上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
長野県・飯縄山(1,917m)~登山編(2日目) : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

一人立ち尽くす
飯縄山南峰にて
白い世界の真ん中で一人、立ち尽くしているかのような若者の姿がいつまでも目に残った


   どこかの誰かの上には
   blogの神様とやらが舞い降りてくるそうだが
   まちわびているこちらには
   とんといらっしゃってくれない(つぶやきぬ)


2月14日(日)長野県・飯縄山 (北信または信越五岳のひとつ、他は斑尾山、黒姫山、妙高山、戸隠山)
8:15南登山道口スタートーー10:05駒つなぎーー10:20天狗の硯石ーー11:40南峰着/
12:20下山開始ーー14:00南登山道口着
-- ◇ 長野県・飯縄山(1,917m)~登山編(2日目) の続き --

駐車場
ぜんじつのお清めも無事終えて
略して「くみ長」(熟女隊長野本部長のkumiさん)宅を出発。
木曽駒号に乗車し、戸隠バードラインを走り、
飯縄登山口(1130m)に到着。
すっかりの雪景色にテンション上。


準備中
いざ、飯綱権現様に参りましょう!支度中。


別荘地内を通って
ちょっとお洒落な別荘地の中を15分ほど歩く。

ごきげんemiさん
ごきげんemiさん


鳥居から見える飯縄山
鳥居をフレームした飯縄山


燈籠
燈籠
参道の燈籠に積もった雪が愛らしい


飯縄権現
雪の帽子をかぶった狛犬さん


アイゼン講習会
ここで、「正しいアイゼン着け方講習会」開催中
講師:木曽駒先生
生徒:○○○さん



軽快に
心も足取りも軽く、
誰がつけたかトレースの上をたどり、るんるん



青と銀の世界
見上げれば、青と銀の世界が空高く拡がる






宿り木団地
泊まり木団地、あっ、宿り木団地です



お茶の時間
ここいらで一服、お茶の時間



雪の原を走りまわるロビンさん
ふと、向こうをみると
雪の原を走りまわるかのようなロビンさん
何、してるん
モテモテラン?


ダンスする赤い実
そばでは、氷のベールをかぶった赤い実が
モテモテダンスのご披露中


白き血管?
草大福に力漲り、
白き血管のような森をさまよえるかよわき熟女達




視線の先に
4人の視線の先には



浅間、八つ方面
こんな素晴らしい展望が、浅間、八ヶ岳方面 北アルプス方面、とんがり槍もみえるよ~


枝と青空
氷を纏った枝の間から
鋭い青がこぼれおちてくるかのように目を襲う



kumi隊長
急登が始まるので
kumi長が先頭に。



雪模様
どこからかガスが立ち込めてくる



山頂へ
稜線に乗っかれば、青い空が待っている


目指せ
ゆるやかなカーブを描く雪と空の間に
人はその足跡を刻んでいく


ワンダーランドにて
まるでワンダーランドだ!(でも、まだワンダーランドにはいっことないので
意味不明な感嘆)

遥かな?北峰
遥かなる北峰?
どうする?北峰まで行く?
ああ、もう、ここで十分
まだほんのりあったかいお焼きをいただく
背負ってきてくれたことさえ知らず、
パクパク食べるのほほんきぬですいません




シュプールを描いて
シュプールを描いて気持ちよさそうに
山を降りるスキーヤーたち


高妻山
屹立とした高妻山


北ア方面
息を飲む北アルプス方面


下山開始
帰りのバスの時間もあるので
名残惜しいがそろそろ下山開始だね

雪が似合う女たち
ネッ、雪と蒼い空が似合うでしょ!!


雪模様様々
一瞬、ムックが雪まみれ?って思った


雪模様様々
時折、雲が現れて、幽玄な装いを増す


雪模様
雪の華咲く森


雪の華
雪のお花見をしながら、タッタカと下る


エンジェル木曽駒
下るコツをやさしくアドバイスする木曽駒さん


雪の腰かけ
雪の腰かけ


文殊菩薩
雪に埋もれた文殊菩薩
この登山道には十三の石仏が置かれているそうだ



わんこのお出迎え
素敵な犬小屋に住むワンコ
ワンワン、立派に番犬のお役を果たしておりました

車窓から
帰りのバスの車窓からの雪景色を眺めながら
素敵な熟女達に
ありがとう!!
◇ コメントを書く/見る(21) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ 岳の介 | URL |  02/24 09:41 | edit
素晴らしい景色に、ため息がでます!
凛とした山の気が伝わってきますよ~。
それにしても、立派なワンチャンハウスだなぁ~ (^^)


[ ]          ◇ 輝珍 | URL |  02/24 09:44 | edit
画像、きれいですね!
きぬさんはスノーシューかわかん買ったの?



[きれい~~~! ]          ◇ akemi | URL |  02/24 12:49 | edit
こんな風にいいお天気だと
きっといつまでも、その雪山の中にいたいでしょうね。
…私はきっと寒くて死んじゃいそうですけど~。(笑)
それにしても、ホントに黄X赤X黒ですね!!(^^)


[ ]          ◇ kumi@組長? | URL |  02/24 20:50 | edit

おうおう、、、やっぱ、ワンダーランドな世界やったわね(わたしもいったことないけどね)
また感動が甦っちゃうわね~。


でも、きぬさん、ここだけの話しだけど・・・
4人の視線の先は、浅間や八っじゃなくて、、、


北ア、それも槍よ。。。
ほれほれ、ワシワシなエミさんときぬさんを引き戻せさせたでしょ。
「槍が見えるよ~」って。
せっかく稼いだのに、下らせちゃったから、錯乱しちゃったかな~(笑)

熟女の山行きってくせになりそ~よ。



[ ]          ◇ ロビン | URL |  02/24 21:59 | edit
こんばんはー
いや~ きぬさんとこもいい写真一杯ですね。
頂上に立ち尽くす男の子いたんですな、きーつかへんかった。
さすが目ざとい! 

それにしてもあの 「正しいアイゼン着け方講習会」
まったくねー 彼女は本当におっちょこちょいですな。
ぶふふ でもそこがまた可愛いって一応フォローしときますけどね(爆

晴天の明るく眩しい雪の世界はもちろんいいけど
深い藍色の空とガスった中の樹氷もまた幻想的でよかったです。
盛り沢山な思い出で今シーズンの冬山ツアー 大満足でしたねー


[ ]          ◇ まきくま | URL |  02/25 12:57 | edit
うんうん 頂上の男子 気になるなあ。
ブログの神様だったんじゃないかなあ。
なんで気がつかなかったかなあ。

で、講習会の内容はちゃんと細かく書かなくっちゃ。
ほら、ブログってためになることが書いてあるとうれしいじゃん! ねえ。


[ ]          ◇ kumi@組長 | URL |  02/25 21:09 | edit
そうそう、最後にアップのきぬさんに講習会の内容を託したのよね。。。
なのに・・
やっぱ

で、講習会の内容はちゃんと細かく書かなくっちゃ。(そうよ、そうよ、ね、木曽駒さん)
私の口からは、とっても言えませんもん。。。

でも、輪をかけた、あのぐるぐる巻き・・・もv-403

また思い出してしまったなりよ(笑



[岳のさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 21:49 | edit
やはり冬の山は「凛」としていて
見るにも登るにも気が引き締まりますね。

ワンコの小屋とは言えないくらい、立派でした。
ほら、よく見ると暖炉の煙突まであります。
きっと、クリスマスにはサンタさんが
来てくれることでしょう 。
でもでも、岳の介さんが「ワンコ」に反応したには
はは~んでした。



[輝珍さまへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 21:56 | edit
わかんはお古ですが、もっています。
スノーシューも借りて使いましたが
この尾根登るには
とっても苦労しちゃって、途中で脱いで
何も履かず登ってしまいましたよ。
あ、裸足じゃないですよ。




[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 22:02 | edit
>きっといつまでも、その雪山の中にいたいでしょうね
ほんと、心からそう思いましたが
さすがに、寒くて寒くて。。。
ほんのり温かいお焼きが
うれしかったです。
また、この景色に会えますようにと
楽しみに励みにするのもいいですよね。


[kumi長さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 22:09 | edit
>4人の視線の先は、浅間や八っじゃなくて、、、
あはは、やっぱ、やっちゃいましたね~v-390
先ほど、訂正しておきました。あんがとさん。

>熟女の山行きってくせになりそ~よ。
ぜひぜひ、次回も楽しみにしてま~っす。


[ロビンさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 22:18 | edit
>まったくねー 彼女は本当におっちょこちょいですな
ほんと、彼女ってどこのどなたなんでしょ?
ロビンさん、ご存知ですか~?
どうも、みなさん方から、
正しいアイゼンの着け方を学びたい!という要望が多いので
番外編で学習したいと思います。
ロビンさん、ぜひモデルで参加してくださいね~。


[まきくまさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 22:30 | edit
>ブログの神様だったんじゃないかなあ
南峰山頂、結構にぎわっていたんですが、
後ろを振り返ったら、男子一人きりだけ、
そりゃ~気になって、、、
そっか、神様、私の上じゃなくて
飯縄山に舞い降りてきちゃったんですな、


「正しいアイゼンの着け方講習会」ご要望多くにより
近々、番外編で詳細をお伝えしたいと思いますので
ご期待くださいませ。


[kumi長さんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 22:41 | edit
>講習会の内容はちゃんと細かく書かなくっちゃ
はい、新参者のわたくしめが、と遠慮をしておりましたが
こうもご要望が多いとなれば
「人の振り見て我が振り直せ」とありますから
自分も気を引き締めよとの意味をこめて
なぜあのようなことがと
検証してみます、、、

で、ぐるぐる巻きってなんだっけ?
あれですか?ヒントください。


[ ]          ◇ ロビン | URL |  02/25 22:45 | edit
 ↑
えーーーっ ワタシがモデルですかぁ~ やだなぁ
モデルって他のモデルならともかく・・・
しゃーないな、じゃぁ 私が損な役かってでましょか。
(えっと このコメント 講習会の冒頭に載せてくれてもかまへんで げへへ)


[ロビンさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/25 23:10 | edit
>モデルって他のモデルならともかく・・・
なら、ヌードなモデルもお願いしてよろしいでしょうか?


[ ]          ◇ 輝珍 | URL |  02/26 09:28 | edit
私も正しいアイゼンの付け方知りたい~
教えて~


[わ~いい写真! ]          ◇ emi | URL |  02/26 21:04 | edit
スミマセン!今、アップに気付きました~
思い出す思い出す!楽しかったね~

なんというネーミング!kumi長!(笑)
いいね~いいね~
これから「やまおんなさん」改め「kumi長」だ~♪





[追加~ ]          ◇ emi | URL |  02/26 21:12 | edit
>頂上に立ち尽くす男の子いたんですな、きーつかへんかった。
>さすが目ざとい!
ろびんちゃん♪私もきーつかへんかったわ~
そういうの教えてもらわんと~(笑) 



[輝珍さまへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/27 12:53 | edit
やっぱ、雪山シーズンですから
正しいアイゼンの着け方って気になりますよね
輝珍さまも学習意欲がありますね~v-426


[emiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  02/27 13:07 | edit
えへへ、アップが最後になってしまいまして
お待たせでした。

kumi長って彼女にぴったりなイメージでしょ。
ま~、熟女組合でもつくりますかね。
それとも、雪を蹴散らす暴走。。。

名残惜しくて、何度も何度も山頂を振り返りましたよ。
そしたら、いたんですよ~、blogの神様が~
なわけないか、
最近は景色の中に、人がいる写真が
好きになってきました。
また、素敵な景色にあいたいです。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/159-5280007f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。