上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
北アルプス・北穂高に登る~一日目、涸沢まで : スポンサー広告 : 北アルプス : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

朝靄に包まれて
朝の靄が立ち込める上高地

13日(木)の深夜、新宿から「さわやか信州号」に乗って
早朝、沢渡で乗り換え、上高地に到着した。

8月14日(金)1日目のコース:上高地バスターミナル着6:00/6:15--河童橋6:30――明神 7:15/7:30--徳沢ーー横尾9:40/10:00--本谷橋11:15/11:30-ー涸沢ヒュッテ13:25  
      

-- ◇ 北アルプス・北穂高に登る~一日目、涸沢まで の続き --

北アルプスも南アルプスもよくわからない自分が、今、この地に降り立ち、
この景色を見ているのが、まるで夢のようだった。


上高地バスターミナル
バスターミナルから河童橋を目指して歩き出す


河童橋
これが、かの有名な河童橋。
朝早くから、多くの人ですでに賑わっている。
残念ながら、渡らなかったが、帰りには是非、寄ろう。



お連れさん
今山行の同行者の大ベテランさんと小ベテランさん
お世話になりますが、よろしくです。



森の中へ
朝の清々しい空気が漂う静かな森の中へ



朝露に濡れるソバナ
朝露に濡れるソバナ



明神
明神到着、一休み
橋を渡ると明神池があるそうだ



晴れ渡りはじめる
しだいに靄が消え、青空が広がって行く



徳沢
徳沢へ
テント場もある、穏やかな草地だ

晴れ渡る
おおっ~、どんどんいい天気なってきて、
足取りも軽やか~になってくる。


横尾到着
横尾に到着


横尾山荘
横尾山荘前
上高地から、約1時間ごとに休憩できるポイントがある。
ゆったりとした梓川沿いの平坦な散策コースも終わり
本格的な登山道となり、
涸沢、槍、蝶ヶ岳、常念岳などにコースが分かれている。



横尾大橋
横尾大橋を渡り、横尾谷に入って行く。


前を行くグループの最後尾のおじちゃんのザックに揺れる
こんなかわいいテルテル大明神
テルテル大明神
お願いして撮影させてもらった
グループの女子が作ったというプレミアもの?
テルテル大明神
横向き

きょうは最高の天気さ、
テルテル大明神様ありがとう、ばんざい!!

屏風岩
次第に屏風岩が大迫力で迫ってくる



青空のぞく
青空も近くなってくるよ



北穂かな?
あれは北穂かな?



本谷橋
本谷橋を渡って、河原で休憩をしよう。


次第に登りがきつくなって、ガレた場所にさしかかると、
小ベテランさんの足が調子悪くなり、ペースを落として
休憩をすることにする。



さあ、あともう少しだ!
雪渓歩き
初めての北アルプスで驚いたことは、こんな8月の真夏でも
雪が残っていることだった。


登りながら、何度も後ろを振り返って
彼方へ
景色に励まれながら、歩みを進める


上高地から何と長かったことか、7時間もかかって
やっと、涸沢ヒュッテに到着だ、
渇いたのどを潤そう。
お疲れ様
テラスにて


雪渓
涸沢カール
そそり立つ山の壁に囲まれた円形ステージのようになっている


周辺を散歩に出ると

色とりどりのテントの花が咲く
テント場に赤、緑、黄のテントの花が咲いていた。
次回はテントにしよう。


涸沢小屋方面
涸沢小屋方面

まだまだ時間はたっぷりある、テラスで
大ベテランさんのお知り合いの涸沢族と呼ばれるおいちゃんたちから
涸沢の魅力をたっぷりと伺う。

「秋には、このあたりが燃えるように真っ赤になるよ!
秋に来なくちゃね、でも、もの凄く混むけどさ。」

「そうさ、山なんか登んなくって、ここにいるだけでいいんだよ」

うんうん、そんな気分になってくる。
テン場に一人で縦走してきた会の仲間がいる言うことで
今度は
ワインで乾杯
ワインで乾杯さ。

来る前は穂高連峰の大パノラマを見ながら
ちょっとは哲学的なことでも考えてみようかと
思っていたが、
そんなことはどこかに忘れ、ただただ、
ぼけ~っと眺めていただけだった。

こりゃ~、夜の星空が楽しみだ。
満天の星空から
ペルセウス座流星群をみるぞ。
って、わざわざ、星座早見表をザックの中に入れてきた。
星座早見表


山小屋とは思えないほどのヒュッテの美味しい夕食を味わって、
テン場に遊びに行って、おしゃべりして
帰ってきてちょこっと一眠りして
夜中に起きて
流星を見るつもりだった。

だけど、朝4時に目を覚ました。
枕元には星座早見表が虚しく散らかっていた。
そうそう、星も大事だったけど、
北穂に登るんなら、体力回復が先決。
だね。って自分で納得した。
◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 北アルプス


[ ]          ◇ 食う寝る@BEER中 | URL |  08/22 15:44 | edit
良い天気!
上高地から涸沢までって、きつい訳じゃないけど妙に長いんですよね(笑)

ま、でも涸沢の生v-275は最高だったことでしょう。
ヒュッテ泊まりだったのですね、混んでませんでしたか?

この後の北穂も楽しみですよん


[すっご~い!! ]          ◇ akemi | URL |  08/22 16:41 | edit
バッチリ晴れたじゃないですか!!
涸沢、いいな!
涸沢の生v-275もいいな!!(笑)


[食う寝るさんだ~すさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/22 19:46 | edit
ほんと、涸沢まで長かった~。でも、道すがらの景色眺めながらの楽しい道中でした。こんな美味しいv-275初めてでしたよ。(普段はあまりビール飲まないんですが、ここでは何杯も飲んじったv-398

ヒュッテは全然混んでいませんでしたよ。テン場も土曜日にはずいぶんと少なくなっていました。星空見逃したので、今度はテントでりベンジです。秋って、そんなに混むのかな~。


[akemiさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  08/22 19:55 | edit
ほんと、すんばらしいお天気に恵まれました。
これもテルテル大明神様のおかげ、それにご対面もかない、大喜びしました。

akemiさんたちにとっては、思い出深い涸沢、私もとっても大好きになりました。
ま、自分にはお出会いはないだろうけど、この日は関西方面の人と、話したりして
情報交換したりと、よい時を過ごしました。


管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/119-f307c013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。