上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
北アルプス・北穂高に登る~三日目 パノラマコースで上高地へ : スポンサー広告 : 北アルプス : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

パノラマコース歩き始め
いよいよ、きょうは帰る日,パノラマ新道からみた涸沢

8月16日(日):涸沢ヒュッテ6:20--屏風のコル7:30--新村橋10:40--河童橋12:10

上高地バスターミナル12:20--さわやか信州号16:00発ーー新宿21:40
-- ◇ 北アルプス・北穂高に登る~三日目 パノラマコースで上高地へ の続き --

夜明け
リベンジ星空観察の予定が、雨で流れた。
濡れたテラスに出て、ゆっくりと朝の光が射し始めるのを、名残惜しく眺めていた。

朝5時朝食を済ませ、帰る支度を始める。
帰りは経験者向きのパノラマコースで帰ることになった。

夕べの雨で滑りやすくはないだろうか。。。と不安になる、
昨晩、おいちゃんたちにもさんざん、嚇かされた。
で、結局、「期間限定でしか開かない道だから、記念に行ってみるといいよ!」
「ま、大ベテランが、大丈夫っていうんだから、あんたらのレベルもわかっていることだし。」
「ダメだったら、戻っておいで」


コース図にも「踏み外し、転落に気をつけて!」「残雪渓に気をつけて!」とある。
よちよちと、ヒュッテ横の雪渓を渡り、パノラマコースのゴロ道を登って行く。
道狭く、岩場のアップダウンやへつりも何箇所かあるが、
慎重に踏み外しに気をつけて歩く。
ロープはついてはいるが、たわんでいて、補助というか
気休めと思いながらも、でも一応触りながら渡る。


ミヤマダイモンジソウ
へつりの岩壁に咲いていたミヤマダイモンジソウ
写真など撮っている場合ではなかったが、
ダイモンジソウが待っていてくれたように思えて
愛おしく思えてちょっと震える手で撮った。



小1時間ほどで要注意の道を越えて、ホットすると
槍が岳
槍ヶ岳が「やあ!」というように聳えていた。


北穂
昨日登った北穂も「やあ!」

うん、また来るよ!
屏風のコル
屏風のコル
初心者は耳までと書いてある、その先が屏風の頭、
もちろん、行かない。


ミヤマトリカブト
ここからは斜面にトリカブト、ミヤマシシウドなどが
咲き乱れるお花畑が続く
ミヤマシシウドの原

蒼い空と草と花と・・・山と
空と草と


お花畑の間を抜けて、小さい尾根を越え、斜面をトラバースし
斜面をトラバース


枯れた白い沢を渡る
枯れた沢

大きな木がある広くなった尾根
日影で休憩しよう
慶応尾根
慶応尾根の入口あたり
樹林の岩ゴロの急な道を下る

小さな沢を渡り、しばらく行くと
やっと、奥又白谷に
奥又白の分岐
分岐
分岐

河原を歩き
再び蒼い空と緑と山と
再び、蒼い空と緑と山と

薄くらい樹林の中へ
樹林へ


ケルン
記念碑のようなケルンがあった
ケルン
と説明プレートがあり、大ベテランさんにあらすじを聞く
「氷壁」で上高地、穂高連峰は一躍有名となったそうだが、
今ではここまでくる人はそうは多くはなさそうだ、
意味合いは違うかもしれないけれど、
山に向かうってことは、リスクも孕んでいるんだなということを
謙虚に忘れないようにしたいと思った。


このコースを歩いて会ったのは下りの単独女性1人と登りの3人グル―プだけだった。
登りでは使いたくないね~っ。このコースきついわよ。
でも山歩きのバラエティを味わえる(岩場、草付きの道、お花畑、渡渉など)
いいコースなのだ。


砂防堰堤
砂防堰堤を歩く

林道歩き
林道を歩いて

新村橋を渡る
新村橋を渡る
ところどころ、板が破損しているところがあるが
手すりがしっかりしているので、揺れが心地よい。


橋の上から
橋の真ん中あたりから


道標
新村橋をわたり、梓川に沿って上高地を向かって歩く


振り返って
ついつい、惜しむかのように、何回も何回もシャッターを押してしまう

振り返って



明神にて
明神到着

明神岳
明神岳


河童橋から
帰りには寄ろうっと誓った河童橋の上から


案内所でお風呂に入れるところのリストを見せてもらい
バスターミナルに一番近いってことで
上高地アルプス山荘
上高地アルプス山荘を教えてもらう(11:00から14:00まで日帰り入浴可 600円)

お風呂
温泉ではなく沸かし湯だったが、貸切。ゆったりと浸かる。


バスターミナル
上高地バスターミナル
食堂でなぜかカレーかラーメンが食べたくなり
ビールと「信州ビーフカレー」、お土産品もたんまり。

午後4時発のバスに乗り再び沢渡まで行き
東京新宿行きに乗り換える

行きは夜便だったので景色はわからなかったが
帰りは車窓の景色を楽しもう
バスの車窓から
ダムらしきものを発見するが、撮る間もなくバスは下って行く


やっとダムをゲット!
稲核ダム
稲核ダム(いねこきダム)
稲核ダム
梓川に作られた安曇三大ダム(奈川渡ダム、水殿ダム)のひとつだ

バスは次第に市街に入って行くと、渋滞状況
新宿には何時ごろ着くのかな~、まさか、終電にまに合わないなんてことに
ならないといいな~っと気にかけながらも
涸沢での3日間を思い出しながら
うとうとしはじめてしまった。



◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 北アルプス


[ ]          ◇ 食う寝るさんだ~す | URL |  08/24 19:30 | edit
あはは!
いきなり北穂にパノラマコースですか~
スンゴイ勢いでステップ駆け上がってますね

素晴らしい天気に恵まれて、最高の山歩きでしたね。
どの写真からも嬉しさ溢れてますよ!
いい山行でしたね
羨ましいだすv-10



[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/25 08:08 | edit
はい、もう、初めて外国旅行したみたいに、あっちむいちゃ、「わあ~」、こっち向いちゃ「見て見て!」みたいなテンションになってしまいましたv-411

今年1年分のお天気運を使い果たしてしまったかも?です。
テルテル大明神作成しよっかな。



[最高!! ]          ◇ akemi | URL |  08/25 19:39 | edit
いや~!いいお天気!!
涸沢ってこじんまりまとまってるけれど
やっぱりいいですよねぇ~~~。
今回は槍から指くわえて見てました。
涸沢で生ビール&ソフトクリーム、いいなぁ~~~。
来年はGWいかがですか?(笑)


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/26 00:35 | edit
えっ、槍に登ってたんですか~。
北穂から見る槍は北アルプスのイケメンって感じで、うあ~かっこいいな、
あんなとんがったとこに登れるのかな~って、見るたびに思います。
GWのころもいいんですよね、行きたいな~。



[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  08/31 18:03 | edit
行っちゃいましたね~パノラマコース、振り返って見た穂高や槍の展望がすごいよね。
10月の紅葉のときもいいんだけど、うちが行った時は雪が降って大渋滞でした。
どんどんステップアップして、思い出もいっぱいだね。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  09/01 08:04 | edit
>振り返って見た穂高や槍の展望がすごいよね
帰りにみたせいか、よけいに、なごり惜しくて、
「ああ、また、来たいな~」って、ぐぐっときちゃいました。

紅葉のときも、行ってみたいけど激混みなんですよね。






管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/121-d35256ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。