上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
食の記 : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告

お地蔵さん

命がけの蕎麦❓ そう、山深く、すれ違い無理!な道を上がっていく
ガードレールの無い崖っぷちの道  「おっこちるなよ~~」
目指すはスナック「みちこ」
いやいや、蕎麦処「みちこ」
 滝を見に行き蕎麦巡り の続きを読む

スポンサーサイト
◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

お弁当  今年一番
今日のお弁当のご飯は、今年一番に穫れたお米
毎度おんなじパターンの弁当ではあるが、不思議に飽きることはない
玉子焼きにから揚げ等の主菜に青菜の和え物、梅干しは欠かせない・・・

 きょうのお弁当 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2016/03/31(Thu)   サクライロ : 食の記

サクラ咲く
いよいよ桜シーズン到来
こちらの桜はオカメ桜。・・・日本が誇る美女「おかめ」さんが由来の名前
ソメイヨシノよりも色が濃いですね
 サクライロ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2016/03/08(Tue)   山かけ : 食の記

自然薯
道の駅で特別お買い得の自然薯、ほくほく笑顔で買ってきました
ところが あら、やだ、新聞紙に包んだまま転がっておりました
うっかり忘れておりました(最近、多いうっかり、いや、最近じゃなく、毎度ですかしらん)


                     おつまみ
                      アボカド、マグロの漬けに乗っけてみました
                       あ、自然薯、おだしでのばすのを忘れてしまい
                      なので、ますます粘りがあって、粘り堪能でございます

自然薯、半分取って有りますので、次回はちゃんと出し汁でのばしましょ・・・とろろごはんもいいかも

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

つかさ庵入口
南伊豆で美味しいお蕎麦屋さんを見つけました。
たぶん、今までに南伊豆を訪れた際、何回も「蕎麦屋」の幟を見てはいたようなのですが
どこにあるの?って感じであまり興味をそそることなく、通り過ぎておりました
が、このほど、やっと、辿り着くことができました。
畑の中にあった 「手打ちそば つかさ庵」
                          *写真はすべてスマホからなのですが、なぜかちっちゃいです
 カレー南蛮蕎麦考 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

梅仕事
青梅が黄色く完熟してきたら梅干し仕事の番です
 梅仕事~梅干し編 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

お弁当箱2
新しい弁当箱を買いました。「あずき色の丸」というかわいいネーミングがついています。
「倉敷意匠」という倉敷を拠点にしている小さなブランドで
「日用品」として使われることで
日々美しく育っていくような「モノ」を送り出している雑貨メーカーの品です。


 ランチのきぬさん の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

                   土用干し
                   数えてみれば135粒 平均直径は約4.5センチ

 本日は「土用の丑の日」
   ですが、鰻はそれほど好きというわけでもないし、値段も高いしなので本日は頂きません。
はてさて、土用とは・・・土曜ではないですね
   土用 とは、 立春(2月4日頃) 立夏(5月5日頃) 立秋(8月7日頃) 立冬(11月7日頃)の前18日間を言うそうです
ということは、梅雨が明けて土用の入りになったら
   梅を干せ。。。ということで

歌にもあるように「三日三晩の土用干し

日中は干し、夜には取り込んで梅酢に戻し、翌朝、梅酢から出して干す、これを3日行い
   逆に日中は梅酢に漬けこんで、夜には梅酢から出して、夜露にあてる、これを3晩行う
合計三日三晩となるわけであるが
   これまた、梅ひとつを干すにもさまざま、時間指定の午前10時から干して、午後2時には取り込めだの
はたまた、昼の12時に梅をひっくり返せというこだわり派もあり
   夜には取り込んでも梅酢には戻さないなど諸説芬芬
昨今の住宅事情や昼間は不在などの都合により、笊に干さずに瓶やビニールに入れたまま干す方法など、
   調べれば調べるほどいろいろ出てくる
が、ずぼらなきぬ、今年は三日三晩、外にほったらかしにする方法を選択
   夜露に充てると味に丸みが出て、ひなた臭さが抜け、しかも種離れがよくなり
皮がしっとりまとまって破れにくくなると、いいことづくめどうかなあ
まあ、とにかくやってみよう。。。と夜も取り込まずにグッナイ
           (ほこりやカラスなどを気にする向きもあるが、きぬはあまり気にせず)

                                       梅酢と赤紫蘇
                                        梅酢と赤紫蘇も日光消毒中
◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

梅干し笊
 市場に買い出しに出かけていいものを見つけた、53センチの梅干し専用の笊 
大きさを実感するため、梅干しを一粒乗せてみた、
よしよし、たくさん干せそうだ

 梅雨明けを待つ の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2014/01/24(Fri)   三種の鉄器 : 食の記

三種の鉄器
ストウブの鍋 4.2kg  南部の鉄瓶 2.1kg  デバイヤーのフライパン 2.1kg
なので、思わず「よっこらしょよっこいしょういち。」なあんて
掛け声かけながら使っている
人呼んで、三種の神器ならぬ、いや、誰も呼ばないんで、勝手に「三種の鉄器」と呼んでいる
「一生ものですね!」なんて言われても、使い倒せる腕力がいつまであるのやら?
 三種の鉄器 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

                 お弁当包み
                 弁当の準備はオーケー、そろそろ出勤だ
                 もうずいぶんと寒くなってきたので、手袋もわすれずに 
                 
 ふたを開ける愉しみ・・・お弁当 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

               耐油袋
               日も暮れかかる午後5時過ぎ、チャリを走らせ肉屋へ急ぐ
               お店のおばあちゃんが「ちょうど今、揚がるよぉ」
               揚げたてメンチカツの熱々袋をチャリ駕籠に入れ、とっとと急ぎ帰る



 メンチカツとヌーヴォー の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

いなばのタイカレー
朝から雨が降る振替休日の昼は、簡単手抜きエスニックランチ
品薄でなかなか手に入れ難い「いなばのタイカレー缶」
コッヘルをキャンドルホルダーに乗せて温めながら、一匙づつごはんにかけて
タイに行ったことはないけれど、う~~ん、エスニック!!                                                  
さてとドリンクは庭のローズマリーを折って入れ                  ローズマリーハイボール焼酎ハイボール

              本場タイで作られたという缶詰は「タイの香り」がする・・・おいしいカレーです
◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

味噌

子どもの頃(かなりな昔昔)、祖母のお使いで味噌を買いに行った
乾物屋には様々な味噌が桶に山型に盛られていた、ずいぶんたくさんあったように思う
どんな味噌を頼んだのかはもう覚えてはいないが、数種の味噌を経木に包んでもらった
当時、乾物屋では子どもの顔を見て、そこの家の味噌の好みがわかったのだろうか?
味噌の量り売り
いつの間にかパックや出汁入り味噌が主流な今どき、遠い昔の思い出


 おうちでおみそをつくりましょう~蔵出し味噌? の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

ブルーベリー
青紫に色づいてきたブルーべりー、ちまちまと収穫中

                  ブルーベリージャム
生で食べたりジャムにしたり
   めっきり夜目が利かなくったきょうこのごろ、(ずいぶん前から?)
      ブルーベリーに含まれるアントシアニンの効果に淡い期待
                         
                       

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

土用干し
             うめぼし
二月・三月花ざかり、うぐひす鳴いた春の日の たのしい時もゆめのうち。
五月・六月実がなれば、枝からふるひおとされて、きんじよの町へ持出され、何升何合はかり売。
もとよりすつぱいこのからだ、しほにつかつてからくなり、しそにそまつて赤くなり、
七月・八月あついころ、三日三ばんの土用ぼし、思へばつらいことばかり、それもよのため、人のため。
しわはよつてもわかい気で、小さい君らのなかま入、うんどう会にもついて行く。
ましていくさのその時は、なくてはならぬこのわたし。
                              (『尋常小学読本巻五』所収)

 三日三ばんの土用ぼし の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

酸辣湯麺
連日35度の猛暑、暑くて暑くてたまらないので
  本日の昼食は・・・酸辣湯麺
    爽やかな酸味と辛味とあと引く美味しさ
      大汗かきかき
    
 里帰り準備中 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

梅酢
重石を乗っけてから1週間、塩がすっかり溶けて梅酢でひたひたになった
蓋を開けると梅のフルーティな香りがあがってきた
 梅仕事その後 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2013/06/28(Fri)   梅仕事 : 食の記

梅仕事
梅雨真っ最中
八百屋の店先に完熟の梅が並んでいる
今年は梅干作ってみようかなあっと初めてのチャレンジ

 梅仕事 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

味噌作りキット
かねてから、お味噌を作ってみたいなあと思っていたが
タイミングよく「ひつじ丸さんのブログ」⇒「ひつじ丸な日々」
「小泉麹屋」さんが紹介されていたのでさっそく注文した
 おうちでおみそをつくりましょう! の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

ぬか床
幾く度もの挫折を繰り返してきた・・・
なのに、性懲りもなく、また始めました
 ぬか床はじめました! の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2013/05/21(Tue)   夏限定!! : 食の記

007_20130521104827.jpg
今日の昼ごはん
いまだ夏にはちょっと早かれど               002_20130521104825.jpg
季節先取り「夏限定」トマトとバジルで仕上げた塩らーめん
スクランブルエッグ&生トマト&カマンベールチーズに
植木鉢のバジルを採ってアクセントにしたら、おやまあ、ずいぶんとオサレになった
 夏限定!! の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(10) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

富士山グラス
富士山グラスで酎ハイ飲めば、小さな庭も富士見ガーデン?

通り沿いの家の垣根の中からいい匂いがしてくる
「あ、ここのお宅、週末は必ずお庭でバーベキューとかやってるよねえ」
住宅街のど真ん中、どんなもんなんでしょうか?っと
ひとごとだった

ところが、どういう風のふきまわしか?
近頃、ついに、「お庭でごはん」デビュー

 お庭でごはん の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

夏みかんの花
夏みかんの白い花
甘酸っぱいような香りが微かに漂う

庭の隅っこのなりっぱなしの夏みかんの実
 庭の夏みかん の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記

          ストウブの鍋

ストウブ社の鋳物ホウロウ鍋が届いた
ピコココットラウンド22cm 4.1kg 鋳鉄 取っ手ニッケル
色は悩んで決めた
マジョリカシリーズのバジルグリーン


 ストウブの鍋 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(2) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2013/03/04(Mon)   ご飯を炊く : 食の記

織部釜

「この度は土楽の織部釜をお求めいただきまして
  ありがとうございます。土楽の商品は用途に応じ
   ろくろ成形により一つ一つを手作りで製造しております。」

包みを解くと白い封筒に挨拶状が入っていた


 ご飯を炊く の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
2012/11/08(Thu)   弁当女子? : 食の記

弁当グッズ


絶好のタイミングだ、今だ、今、言っちゃおう!


      (蚊の鳴くような声で・・・)
                 (蚊の鳴いたのはいまだ、聞いたことはないけどね)


「あのぉ~、給食、やめてもいいでしょうか?」                


  
給食食べるも仕事のうち という立場もあったので
気兼ねして
なかなか、言い出せずに今日まできてしまったが

ついに言った。


上司「そうですか、構いませんが、」


ということで


来週から「お昼の弁当持参」となった



近年やっと、弁当作り生活も終わり
正直なところ、やれやれと思っていたのに


自ら
「弁当作り宣言」


「人の」ではなく

「自分の」

あはは、自分のために作る弁当
続くかいな?


そこでゆるゆるな取り決めを心に誓った(自分に都合いいように)

1.見せる弁当は作らない・・・いや、作れない
       
   
2.残りもの中心路線
  

3.作れない日は無理しないでコンビニで調達する


 
曲げわっぱの弁当箱に
箸箱に
小風呂敷に
お椀までも
楽○でポチッとしてしまったので


ここはひとつ、
宝の持ち腐れにならぬよう
せいぜい
続くように

おばさんの意地の見せどころ
なんとか、がんばろう


昨今は「弁当男子」なるものが流行っているようで
いうなれば

わたくし「弁当女子」!

えっ? ちょっとちがう?

「弁当おばさん」?



◇ コメントを書く/見る(6) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : 食の記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。