heavenly blue雑記帳 : 雑記帳

尾瀬をあるく

2011年7月17日(土)~18日(月)
1年ぶりの尾瀬へ出かけた


山あるきをはじめたころはまだ
尾瀬は山の範疇に入ってはおらず
「夏がくれば思い出す遙かな尾瀬 遠い空」という歌で知っていた地名
風光明媚な観光地としてしか認知していなかった


あれから「尾瀬」は何回目になるのだろう


緑の絨毯の尾瀬ヶ原の木道をポクポクと歩きまわり
原を渡る爽やかな風に吹かれた初めての尾瀬

晩秋の至仏山から眺めたセピア色の尾瀬ヶ原

尾瀬沼では散々苦労したウッドデッキ上のテント設営

朝靄漂う神秘の尾瀬ヶ原を燧ケ岳から見下ろす感動

今では
そんな一コマ一コマがたいそう懐かしく
「遙かな尾瀬 遠い空」に想いは繋がっていく
 尾瀬をあるく の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(20) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 山歩き

清麻呂さん
清麻呂さん

高知空港着
満面笑顔の河童さん&tochikoさんが迎えてくれる
互いに1000キロも離れているのに
なぜかいろいろとあって
このところ毎月のように会っている
それでも、ここ「高知」で会うことの意味は深い

「ついに、やっと、きたね~」

「ええ、ついに、やっと、きました~」

空港ロビーで中年おじさんおばさんがハグしあって
歓喜の声を挙げる
ふん、いまどきの若い子らにも
マネはできないだろう:::と
優越感と年寄りの冷や水

さあて、土佐遊山の開幕
まずは昼の腹ごしらえということで
河童さん曰く
心のうどん屋さん 「清麻呂」さんへ
 土佐遊山~土佐自慢 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ

ソルティードックと飛行機
羽田空港にて

「今度」と「お化け」は見たことがない 

そんな諺みたいなのがある

「今度、一緒に山に行きましょう」とか
「今度、飲みに行きましょう」など

おおかた、「行ったためしがない」
まあ、日本人の「今度」は挨拶のひとつみたいなもの
ま、お化けは見たことある人もいるらしいが
きぬは今だ、お会いしたことがない

さて、このたび、その「今度」がほんとになった話



 土佐遊山~はじまり の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 楽しみ