう、こちらは冷や汗ものでございました。

ほんと、次回がとっても楽しみですね、
私、以外といざ!という時は
しっかり者ですから、(と自分は思っていますが)
もしものときはお任せあれ!!(あれ~)
でも、忘れ物の天的才能のもちむしですので
お気を付けくださいませ。


[とちさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/09 08:22 | edit
とちさんの名前の由来のお話、
今でも心の中に深く残っています。
時々思い出しては、
あの木の空気が心の中を流れていくようです。

とちさんの山ガール姿、かわいかったです。
また、ぜひぜひご一緒したいですね。

河童さんにもよろしくです。


[ ]          ◇ ロビン@会社 | URL |  08/10 12:59 | edit
あ”ー ざんねんこ

「また、一緒に・・・・ましょう!」という
言葉に次回はないという法則。。。むふふ
そのハタチは私がもらった! 

んで カッパドサルスフィンクスって なーに?(笑


[ロビンさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/10 19:07 | edit
>「また、一緒に・・・・ましょう!」という
 言葉に次回はないという法則。。。むふふ
チッチッチ~!!
風の便りに彼は「登山靴」を買って
次回に備えているそうですよ~。。。うひひ

「カッパドサルフィンクス」とは
ピラミッドのそばにはスフィンクスがつきものです。
テントをくださった河童さんあやかって
宴会型ピラミッドテント女神ちゃんの守り神みたいな
ということで。


[ ]          ◇ 監督@中○アフ○カ | URL |  08/13 20:33 | edit
>テントの四隅か対角線にペグを打ち
>真ん中にポールを押し立ててれば・・・
ツエルトもほぼその要領でうまくいきましたよ。



[監督さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/16 13:55 | edit
えっ?中央アラスカ? ってことはないですよね。
山はありますか?
お返事遅れました、15日深夜、北アから帰って来ました(北アラスカじゃないです)雨風霧でしたv-390

>ツエルトもほぼその要領でうまくいきましたよ
また、河原キャンで教えてくださいね。


[ ]          ◇ みっちー | URL |  08/16 22:27 | edit
初コメントさせて頂きます。

北アお疲れさまでした。双六からはどうされたのか気になっていました。
私はといえば、双六からあのお3方と新穂高へ帰りました(ToT)
さすがに、西鎌は危険だとベテランMさんも仰っていましたので。

あと、私の下の名前に意外な共通点があるのには驚かされました。
彼には優しくしてくださいね~


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  08/16 23:21 | edit
>彼には優しくしてくださいね~

みっちー、ナイスなコメ(笑
そだそだv-411


[みっちーさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/17 08:26 | edit
北アお疲れ様でした。
>私はといえば、双六からあのお3方と新穂高へ帰りました
みっちーさん、どうしたかなあって、わたしたちも気になっていたんですが、また、ぜひ、槍を目指してくださいね。
それにしても、テン場での暴風雨、やられましたね。
「嵐は必ず、いつか止む!」ってお祈りしながら、必死でテント押さえてました。

>彼には優しくしてくださいね~
はい、わかりました~v-426
みっちーさんのようなかっこいい青年に育てますよ。うん。


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/17 08:32 | edit
>>そだそだ
私はだれにでも満遍なく
優しくしてますけど。なにか?


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/191-f296f598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。