燕岳(2762.9m)~思い出は心のカメラに・・・ : 北アルプス : heavenly blue雑記帳

燕山荘おみやげ
燕山荘で買ったお土産
人気一番の燕岳周辺イラストマップバンダナ、ステンレスカップ、コマクサキーホルダー、山バッジ
燕山荘はグッズがたくさん、欲しくなってしまいますなぁ。

シルバーウィーク前半の9月19日(土)から20日(日)、北アルプス・燕岳に登った。
-- ◇ 燕岳(2762.9m)~思い出は心のカメラに・・・ の続き --

同行者は山友のふかちんとふかちんのお義姉さんと、その友人のTちゃんと私の4人。
大渋滞が予測されるので、前夜の18日(金)にちょいと不思議な集合場所の神田の神保町から出発。首都高に乗るが、すでに渋滞が始まっている。中央道八王子料金所を過ぎても、プチ渋滞は続く。
「こんな真夜中にあんたらどこ行くんだ?」というくらい、車がいっぱい走っておる。
うちらも真夜中走行族、自分たちのことは棚に上げましょ。


途中、24時間営業の塩尻の信州健康ランドで仮眠をとる。
ここのお風呂が薬草やら樽やら陶器、ジェット風呂と充実していて、おまけに温泉プールがあった。久々に、うふふと、一人占めで泳いだ。そりゃ、午前2時過ぎに泳ぐ人なんていないよ。
深夜に若い美女が泳ぐのは様になるが、おばちゃんじゃぁ、誰もときめかないか!(水しぶき)
防音ドアのあやしげな蛍光紫色ルームで寝る。


起床7時、朝風呂まで入り、中房温泉登山口目指して出発。
あいにく、空はどんより。途中、すき屋の看板につられ、朝食タイム。
がっつり食べたので体力は十分なはず?
327号槍が岳矢村線で中房温泉へ。


9時半、到着。上のほうの駐車場はいっぱいなので戻って第三駐車に停める。
10時、えっちらおっちらと登り始める、
展望もない、樹林の中を黙々と歩くが、木の間から見える空はあいかわらず、どんより。
第1ベンチまでは軽快、
ところが第2ベンチ、第3ベンチまでの登りに、息があがる。
先月の北穂から1カ月ほど、その間、山登りブランク、きついな~。
ちょと頭くらくら、このまま、行けるかと不安になる。
が、富士見ベンチから、ようやっと回復のきざし。
いつもそうだ、エンジンかかるのが遅く、2時間過ぎたあたりから体が軽く感じられてくる。
ここは北アルプス三大急登と呼ばれる「合戦尾根」、
程よい具合に、休憩するベンチがある。
(ちなみに、他の急登はどこって調べてみたら、烏帽子岳のブナ立て尾根、剣岳の早月尾根だそうだ)


12時50分、合戦小屋到着。ここは登山道のオアシスのようなところで、トイレもあり、売店があったりと、登山者がほっこりとしてうどんを食べたりしている。
合戦小屋で昼食。霧も流れていて、ベンチに座ると寒い。
ふかちんのストーブでお湯を沸かして、あったかいミルクティーがお腹に染みわたっていく。
合戦小屋の謂れが書いてあった。覚えられないので、デジカメで撮る。(が、それも今は・・・)
ここには、荷揚げ用ケーブル基地があり、すいかなんぞも売っているが、きょうは寒いのでひまそうだ。
もう、ナナカマドが真っ赤な実をつけている。紅葉の季節が一足早く訪れているのだろう。

合戦の沢の頭に出るが、ガスっていて、なにも見えず、
晴れていれば、そろそろ、燕岳、大天井岳、槍の穂先あたりも見えてくるんだけどね。
もうふたつくらいピークを越したら、燕山荘だね。
周囲の木々の葉が黄色く、赤く色づいてくるのを見ると励まされて足取りも軽くなる。
赤や黄色はビタミンカラー。


14時50分燕山荘に到着。一面ガスの中、ああ、目的地の燕岳はどこなの!見えない。
山荘のお兄さんに新館までの長い道のりを案内してもらい、蚕棚のような部屋に荷物を置いて、テラスでお茶会乾杯。


雲が流れちゃあ、槍も見えそで見えなさそ、やきもきさせる。
ところが、4時過ぎから見る見るうちに晴れ渡り、夕陽の360度大展望に東西南北を走りまわる。
雲の海に浮かぶ、島々のような山々。はるかに見えるあれは「浅間山」「富士山」「鹿島槍」・・・・
聴いたことはあるけれど、行ったったことも見たこともない山山が眼で見える。凄いことだ。
山座同定板にへばりついて、夕飯まで景色を堪能する。


某山雑誌の「泊まってみたい山荘ナンバーワン、泊まってよかった山荘ナンバーワン」な「燕山荘」
そんな山荘で夕食時にはオーナーさんのホルン演奏と楽しいトークも聞かせてもらい、居心地の良い時を過ごす。
今夜は新月なので、星空天文ショーも期待できるぞ。
防寒対策して星空散策に出る。まだ、空は靄っているけれど、
北斗七星、北極星、南にはさそりが、夏の大三角も、
明け方になれば、冬の星座オリオンも登場だ。

「あっ、流れ星!」 
あっという間に消えてしまう、お願いごとが間に合わず、
気が抜けませんよぉ、
贅沢言っちゃなんですが、お願いごとも大量にあり、流れ星が足りないよ~。
(どれかひとつでも、叶いますように)


翌朝は日の出前に起きて、オリオンの三つ星を見
展望台ブルブルしながら、静かに山の端が染めあがっていく様をじっと待つ。
黄金の神々しい朝日がやがてぽかっ!と山の上に浮かぶ。
朝食を取り、7時半過ぎ、雲ひとつない青空が広がる中を燕岳~北燕岳までわいわいと撮影散策。
イルカのような形のイルカ岩、めがね岩、燕岳は花崗岩の奇岩が屹立している。


で、


帰り道、一大事件発生。
可愛い苔を撮ろうとしゃがんだら、デジカメイクシーくんが、「カードが異常です」とのたまう。
ええ?イクシーくん、なななに?、も一度言ってみぃ。
スイッチを切ったり、入れたり、カードを抜いたり入れたり、何をしても「カードが異常です」と
非情にもイクシーくんがなんども告げる。
お義姉さんのデジカメに入れ替えてみると、初期化の表示が~~。
これって、どういうこっちゃちゃ?(帰宅後のパソコンでも同じ表示)

夕暮れのイケメン槍も、朝陽に輝く富士さんも・・・・夢のように消えてしまうの?

(そういうわけで、今回の山歩きは写真なし)

花崗岩のざれた砂地をとぼとぼと歩いていると
おさるさんが一匹、あら、ここにも、あそこにもと、ハイマツの中から出てくるわ出てくるわ、
傾斜した花崗岩の白い砂原に猿の大群団。
人のほうが少ない。これでは猿の惑星。ちょっとびびる。

そんなこんなで
お猿さん登場にショックもしばし、中断、
槍へ常念と続く大天井岳への稜線を眺め、
いつか歩きたいな、と、たたずむ。
だいぶ古びた心のカメラにしっかりとおさめ、
さびしい想いも携えて午前10時、燕岳、燕山荘を後にした。

下山時には多くの登山客が登ってくるわ、登ってくるわで、何度も登り優先で待った。
某局の「登山入門 燕岳」のおかげかしら。
なんどもなんども振り返って、紅葉に染まりはじめた山肌や毅然と聳える峰々を
目に焼きつけて、下る。
14時、無事、中房温泉到着、
有明荘の日帰り温泉にゆったりと浸かる。
やはり帰りも渋滞。


「また、来いってことだよ、今度はテントでもしょってさぁ、コマクサも待ってるよ」なあんて、
思っちゃいるけど、ショックは大きい。でも学習、こういうこともあるのさ。
それに、山友のふかちん、お義姉さん、Tちゃん、一緒に過ごした山のひと時、同じ景色を見て歓声をあげたこと、励ましてくれたこと、優しさも心のカメラにそっとしまってあるよ。

あっ、忘れてた、今回の隠れた同行者
てるてる大明神
てるてるてることてるてるてるお
いいお天気ありがとう、おいしいあまいお酒飲飲もうねぇ。


◇ コメントを書く/見る(12) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 北アルプス


[ ]          ◇ Shima | URL |  09/22 19:42 | edit
ありゃ!カメラ落としたのかと思ったよ~
カードの異常で、カメラは大丈夫なの?
一応カードの予備も持って行くべきだったのかな…
私も気をつけよう。
あ~写真楽しみにしていたけど、きぬさんの文章で想像するしかないね。
圏央道通過でもやっぱり1000円だった?
圏央道はちょっと特殊な大都市近郊区間のようで…


[Shimaさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/22 22:54 | edit
カメラは無事でしたよ~、(ってあんまりえばれませんが)
カードがね~、丸丸二日間、200~300枚は撮っていましたからね~、これからは念のためにカードの予備も持たなくっちゃですよね。
そうすれば、せめてお猿さんは撮れたわけですからね。

圏央道の件ですが、今回の山は中央道から長野道だったので、保留です。


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  09/23 18:39 | edit
燕岳行かれたんですね~
オイラも大好きな山です、小屋は泊まった事ありませんけど評判は最高ですよね・・・
天場が狭いのがネックで、再訪してないのが残念です。
いずれ残雪期とかに行こうと思います。

デジカメ・・・オイラのイクシー君も同じ症状でました
もう使っていないのでいいんですけどね(泣)

心のメモリーに残った画像は、さぞかし素敵だったのでしょうね!


[ ]          ◇ まきくま | URL |  09/23 21:41 | edit
あ、そのバンダナ私の愛用してるやつだー。
画像は消せても、思い出は消えませんってば! どんまいです。
わたしなんて、そんなこと、日○茶○。。。。ごにょごにょ。
でね、カードはですね、業者さんに出すともしかして画像取り戻せるかもですよ。お金、かなりかかるみたいなんで、トライしたことはありませんけどね。
そうそう、燕山荘のテラスでビールのみました? 最高ですよねー。


[食う寝るさんだ~すさんへ  ]          ◇ きぬ | URL |  09/24 09:05 | edit
人がいっぱいは燕山荘周辺でしたけど、燕岳~北燕岳はそれほど混雑してはいませんでした。展望は最高でした。ちょいとした岩に登って「ばんざ~い」っていう記念写真もボツe-441ですわ。テン場狭いですね。今度はぜひテン場で過ごしてみたいとしみじみ思いました。

実はですね、カードダメそう?ってとき、「あっv-354食う寝るさんなら、なんとかしてくれるかも?」ってよぎったんです。
あ~また、「おいら、便利屋か?」ななんていわれちゃいそです。
毎度お世話になります。



[まきくまさんへ   ]          ◇ きぬ | URL |  09/24 09:24 | edit
バンダナ、あっ、かわいいって、つい買ってしまいました。ただいま、パソコンの前で首に巻いています。あったかです。
お金かかるんですか~、画像はもう、あきらめました。
そです、年中、なんかやらかしているので、結構打たれ強くなりました。
山女子は前にすすめ~ですよね。
(学習能力ないんじゃないのぉって言われてますが)

今回のカード異常事件は2度目の燕岳へのパスポートですね。

テラスではワインでした。着いたらものすごく寒くて。
今度はビール飲むぞv-307





[あら~ ]          ◇ akemi | URL |  09/24 21:22 | edit
写真、残念でしたね。(TT)
ウチは2人でカメラ持ってるから少しは写真が残るけど
パーティーの他のメンバーの方はカメラ持ってましたか?
少しくらい記念写真があるといいですね。




[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/24 21:55 | edit
うん、他のメンバーさんもたくさん、撮っていたので、そのうち、届くかな~?
記念の写真、2~3枚でもあれば、嬉しいものですよね、頼んでみよっと。


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  10/01 18:59 | edit
写真残念だったね。
泊まり山はゆったりできるし楽しかったでしょうね。
燕はいいお山だよね。次に行く時には、大天井岳まで足をのばしてみるのもいいかも。
あっちの風景も雄大だよ~


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/02 07:33 | edit
はい、写真は残念でしたが、今度は大天井岳まで。
やはり、泊まり山はゆったりできて、いいですね、朝夕の光のグラディエーションも心ゆくまで楽しめますよね。
いつかぜいぜいさんともご一緒できたらいいな~。


[ ]          ◇ えび | URL |  10/19 01:17 | edit
あ、このバンダナで今日相棒の弁当を包みました(笑)
このマグも実は持ってたりします。
燕山荘、新館でしたか~・・・
んじゃ階段登ってって疲れた事でしょう。
あたしは毎年、更にその先の旧館ですので寝床に着く頃には死んでます(笑)

それにしてもデジカメデータが・・・・
でも、何とかなりそうだったら何とかした方が・・・・
お金じゃ買えませんからねぇ・・・
あたくしは以前、うっかりデータを削除してしまってもう泣きました。
時代がアナログだったんで画像が荒いんですがこんな時代になっても画像を修正する事が出来ずに悲しい思いをしています。


[えびさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  10/19 21:10 | edit
>あ、このバンダナで今日相棒の弁当を包みました(笑)
わ、お弁当作ってあげてるんですね、
わたしゃ、息子の弁当作ってます、亀の子模様の小風呂敷です、
ちなみにおかずは「かつ丼」...てにゅきです

実はチタン製のりっぱな「スノウピークの記念カップ」をもらったのですが、それもどこやらで失くしてしもうて、「面目ねぇ」ってことで、くれた人たちと山に一緒に行くのが気が引けてます。ですから、カップ補充ということで燕カップを仕方なく買いました。


デジカメデータはもう初期化してしてしまったので、永遠の彼方に旅立ちました、友人がデータ送ってくれたので、そのうち、公開の運びになるか?(仕事が遅いのでいつになることやら)

燕山荘内、迷子になりました。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/130-dc639ca8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)