上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
入笠山(1955m)~すずらんの香りに包まれて : スポンサー広告 : 山歩き : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

すずらん

6月13日(土)長野県諏訪郡富士見の「入笠山」にすずらんお花見登山に出かけた。
今日のコース:富士見パノラマリゾートゴンドラ麓駐車場9:00→ゴンドラ山頂駅9:15→入笠湿原散策9:30/11:00→入笠山山頂11:40/12:40→大阿原湿原散策13:10/13:45→ゴンドラ山頂駅14:40→ゴンドラ麓駅14:55/15:30→道の駅 信州蔦木宿 つたの湯15:50



-- ◇ 入笠山(1955m)~すずらんの香りに包まれて の続き --

きょうのメンバーは「権現・編笠」を日帰りするつよい女子のFさん、富士見美人のSさん、今回初めて山に登るという新人のKさんと3人のお母さん風な私の4人グループ。

今日13日から入笠山は車規制ということで「ゴンドラ」利用のゆるゆる登山と相成った。
ということで、本日はSさんがゆるゆる隊長にめでたく?任命された。

富士見パノラマリゾートの広い駐車場の麓駅から8人乗りのゴンドラに乗り込む。
ゴンドラ
ゆらゆら、ぐんぐん、ゴンドラは高度を上げていく。
あいにく展望は霞んでいるが、晴れていたらさぞかし、素晴らしい景色が望めたことだろう。


10分ほどで山頂駅に到着。
降りて15分歩き、鹿ネットをくぐると入笠湿原に入る。

入笠湿原
右のほうの白っぽいのがズミの並木だ。

ズミ(小梨)
ズミの花、酢実と書くので、実が酸っぱいのかな、小梨(コナシ)とも言うそうだ。バラ科。



木道
木道を歩くゆるゆる隊長と新人Kさん



入笠湿原
木道としらかんば


スズラン群生地
はてさて、木道を歩くがお目当ての「すずらん」は見当たらず、ちょいとうろうろ。
しばらくして、この丘一面がすずらん群生地と判明。



すずらん群生
慎ましく、葉の影にひっそりと咲く、その健気さゆえに、「君影草」とも言われる由縁か。
どこからともなく、爽やかな香りが漂ってくるすずらんの香り。
こんなにも優しく、清潔感ある香りだったとは、感嘆の声があがる。


看板にすずらんの見分け方というのがあった。
鑑賞用のドイツすずらんは日本の野生すずらんに比べて大型で葉の上に花がつく。
日本古来の野生のすずらんは葉の下に控えめに花をつけ、ひっそりと香り高く咲く。とある。

なのですずらんを撮るときは、膝を地面につけて、かなり屈まなくてはならない。

この入笠湿原は1734mの標高にあり、面積18,500㎡。地質は秩父古生層(約3億年前)に属し、植生学的には陸地化がすすんでいる湿原。
春から秋にかけては様々な草花が咲く。



クリンソウ
クリンソウも見ごろだった。

クリンソウ
クリンソウ(九輪草)  サクラソウ科
ゴンドラチケット売り場でくれる「入笠に咲く花」散策ガイドブックには、40ページにわたって、色別に花の名前と特徴が記されているので大変便利だった。


さてそろそろ、山頂へ登ろう。
途中、御所平峠で休憩。

マナスル山荘天文台
マナスル山荘となりの天文台
夜の空に煌く星々はいったいどんなだろうか?
望遠鏡でも彼方の世界を覗いてみたいものだ。



ツマトリソウ
山頂への道に咲くツマトリソウ(褄取草) サクラソウ科

30分ほどの少し急な山道を辿れば、いよいよ山頂だ。
しかし、残念ながら、展望は薄曇りの中。

山頂にて
きょうはゆるゆる登山なので、まだまだ元気!


お腹も空きまして、本日はゆるゆる隊長お手製の「ミネストローネ」
ミネストローネ
入笠山でイタリア~ン、トレビア~ン?
周囲の人たちからは、「おいしそ~」と羨ましげ視線を受けながら、いただきまあす。
笑い。

さて、1時間ほど、みたらし団子やあれこれ食べまして、
「大阿原湿原」への道を下る。
大阿原方面へ



首切り清水という何とも物騒な名前の峠を通り、車道に出て
30分ほどで「大阿原湿原」に到着。
大阿原湿原説明板




標高1819m、約12haの高層湿原。遊歩木道を1周する。
入笠湿原よりも花は少ないが
コケの着いた岩や清水、倒木、シダ類の繁茂する森は静かに時が流れて行く。
大阿原湿原

1廻りして、また車道を辿って、ゴンドラ駅へ。
無料のシャトルバスがあったが、時間待ちがあるので、歩く。
ここは最強女子さんの「歩きましょう」で、はい、決まり。
他の3人はバスあるよ~とちょと恨めしげ~。

またまた、ゴンドラに揺られて、麓駅駐車場へ。おしぼりのサービスあり。
ゴンドラから下を覗くと
あれー、まー。
MTB



あら~、道をチャリが走ってるう。
MTB
猛スピードで駈け下りて行く。


きゃー、危ない! と見ているほうがハラハラだ。
MTB


MTB
カーブはだいじょうぶか?


皆続々とゴンドラにMTBを積みこんで上がって行く。
ゴンドラに自転車を積み込める時間が決まっているのか、
朝は見かけなかった光景だ。
MTB
ここ、富士見パノラマリゾートはMTBのメッカらしい。



麓駅で
ソフトクリーム
ソフトクリームもチョイ溶けまったりモード。


145_20090618024556.jpg
空を見上げれば、青空が広がっている。

すずらんの可憐な姿とその香りに包まれて楽しい散策となった。
新人のKさんはどうだったろう、山歩きの楽しさ、感じてくれただろうか?
帰りは「つたの湯」に浸かってまったり登山の仕上げ。


山はいろんな楽しみ方ができる。
帰りの車中で、さて次はどこ登ろうか、と
もう考えている。ニコッ♪









◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き


[ ]          ◇ ぜいぜい | URL |  06/18 18:22 | edit
わあ、すずらん満開だね~
ここ、すずらんに時期には行ったことないんだよなあ。
いつも雪のときばっかりだあ。
お花の多そうなお山だよね。
女子4人のカルテット、さぞかしにぎやかで楽しいお山だったでしょうね。いいなあ。


[ぜいぜいさんへ ]          ◇ きぬ | URL |  06/19 08:17 | edit
>いつも雪のときばっかりだあ
たけさんのとこでスノーシューしているぜいぜいさん、見ましたよ。
雪遊びもいいですね。
わたしも今年の2月に行って、すずらんのときにも来たいなあと思っていたのです。
女子4人、すずらんの香りにうっとりでした。



管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバックURL→http://silk5511.blog25.fc2.com/tb.php/108-0251b474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。