尾瀬沼~テント修行編 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

雨上がりの木道散歩
雨上がりの木道散歩


毎度、週間遅れ(周回?)のおねーちゃん、いや、おばちゃんきぬです。
やっと、尾瀬のレポに辿りつき。

昨年購入のモノフレームシェルターダイヤ(愛称・・・大ちゃん)
出戻ったりの波乱の幕開けだったが
多摩川の河原で無事、試し張り、
しかし、持ち主はあちこちのテントに泊まり歩き
肝心の大ちゃんは押し入れに引きこもったまま。
やっと、このたび、出ておいで~っと連れだされることになった。
大ちゃんへ与えられた使命は尾瀬沼のウッドデッキに張ってみよ。
あら、久しぶりにしちゃ、ちょっとハードル高くないですか?


-- ◇ 尾瀬沼~テント修行編 の続き --

6月19日~20日、梅雨の晴れ間を狙ったつもりが(この日しか空いてなかったので)
雨模様の予報の中、燧ケ岳登山は諦めるとして、
憧れの尾瀬沼にテントを張ってみたかった。
で、食う寝るさんが張れるようにしてあげるよ(ここ大事です)と
太鼓判を押したので、よろしくお願いしますとなった。

山の天気は現場に行かないとわからないみたいな←食う寝るさんのレポ


生きた岩魚
大清水の駐車場の隣のお店の看板
生きてる岩魚の塩焼きって?生??



大清水登山口
どんより空の下、9:00出発
大清水登山口
あ、尾瀬沼まで登山だったんだ!とあらためて知る




林道を歩く
緑濃い林道をテクテク歩き


川のせせらぎ
やがて川のせせらぎが聞こえてくると、
風も水の涼を運んできてくれるかのよう。



水場
小さな水場の傍らに荷をおろして
山の滴を掌に受けて
そおっと口に運ぶ
「コップがあるのに?」
いやいや、掌で受けるとより水の質感とありがたさが増すような気がしてね。



木道
やがて木道登場、滑らないようにポクポクと進もう


明日は明日の風が吹く
湿気をたっぷりと含んで、
じっとりした空気を運んでくる雲を
扇子で吹き払ちゃえ。



扇子の威力が効いたのか
青空広がる
12:00、三平下の休憩所に着くころには
青空が尾瀬沼のうえに現れだした。


至福のひととき
生ビールと梅チュウハイで喉を潤すと
なぜか心も潤されるものさ。




分岐
一息入れたら、いよいよ尾瀬沼のテント場へ。
背中の大ちゃんも喜んでるか?


三つ柏もちらほら
道々、尾瀬の妖精がいらっしゃいませ~っと言っているかのようだ


ウッドデッキのテント場の本命は10番だったが
すでに確保されており
11番で。すきな番号だわ。
さてと、さあ、大ちゃん出ておいで、尾瀬だよ。
気持ちいいぞ~。

ふと見ると、くうねるせんせ、隣のデッキにどっかと
腰を卸し、扇子をパタパタ、、、

き「あの~、手伝ってくれるんじゃなかったとですか?」

く「とりあえず、できるとこまでやってみてください」


あれはもう半年以上も前のことなので
どうだったっけかな?
忘れてる?しどろもどろで
ポールを通し、フライを広げる。

(ふん、わかい山ガールじゃないから
 手伝ってくれないんだよ、きっと、ぷんぷん)ぶつぶつ、ごにょごにょ、


難関はフライの両耳、これなんだっけ?

大ちゃんの耳は聞くためにあるの?
喚起坑?
用意してきた20mの細引きはどう使う?



テント修行
テント張り修行中の図

結局、せんせ、半歩も動かず、ひも1本結んでくれず。
でも、考えるヒントは適材適所でくださった(敬語)


そうして、大ちゃんは尾瀬沼のウッドデッキの上に見事、
ようやっと立ちあがった。
所要時間55分→タイムキーパー計測

大ちゃん晴れ姿


きぬの教訓:いつも人にやってもらっていたら、覚えない、自分の頭で考えよう、やってみよう
       
===やれやれ(輝○の口癖)===

もうこれで、張り方を忘れるなんてことはないでしょう。タブン。
せんせ、ありがとうございました。
このために敢えて手伝わず、タイムキーパーに徹してくださったんですね。!

沼散歩
なんだか一つやり遂げたかのような
晴れがましい気分で(大げさ)
沼散歩に出かけよう
そろそろ、K林さんたちも到着するころだろうし。
わたしが張った大ちゃんを見てもらおう
しかもウッドデッキのうえにだよ(ふふふ)


K林チーム登場
沼散歩から帰ってくると
テン場に明るい笑い声が響いている
わあ、いつになくK林さん、テンション高い。
なんせ、Aさん、Bさんという美女二人がご一緒。
懇切丁寧至れり、つくせり
とくにBさんはきょうがテント泊デビュー。最初が肝心だものね。



ダブるモノフレ
K林テントに比べ、こちらは・・・・
いささか華やかさに欠ける?



楽しい楽しいひと時
満面の笑み
愉しく美味しい時間が過ぎます


夕立
急な夕立
きぬの大失態も洗い流してくれた


K林親子
雨あがりの大江湿原に散歩に出かける
流れる霧のひんやり感が心地よく
頬をなでていく



そろそろ戻ろう
空も薄墨色、夕刻も訪れるころ、花々もそろそろ、おやすみの時間だ
そろそろ、戻ろうかね


ランタンのもとで
夜の帳が下りるころ
ランタンが灯る
優しく懐かしい光を囲んで会話が弾む
でも、でも、
なにを話したんだろう、
今度登りたい山のこと、道具のこと、ETC。。。。。
今、遙かな尾瀬にいるんだね。。。。。


2日めも近々。。。の予定
◇ コメントを書く/見る(25) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  06/29 20:59 | edit
画がうまいな・・・・
雰囲気捉えてますね~

でもね、シェルタ張りを手伝わなかったのは、意地悪じゃないのですよ、BEER飲みたいのこらえて見守っていたのですから(笑
いい雰囲気の尾瀬でテントでしたね、また行きましょ!
今度はちゃっちゃとシェルタ張って、燧ケ岳v-392


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  06/29 22:32 | edit
シェルター無事デビューでしたね。おめでと。
完璧に覚えられたから、一人でもちゃっちゃかだね。
これから行動半径広がるね~
尾瀬沼もぜひ泊まってみたいところです。




[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/30 07:57 | edit
>シェルタ張りを手伝わなかったのは、意地悪じゃないのですよ
ぶふふ「獅子、千尋の谷に子を落とす」ですかぁ?って、ちょっと違う?でも、55分間も飲みたいのを我慢してくださってありがとうございます。久しぶりに四苦八苦して考えながら行動しました!!
おかげ様で来週の山の会でのお披露目も自信持って出来そうです。でも、その時はペグ忘れないようにします・・・って今から入れておけ!ですね。



[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/30 08:02 | edit
>完璧に覚えられたから、一人でもちゃっちゃかだね
あの、きぬの辞書に「完璧」ということばはありません。
一人でちゃっちゃか・・・にならんとです。
尾瀬沼、いいよ~。ぜひ一緒にいきたいなぁ、
れんらくするね^^っていつ?


[ ]          ◇ ロビン@お仕事 | URL |  06/30 12:39 | edit
そっかー 親指姫もぜぜっちも絵上手なのかー
そっかー 生きながら焼かれた岩魚の怨念なのかー
そっかー K林さんがぴちぴち二人もはべらし山行してたのかー

そっかー天気悪くてもレッツラゴーだったのかぁ
ふ~ん

えらいな。


[絵の才能ありますねぇ! ]          ◇ K林@一休み | URL |  06/30 13:02 | edit
ぜぜさんもそうだけど、うまいです!!
> ろびさん
「はべらし...」なんて人聞きの悪い、長女と、長女のお友達でっせ。
二人ともきぬさんの魅力に参ったようですよ。

> きぬの大失態も洗い流してくれた
ああっ、そうそう、そうでした! 顔色一つ変えない男性陣は冷たすぎると返りの車中で責められました...


[ん? ]          ◇ akemi | URL |  06/30 14:56 | edit
生ビールでもぶちまけたとか?
そんなもったいない事出来ないかぁ~~~。(^^;)

「大ちゃん」はモノフレームシェルターダイヤから来てたんですね。
やっと解かりました。
これでやっと本物のパートナーになれましたね~♪(^^)


[デカイ親指姫様ことロビンさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/30 22:10 | edit
>そっかー 生きながら焼かれた岩魚の怨念なのかー
岩魚の怨念って?写真になんか写っていないか、点検してみます。

>そっかー K林さんがぴちぴち二人もはべらし山行してたのかー
あのね、はべらかしていたというより、執事のごとく、お仕えしていらっしゃいました。
そして、あのでかザックから、これでもか~っというほど、おご馳走が登場しました。
イカ飯、夏おでん、くるくる。。。。


[K林さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/30 22:22 | edit
>二人ともきぬさんの魅力に参ったようですよ。
わはは~、どうだ、K林さん、食う寝るさん、ぴちぴち美女2人のハートはきぬがもらったぜ~。

> きぬの大失態も洗い流してくれた
いやいや、見てみないふりしてくださってありがとう。
それも優しさの一種ということですよね。


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/30 22:32 | edit
>生ビールでもぶちまけたとか?
ううん、ストーブごとポトフー鍋、ぶちまけました。
あ、っと思ったら、スローモーションで鍋が宙に舞った。

大ちゃんシェルタのこれからの活躍をご期待くださいませ。



[そか。 ]          ◇ akemi | URL |  07/01 16:58 | edit
ポトフか~。
きっと、それが生ビールだったら食う寝るさんの顔色が変ったんだろうな。(笑)
ストーブとコッフェルはご無事でしたか?(^^;)


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/02 07:38 | edit
>きっと、それが生ビールだったら食う寝るさんの顔色が変ったんだろうな。(笑)
はい、顔色が変わるどころか、「このばか~!」とか怒鳴られて、ごッツんされるかもしれない。
もう、なんかやらかしてもk林さん、食う寝るさん、驚かずで、またか!って感じでクールな対応です。
だってさ、akamiさんだって、私が温泉で鍵がない!って騒いだ時、
「腕についているのはな~に」ってクールな反応だったじゃないですか。ストーブコッフェルは壊れてませんでした。


[ ]          ◇ kumi | URL |  07/03 20:09 | edit
>今度はちゃっちゃとシェルタ張って、燧ケ岳
誘ってね~~、尾瀬デビューしたいっす。

で、きぬ姉の失敗には皆もう慣れっこでして、、、
たとえ、ポトフが宙を舞おうとも、、、v-403

で、重箱の隅を突っついてみました。

akamiさんってだ~れ?


[kumi長さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/05 00:51 | edit
そうそう、ぜひ尾瀬いつか一緒に行こうね!

>きぬ姉の失敗には皆もう慣れっこでして、、、
で、もしkumiちゃんもポトフ宙を舞うの場面にいたら
クール対応なのかな?

>akamiさんってだ~れ?
えーっと、右のリンクのakemi's kitchen-森の台所-
をご覧ください。ま、私のママみたいな人ですv-390


[でも、スルー...できない ]          ◇ K林@慣れっこ | URL |  07/05 22:46 | edit
>>akamiさんってだ~れ?
>えーっと、右のリンクのakemi's kitchen-森の台所-
>をご覧ください。ま、私のママみたいな人です
もう、きぬさん (^_^);


[K林さんへ  ]          ◇ きぬ | URL |  07/06 07:54 | edit
>ま、私のママみたいな人です
そら~、年齢は私よりもずっとお若いですが、
状況的ママというか、おんぶにだっこといつも
お世話になっとりますので、
まさに「ママ」というわけです。


[いや~頑張ったんだね! ]          ◇ emi | URL |  07/06 18:58 | edit
私もテント練習せんと~人のことは言えない(笑)

絵がうまいね~
あせりの表情が味あるね~(笑)

ぜぜさんもすごいけど、きぬちんもすごいね!

2日目楽しみにしとるよ~♪


[K林さんへ ]          ◇ kumi | URL |  07/06 22:46 | edit
やっぱりね・・・(笑)
きぬさんの重箱はきっとまあるいにちがいないわねv-392
あきらめましょ、、ねK林さんv-394
きぬさんに完敗だわね(笑


[emiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/07 22:50 | edit
はい、一緒にテント修行いたしませう。
って、もうすぐですよね。
予習復習しておきますかね。

>ぜぜさんもすごいけど、きぬちんもすごいね!
ぜぜさんのはもう、題材からひとひねりしてあって
アーチストですが、あちしのはあちち~なものばかりで
恥ずかいです。


[kumi長ちゃんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/07 23:08 | edit
いや~、ほんと、うちの重箱の隅はまあるいのかって
台所行って、今、見てきましたよ。
そしたら、楕円系のがあった。
だから、突っつかれてもOK。
滑る滑る、ウシシ



[…ほとぼり冷めた頃に。 ]          ◇ akemi | URL |  07/08 16:17 | edit
私、「akami」ではなく、「akemi」ですのよ。(笑)


[続・・ほとぼり冷めた頃に。 ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  07/08 17:39 | edit
>怒鳴られて、ごッツんされるかもしれない。

ん?そんな事しませんよv-411
オイラ寛大なのですから♪

フライに包んで、石いっぱいつめて、尾瀬沼にポチャンのかわいい罰ゲームv-392 ぐらいかな?


[akamiあらためakemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/09 23:48 | edit
あらら~、そういうことだったですか~。
やっと、気がつきました!!
遅すぎ!!
でも、ね、やっぱり、akemiさんは
私のママみたいですよ。
だって、ほら、こうして気づかせてくれたりと
手のかかる子ですんません。
ありがとうございました。


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/10 00:02 | edit
>フライに包んで、石いっぱいつめて、尾瀬沼にポチャン。。。。
そうして、きぬは尾瀬沼の精となり、
星降る夜に沼畔を歩くと深みから「1杯~、2杯~、3杯~、あっ!こぼしちゃった!!うっうっう」と哀しい泣声?鳴き声が風に乗って聞こえてくるそうな。。。。
そうだ潤○さんに書いてもらおうかな?


[K林さん&kumiちゃんへ ]          ◇ きぬ | URL |  07/10 00:16 | edit
遅ればせながら、ようやっと、気づきました!
二人が何を言いたかったのか!
あはは、我ながら、大ボケまくりでしたね。
でもちょっと、話がかみあわないな~っと
なんか不思議におもっとたんですが(ほんとか?)
これで謎が解けました!
お世話掛けました。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/185-a74244e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)