北アルプス・北穂高に登る~二日目 3,106mの頂きへ : 北アルプス : heavenly blue雑記帳

夜明け前
星空観察会寝過ごしで、せめて夜明けを見ようと、ということで
明け方の4時過ぎにテラスに出た。
まだ、月明かりの中の山々。

8月15日(土)2日目のコース:涸沢ヒュッテ5:10--北穂山頂8:30/9:10--涸沢小屋12:30--涸沢ヒュッテ13:10
-- ◇ 北アルプス・北穂高に登る~二日目 3,106mの頂きへ の続き --

夜明け
山の向こうから静かに陽が登り始める


朝日にそまりはじめる
やがて山の端が赤く染めだされてくる


朝日に染まりはじめる
静かに山は赤茶を帯びていく



北穂高岳へ
山の朝焼けを眺めていると、5時過ぎ 出発するよ~と声がかかる
朝飯は昨晩中にお弁当にしてもらったので、ザックに入れてある。
アミノバリューも飲んだよ。
テント場の道を歩いて涸沢小屋の横から、
ごろごろの斜面を登り始める。
さあ、目指せ、北穂!


テント場が小さくなる


だんだんとテント場も小さくなり、高度があがってきたのがよくわかる



渋滞はじめ
たくさんの人が北穂へ
ゆっくりゆっくり、歩みを進める


鎖場、大渋滞
やがて鎖場登場
この写真は帰りに撮ったものだが、行きは大渋滞
でも、このくらいのペースが自分にとってはちょうどよい。
あせらずに、足場、手がかりもしっかりあるので鎖に頼らず、三点確保で登る。


梯子
つぎは梯子、これもゆっくり、確実に。

空の中へ
空の中へ飛び込んでいけそう

北穂なんて、まだまだ無理と思っていたが、
ああ、やっぱり、来てよかった~っと心の底から思った。


涸沢岳から奥穂方面
涸沢岳から奥穂方面


広がる展望
私たちは北穂の南稜コースだが、東稜コースは何倍も難易度が上がる
ごつごつの岩の上を人が登っている~すごい~っと驚く


ハクサンイチゲ
緊張して登っているので、写真撮影などしている余裕もなかったが
お花の咲いているところで休憩。
ハクサンイチゲももう終わりかけかな。


前穂 北尾根
涸沢から見上げていた前穂が目の前に


穂高って岩ばっかりだ、ペンキマークを忠実にたどろう。
浮石、石を落とさないように要注意だ。
小さなテント場もあった、そこを通って行けば、
稜線の分岐点
左に行けば、涸沢岳。奥穂
右は北穂北峰頂上だ。

山頂にて
ついに山頂。


槍が岳
槍ヶ岳

遥かな富士
ああ、はるかかなたに、富士山も見える、
富士山ってほんと高いんだなと。

常念岳
常念岳

前穂 北尾根
前穂北尾根

雲海の中に
雲中に、
こっちの雲の平方面もいいとこだよって教えてくれた


滝谷
急峻な滝谷
空が手に届くよう

滝谷
迫力ある滝谷の岩肌


素晴らしい展望を前にして
残念なことにその感動を伝える言葉が見つからない
「わあ~、すごい~」くらいだ
帰ってきて、写真整理していても、
表現力、語彙に乏しい。がっかりする。
本とか読まないといけないかな。

牛乳で乾杯
ほんとはビールといくところだが、下りでよろけては一大事なので、
ここは思いとどまって、「牛乳」
あ、でも、山で牛乳ってものおつなもので?

そろそろ山頂を後にして、下山。
登ってくる人に譲りながら、足元に気をつけながら、
この素晴らしい展望を、感謝しながら、
ゆっくりと足をおろす。
着いたら、涸沢小屋でソフトクリームだよ。



ソフトクリーム
涸沢小屋でご褒美?のソフトクリーム 
あま~い冷たい感触が口の中で広がって行く
ベンチに腰かけようとすると。
腿の裏の筋肉がぴーンと張っている。

ヒュッテに戻って、ザックを部屋に置いたら
ビール

テラスで涸沢族のおいちゃんから、奥穂パノラマコース方面にお花畑があるから
行ってきてごらんと教えられ、
出かけることにした。


雪渓からのテント場
雪渓を渡ってしばらく行くと



チングルマのお花畑
チングルマがたくさん


コイワカガミ
もう終わっているはずのコイワカガミ


アオノツガザクラ
アオノツガザクラ

小1時間ほど遊んいた。
で、後で、聞くと、ここはほんとのお花畑ではなかったそうで、
もうちょっと上だったようだ。また、次回に。


帰るとガスが出てきた
ガス発生
残念ながら夕暮れの景色は望めなかった

夕飯を食べて部屋でボーとしていると
おいちゃんが宴会やっているから
おしゃべりにおいでと呼びにきてくれた。


もう何人かが集まっている
座布団を勧められて、ビールもどうぞどうぞ
山の楽しい話に花が咲き
山の時間はゆったりと過ぎていく

消灯時間前にお暇して
枕元に「星座早見表」とヘッデンを備えて休む
しばらくして、屋根を叩く
雨音。。。

やむかな~と待ったが、その夜は
ずーっと、・・・・・傘
◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 北アルプス


[うわ~凄い! ]          ◇ emi | URL |  08/23 16:48 | edit
いいですね☆
凄いしか言いようがないですね~
行きたいですね~

きぬさん♪は山のおいちゃんたちに喜ばれたでしょう。
聞き上手だっし☆
質問上手~☆




[emiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/23 20:57 | edit
涸沢のおいちゃんたちは、なんと1週間から2週間もいるらしいよ、
小屋明けとか小屋閉いあたりにも来てたりしてるそうですよ。
気のいいおいちゃんたちでした、

高度を上げるに従って、空が近くなって、
山頂から見える山々に
ついにきたよ~って呼びかけたくなりました。
emiさんも登られた、蝶や唐松もいつか、行ってみたいです。




管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/120-f8587859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)