上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ドライブ : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

奥多摩の山々
秋の長雨の合間の やっと晴れた10月の朝、東京の秘境とも呼ばれる「檜原村」にでかけた
目的はもちろん、「滝を見に行く」
去年の滝を見に行くはこちら
 滝を見に行く 2016・10月 の続きを読む

スポンサーサイト
◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

朝日
夜間は辺り一面霧の世界となってしまい、星も見えず
ただ冷やかな空気と一緒に静けさが霧とともに広がっていく
やがて東の空の薄雲のヴェールを透いて陽が昇り始める
人々も動き始める
 高ボッチ山朝明け の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

八ヶ岳山麓
シルバーウィーク2015は天候にも恵まれ、初秋の空をたっぷり楽しみました

そして、遥々四国からと関東からの赤岳登頂隊と待ち合わせし、再会のひと時をともに過ごしましたが、
ま、私は赤岳には登らんかったんですけど、せめて登頂のねぎらいを・・・ということで
ちょちょっとお出迎えしたくらいです。
                            行ってらっしゃい

                      
 高ボッチ山夕暮れ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ
2015/05/20(Wed)   朝ドラ : ドライブ

宮が瀬湖
五月の早朝のドライブは爽快
オープンにすると風の匂いに包まれる 
 朝ドラ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

小菅の湯
GW真っただ中、高速道路周辺は大渋滞なので、下道で山梨県は多摩川源流の小菅村まで。
最近は「ボケ防止」・・・いや、ボケはおいおい進行しているのでいくらかでもその速度を遅くせんが為の策として、
ナビを使わず、事前に地図でルートをあらかた下見して出かけることを心がけている。
ナビに連れていってもらったら道覚えませんものねえ。(ナビ案内で今まで何度同じところに行っても覚えてない)
便利なものがあるのはありがたいが、いまさらな・・・と思いましょうが
ナビなくても到着できると妙な「達成感」があって、それはそれで何だか、うれしいものであります


 GWこでかけ覚え書き~道の駅こすげ&小菅の湯 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(0) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ
2011/02/22(Tue)   雨水の頃 : ドライブ

走る人

雨水、うすいと読む
二十四節気の第二
立春→雨水→啓蟄
温かさに雪が雨に代わり
氷が解け始めるころ


東京にもここ2日ほど
雨が降って乾燥した土を湿らせている
春の気配が動き出して
木々や草の発芽を促しているよう


 雨水の頃 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(16) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

富津岬展望台
またも、オブジェ登場?




 風薫る丘から岬巡り~海へGO!続編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

9月12日(土)、shimaさん&ふらん&めい と久しぶりにでかけた。
6月あたりから、どっか出かけようと計画していたのが、諸事情により、延期になり、この度、無事にGOとなった。
飛行機
で、こんな風景が見えるところへGOとなった、、、ね
 海の中へGO! の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

さてさて、ずるっこ登山の2番手は「大室山」(580m)に登るんだ。

この何ともまろやかでユニークな山容と色合いに心もほっこりkao04
大室山
お茶が飲みたくなるなあ。
 新春第2弾ドライブ!!リフトで山登り~大室山編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

ふらん

今回、華々しくトップページを飾るのは、爆走隊名誉隊犬、(爆走隊員3号とも言う、私が勝手につけたよ笑い。
Shimaさんのとこの「ふらん」ちゃんだ
。我らの爆走に大喜び?で同行し、車内を癒しのスポットにしてくれる存在だ。このたび、めでたく2回目の妊娠となり、この2月に出産の運びとなった。
Shimaさんも育児?に忙しくなるので、5月頃までは爆走隊の活動もしばらく休止かな~っと、そこで、今回は祝「ふらん」おめでた記念ドライブといこう!!
 新春第2弾!ドライブで山登り?~伊豆スカイライン・滝知山編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

すっかり雲に隠れた富士山はあきらめて、
「観光百選滝の部」で1位となった(昭和25年)「白糸の滝」に向かう。
白糸の滝






 新春ドライブ 白糸の滝・時の栖編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

2009年、日帰り爆走隊の初暴走?
あっ、いやいや、
初爆走は富士山の雄姿を求めて、富士五湖巡りで幕を開けた。
(我らは安全運転、ブイブイ跳ばしませんって)笑い。

産屋ヶ崎から
河口湖 産屋ヶ崎にて
 新春ドライブ、富士五湖 富嶽巡り編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

昨晩から準備していた「鍋割山行」があえなく、諸事情の気まぐれにより、紅葉狩りに箱根へGO!
となった。
強羅公園

 紅葉狩りイン箱根~強羅公園編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

大井川鐡道井川線は南アルプスあぷとラインとも言われ、ここ「長島ダム駅」と「あぷといちしろ駅間」の1.4キロ区間は歯車を利用して急勾配の坂を登るアプト式が採用されているということで知られている。
雄大な奥大井の山の懐を縫うように走る。
峡谷に架かる関の沢大橋


 日帰り爆走隊~秘境・接岨峡 橋巡りその2 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

今回の日帰り爆走(11月4日)は静岡県川根本町・奥大井県立自然公園、大井川源流を訪ねるドライブ。
走行距離、往復450キロ。よう、走った。

富士川ICからの富士山
東名の富士川SAからの朝靄かかる富士。

 日帰り爆走隊~秘境・接岨峡 橋巡り その1 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

道の駅 さとみに寄り、少し周り道になったが、R33の常陸太田大子線を辿る。

深く切れ込んだ渓谷を流れる竜神川をせき止めた竜神ダムに跨る竜神大吊橋は、横風にも強いトラスト工法のパラレルワイヤーのケーブルで吊り下られた橋である。

竜神大吊橋 

 日帰り爆走隊~奥久慈・竜神大吊橋編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

場所を確認し、国道461号線で予定外の「花貫渓谷」を目指してGO!
この461号線、一部、「お宅の玄関先をお邪魔しま~す」というような道があって、、
これって国道だよね?道間違ってないよね?
と不安になるような箇所あり、細いカーブの連続の山道ありの変化に富んだ面白い国道だ。
大子町から高萩市に入る。
ここでは橋だけではなく、可愛い出会いが爆走隊を待っていてくれた。

入口発見までちょっと迷うが、駐車場に車を置き、渓谷を辿る。
道路標示や警告板などがまだ残っていて、かつてはここの渓谷沿いをダンプや車両が通っていたような余韻が残っている。
今は通行止めになって閑散としているが、紅葉のころは多くの人が行き交うことだろう。
15分程歩くと橋にたどりつく。


花貫川に架かる汐見滝吊橋 紅葉したらさぞや

汐見吊橋

地元の山から伐採された杉材で作られている。
橋長 60.6m  構造はキャットウォーク式木製吊橋。





 日帰り爆走隊~奥久慈・花貫渓谷編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

雲取山行が中止になって以来、(その間、代替え日の連絡が入ったが、どうしても仕事が入っていて休めず、仕方なくお断り) すっかり山歩きから遠のいてしまい、山歩きの看板をおろさなきゃ~と、溜息続きの日々ですが、幸いなことにドライブ部門は充実中。

いつものshima&ふらんと私、二人と1ワン、今回は茨城県の袋田の滝、竜神大吊橋を目指し、常磐道を一気に北上だ。


久慈川河原から
寄り道した久慈川河原からみた風景
 日帰り爆走隊~奥久慈・袋田の滝編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

6日(月)昨晩からのあいにくの雨が降り続く朝、たまたま、都合が空いていたshima&ふらんと、shimaさんのリクエストの箱根湿性花園にちょっと繰り出してきた。

9月中ばに訪れた頃から3週間過ぎ、園内はだんだんと秋色濃くなってきていた。
あきのパッチワーク
秋色パッチワーク

 深まりゆく秋~箱根湿性花園 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

橋巡りといっても、わざわざ「橋」目当てだったわけではなく、たまたま、巾着田のあとにどこに寄ろうかと調べていたら、中津峡は全国に誇る紅葉の名所でもあり埼玉の秘境と紹介されていたので、安易な気持ちで「ちょっと寄ってってみようか」ということだった。

橋編、最後はここ
出会いの丘
すすきの間からちょこっと見えてるよ
 秩父ドライブ~橋巡り(3)豆焼橋ー雁坂大橋編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

軌道修正いたしまして、小鹿野町から両神村に入り三峰口を目指し、途中道の駅両神温泉薬師の湯
に立ち寄りますが、とんとお店はやっておらず、でも、立派な二輪車置場の建築途中。
一見足湯かなと思ったんだけど。

無事三峰口分岐を右折し、国道140号線に乗る。
秩父街道の方ではなく、大滝道路を走行していくと、
車窓から見えるのはなに!
ループ橋

 秩父ドライブ~橋巡り(2)雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

さて、巾着田をでて、われら、二人とわんは高麗川に沿った国道299号を秩父駅方面に走る。
途中、道の駅芦ヶ久保で抹茶ソフトを食べる。
ドライブのちょっとした息抜きにあま~いソフトはつきものだね。

なびの路子さんの導くまま、快適に走行。
と、行く手に、橋が!
渡り始め


 秩父ドライブ~橋巡り(1)秩父公園橋編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

先週24日(水)に運転お師匠ことshima&ふらんちゃん(ヨーキー)と、噂に聞く、巾着田の曼珠沙華を見にドライブにお出かけした。

その翌々日、実は家人が急に入院するハプニングがあり、「あれま~」とばたばたして大幅にアップが遅れてしまった。shimaさんはとっくにアップ済み。のんきにブログなど書いている場合じゃないか?
でも、順調に回復中、もし大変なことだったら、こんなことしてませんけどね。

紅白の曼珠沙華
紅白曼珠沙華



 秩父ドライブ~曼珠沙華満開・巾着田編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

台ヶ岳のススキ原で黄昏る?台ヶ原草原

 残念ドライブ 雲取山が箱根山?~その3  の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

ガラスの森をでて、箱根湿性花園に向かう。
サワギキョウと木道  「仙石原湿原植生復元区にて」
さわぎきょうと木道


 残念ドライブ~雲取山が箱根山?その2 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

秋の訪れ
ススキ

本当なら、17日から18日は初めての小屋泊りで、雲取の山頂から夜景を眺めているはずだった。
でも、ここは

       「箱根」
 残念ドライブ~雲取山が箱根山? その1 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

運転のお師匠さんから、「薔薇が見ごろのこんなとこ見つけたけど、行きませんか~」とメールが届きまして、添付のアドレスをのぞいてみましたら、場所は軽井沢で。
メガネ橋とバラ
レイクガーデン内 眼鏡橋とバラ
ほ、ほ、ほー笑う、軽井沢はわれらの庭みたいなもんだわさ~。と、普段は土、日にはドライブに出かけないのですが、「花の命は短くて、、、」なので、調整して、5日の土曜日に行ってまいりました。

きょうのコース2008年7月5日・土:自宅(6:30)→関越道→上信越道→碓井軽井沢IC→軽井沢レイクガーデン(9:45)→旧軽銀座(15:00)→関越→上信越道→自宅(17:30)

われら日帰り爆走隊' ダッシュがつきます
そのわけはお師匠は確かに爆走してますが、私は爆に至らない、はく走ですぷぷ、途中、通勤割引の適応を受けるため、東松山ICで下りて、入りなおします。(半額割引は大きいですもん)
途中、事故渋滞2件につかまりましたが、10時前には到着。

入口
ガーデン入口

ちょいとセレブ風な雰囲気ですが、セレブーではないわれらの入場です。500円というお手頃な入園料です。
(某ガーデンは見ごろでもないのに2000円怒もした)


園内は燦々と降り注ぐ光を浴びたバラや花が満開でした。ここは2007年4月に軽井沢レイクニュータウン内に人造湖のレマン湖(スイスでもないのに、大胆なネーミングである)のほとりにリニューアルしてオープンしたガーデンです。ガーデンホテルも建設中です。

私はバラはバラとしか認識できませんが、お師匠はあれこれややこしい名前の品種をご存じで私はふーんとうなずくばかりでございますが、私がかなり反応したのは、「水生植物」でお師匠も知らない「アサザ」の群生でした。(たぶん、アサザでいいと思うのですが、)

湖の水辺には黄色いじゅうたんを水面に敷いたような見事さですアサザの群生

野生のアサザは環境省のレッドリスト、絶滅危惧種Ⅱ類。ミツガシワ科。多年生の浮葉植物。
054.jpg

睡蓮も可憐にぽっかり浮いてます。
睡蓮


日差しはかなり暑いですが、日陰の風の通り道は涼やか~。
ベンチに腰かけ、セレブな気分「レマン湖のほとりにて」
ワイルドイブ
ワイルド・イブ
会話
「バラはやっぱり、満開よりも咲きはじめよね~」

「ほころびかけたあのひとひらの初々しさがいいわー。」

「人間もそーだよねぇ」

満開も、過ぎたバラもそれなりにとても芳しく、その香りを漂わせてきます。
満開のバラ


園内を2時間ほど散策して、1時間だけ旧軽銀ブラして、
帰り道に「ふろまーじゅソフト」を食べました。
暑くて冷たいものを欲していたので、頭の中はソフトに占拠され、写真も撮り忘れ。

妙義の山々を見ながら、私のささやかなお山談義など織り交ぜながら帰ってまいりました。
車窓から。
車窓から

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ

先週の19日(木)、運転のお師匠さんとドライブに行ってきました。

きょうのコース(2008年6月19日・木):自宅(7:30)→河口湖・大石公園(9:00)→湖北ビューライン→R139→富士花鳥園(11:15)→R139→R469→R246→開成町・あじさいの里→平塚市内の園芸店・ガーデン倶楽部(16:30)→厚木インター→自宅(18:50)

40も過ぎてから運転免許を取った私なのですが、お師匠さんは運転に関する技術・知識を教えていただいた師と仰ぐ友人です。
おいおいに紹介するといたしまして、きょうはそのお師匠さんがお薦めする「雨が降っても楽しめる」という富士花鳥園を訪れようというわけです。ついでに、河口湖のラベンダーや開成町(神奈川県)のあじさいも見てこようという、お花満載巡りコースなのです。

梅雨のどんよりの中、まず河口湖畔の大石公園に着きましたが、やはり富士山はガスの中で全く、見られません。残念。
河口湖ラベンダー


明日から「河口湖」ハーブフェスティバル」開催ということですから、まだ、ラベンダーは早かったようです。会場もまだこれから設営といった様子でした。人も少ない湖畔の花の小道を散歩しました。
あら?なんだか面白い形の花みたいのが、咲いています。トリトマ
トリトマというらしい。→お師匠に教えてもらう。

松葉菊、好きな色の花なので掲載まつばぎく


少し肌寒い湖畔でしたが、なにやらお腹も空いてきたのでブルーベリーソフトを食べます。
ご当地ソフトは必ず食べる主義ですが、ラベンダーソフトというのがなかったのが、不満。
さて、湖北ビューライン、R139を快適に走り、朝霧高原・道の駅をちょこっと過ぎて、見落とさないようにして、花と鳥の別天地とのキャッチフレーズ「富士花鳥園」到着。
忍者屋敷風な建物です。(ここで写真があるといいんですが、撮り忘れました。今後はブログ掲載の場合も多くなるので、なんでも一応撮影はしておくべきと、いまさながら、気づく)
ここが別天地か!とわくわくしながら中に入ると、
巨大球根ベコニアのオンパレード。極大輪の球根ベコニア


そして広場には池までありまして、ベコニアがぷかぷか浮いている。ベコニアの池

上からもハンギング仕立てのベコニアが。ハンギン仕立てのベコニア


ベコニアの巨大さと多さと花の空気に圧倒されます。
広場にはこんな子がおりまして後ろ姿


呼んだ~?
ふくろう
ここは鳥の別天地でもありまして、ふくろうもコレクションされていますが、約40種ほどもいるそうな。ふくろう、ミミズク、違いはよくわかりませんが、頭に耳のような羽根が立っているのが、「ミミズク」ではなかろうか?と推察した次第。
ふくろうのほうがほっこり系な面差しかな?
ふっくらふくろう



猛禽ショーという時間がありまして、ミミズクやハリスホークがお客さんの頭を掠めるように飛ぶというショーです。えさが牛肉というのが羨ましいところですが、肉食というのが「猛禽」といわれる由縁でしょうか。ハリスホークは高度3000メートルまで旋回して舞い上がり、3キロ四方まで見渡してえさのウサギなどを見つけると舞い下りてきて、その鋭いつめで引っつかんで猟をするそうです。
ハリスホークハリスホーク

また、ミミズク、ふくろうは森林の中で狩猟をするので、木や枝にひっかからないよう羽根を広げた長さも短く、しかも羽音もなく舞い降りてくるそうです。アメリカワシミミズク
アメリカワシミミズク

猛禽ショー


コガネメキシコインコ、ナナイロメキシコインコインコ
寄り添って昼寝をしていました。
鳥の別天地はまだまだ続きまして、今度は大型の鳥の登場です。
外の庭に出ますと、「エミュー牧場」がありまして、エミューなる鳥がおりました。
初めて見る鳥です。100円でえさが売っていましたので、えさでもやって遊んでやろうかとエミューのえさやり


全体はこんな感じ、ダチョウみたいです。大きくて背が高く、ちと近寄りがたいです。
エミュー

ころころした大豆くらいの大きさのえさを、とんがった嘴ながら、器用にコップから拾って食べます。エミュー
エミューのえさやり


わーきゃー、やっておりますと、足元にこんなのがいました。アヒル

どうも、コップからこぼれたえさを目当てにやってきたようです。
ひとしきり、おこぼれを拾うと、お尻フリフリ、帰っていきました。アヒル帰る


わたしたちもアヒルの後をついていきますと、「アヒル VS カモ」みたいな場面に出くわしました。アヒルとかも

ガーガー、くゎくゎ、ガーガー、くゎくゎと対面でなにか言い合っているように見えます。

カモ「あんたたち、何やってたのよ!」

アヒル「おばちゃんたちが、エミューにえさやってたから、落っこちたえさ、ゲットしてきたのよ!
      なんか、文句ある?」

カモ「そんな自慢げに言うことじゃないわよ。ふん、拾い食いのくせにさー。」

アヒル「あんたたちこそ、多いからって、いつも池で勝手してるじゃないの!」

エミュー池、縄張り争い?
そんな大騒ぎの横をそお~と通って、池畔散歩。素敵な花を見つけました。おだまき
西洋おだまき(きんぽうげ科)繊細なお洒落さんです。

庭から中に入ると、フクシアのエリアです。F
Fフンゲルス

フクシアダンサーズティンカーベル
フクシアは踊り子みたいにフリルの付いたドレスで踊っているみたいです。

お花も鳥も存分に楽しみまして、今度はあじさいの里に向かいますが、途中の山道でものすごい霧が発生して、10メートル先も見えない状況で、ひやひやしました。真っ白い闇の世界に飲み込まれたようで、怖かったです。ここはお師匠さんに運転していただきましたけど。

御殿場、山北を通って開成町へ。ここは最近あじさいの里として、町を揚げてのまちづくり産業振興に取り組んだイベントのようです。会期もあじさいの盛りも過ぎていましたので、静かに散策することができました。開成町・あじさいの里
田植が終わったころでしょうか?

あじさいの里
大きなあじさいが道の両側に植えられています。

あじさいの里 田園風景
静かな田園風景が広がります。

まだ、少し時間もあるので、お師匠さんお薦めの平塚の園芸店へGO!
園芸店では朝顔等何点か買いました。
まだ、ほんのり明るいうちに自宅に着くことができました。

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : ドライブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。