上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
てづくり : heavenly blue雑記帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◇ カテゴリ : スポンサー広告
2014/02/25(Tue)   春仕込み : てづくり

味噌作り
路肩の雪もやっと溶け、少しづつ春の扉が開いていく
寒仕込み~冬の澄みきった空気や雑菌の少ない冷たい水で仕込んだ味噌や醤油・酒はおいしいとされている
うろうろしていたら、立春、雨水も過ぎてしまい、味噌は春の仕込みとなってしまいました
 春仕込み の続きを読む

スポンサーサイト
◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : てづくり

ほうれん草
あたたかい春のひかりを受けて
ほうれん草の種が芽を出し始めた

窓辺のプランターはベビーリーフたちのゆりかごみたいだ


 窓辺のほうれん草 の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : てづくり

芳香剤
保冷剤がたくさん溜まったので
捨ててしまおうかと思ったら
「芳香剤」として使えるみたいだよと
教えてもらったので、調べて作ってみた

保冷剤の中のジェルを出して
ハーブエッセンス(今回はラベンダー、レモン系)を入れ
ぐるぐるかき混ぜる・・・かき混ぜるだけならお任せだい!

水性カラーペンの先をジェルの上に
トントンと落として、混ぜ混ぜ
色を付けてみたら
ブルーは爽やか系
ピンクはファンシー系
オレンジはマーマレード系な感じに仕上がる

空き瓶に入れ
レースの端切れを被せ
そこいらにあった髪止めゴムで留めて
おしゃれをした
あら、カラフルでかわいいと評判


消臭効果はないので、芳香剤として
玄関や下駄箱、トイレにおいて楽しめる


と、勢いに乗り
庭を見れば、ドクダミがわさわさ
(ドクダミわさわさとは、いかに、手入れがなされていないかズボラの証明



ドクダミローション
仕方なく、草取りと称して、ドクダミを採集
ああ、やっぱ、これ、匂いが・・・ね
と、鍋に入れ、煮出す
濾して、グリセリンを入れる
ビンに移す

効能としては、あせもなどに良いらしい
匂いはほとんどなく
さっぱりな感じで夏向き
お風呂上りに、パタパタ使用中


ドクダミの花
名前からして「ドクダミ」と
いささか嫌われものな「ドクダミ」さん
うちの庭に咲くのは八重のドクダミ
西洋の貴婦人のように白いドレスを
纏って踊っているかのよう


手前の葉っぱ形の石けん
粒粒ができて、へへへ、と、ごまかそうと
抹茶を入れてみた
あら、「斑入り」の葉っぱになった


てづくりに「失敗はつきもの」
「さあて、学習するといいよねえ」
そんな声が聞こえてきそう
 貴婦人のローション の続きを読む

◇ コメントを書く/見る(4) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : てづくり

てづくり
ローズマリーローションと手作り風なせっけん


先週の木曽遊山の
隠れキーワードは「てづくり」
蕎麦、朴葉寿司、などなどに
感動?しっぱなしの「かおさん」にちなんで
今回はきぬのてづくり編



以前、長野のkumiちゃんからいただいて
作るようになった「ローズマリーローション」


ローズマリー
庭から取ってきたローズマリーをざっと洗って
鍋に入れ、ひたひたの水を入れて10分ほど煮る。
そのまま冷まして、濾して
グリセリンを5~10%ほど入れて混ぜる。
消毒したビンなどに移す。
保管は冷蔵庫が望ましいね。

リンス用には「クエン酸」を入れる。

最近はこのローションとリンスがお気に入り。
お風呂上りに冷たいローションは
すっきり、クールで気持ちいい。
(成分上、アレルギーなども起こることもあるので
ご注意を)



石けん
で、なんちゃって手つくり石けんも作ってみた
不毛な作業と笑われながらも
ローズマリーローションを練り込み
捏ねて丸めた
白いおはぎのような石けん

割りばしの上に乗っけて
風通し良くして1週間ほど乾燥させる
洗顔にも使える柔らかく細かい泡立ちで
なかなかいいかも。

ローズマリーrosmarinusは
「海のしずく」「海の露」の意味
そういえば、花の色が海の青だったね

洗面所にも海の香りが
ほんの少し漂ったような

この記事、海の日にアップすれば
タイムリーだったのにね
すでに海の日も5日も過ぎちゃった







◇ コメントを書く/見る(8) 
◇ トラックバックする
◇ カテゴリ : てづくり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。